« 生まれてきたことを | トップページ | 「風のガーデン」 をまだ見終えてない理由 »

2008年12月28日 (日)

流星群

今夜 流星群が しし座を通過するらしい
ひとびとは流れ星を見上げ 弔いの祈りをささげるらしい
誰かが死んだらしいのだ
季節はこごえる大気をしたがえて 明け方近くに旅立つという

死んだのは おれのなつかしい昔らしいのだ
それならば
弔ってやらねばならぬ
ゆくべき場所にたどり着くことなく燃えつきた流星に
祈りをささげてやらなければならぬ

おれとおまえが共に生きたある一瞬のために祈ろう
おまえと出会うことのできたほんの一瞬のために祈ろう
おまえはいま この地球にはない元素を身にまとい
おれたちに別れを告げるため
地上に光を降りそそぎながら
天空にかえってゆくのだ

歓声のなか流星が消えてから
おれたちは すべてのものが記憶の奥底に閉じてゆくのを見るだろう
だが
あれは けっしてまぼろしではなかったのだ

|

« 生まれてきたことを | トップページ | 「風のガーデン」 をまだ見終えてない理由 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/43559335

この記事へのトラックバック一覧です: 流星群:

« 生まれてきたことを | トップページ | 「風のガーデン」 をまだ見終えてない理由 »