« 「風のガーデン」 をまだ見終えてない理由 | トップページ | 去年 (2008年) の紅白歌合戦、見ました? »

2008年12月31日 (水)

小田和正 「クリスマスの約束」 の違和感

 毎年クリスマスの時期になるとTBSテレビでやっている小田和正の音楽特番。 今年(2008年)も見た。

 私はオフコース時代の初期から小田サンの歌が比較的好きだった。
 「さよなら」 で人気が出て以降は、オフコースなどというのは女性専用車両、みたいな感じで、確か柴門ふみのマンガ 「同級生」 だったか、主人公の男(鴨居クン)が 「オフコースを聴いて泣いてしまった」 とか打ち明ける場面があったと思うが、男がオフコースを聴いていると告白するのは、結構気恥ずかしい雰囲気の時代があったことは事実だ。
 私もオフコースが好きだと誰かに話すことはなかったが、ひとりでよく弾き語りはしたものだ。

 ただし小田サンの声域は、フツーの男が歌おうとすると少々きついものがある。
 どうやったらあんな澄んだ高い声が出るのだろう。
 毎日練習すると音域だけは届くようにはなるが、どーしてもトリが首を絞められたような声になってしまい(笑)、とてもじゃないがキレイ、とは言い難い。
 練習しなけりゃまた元通りだし。 クリスタルキングの田中サンがいい例だ。 歌わなきゃ、どんどん低くなるのだ、声とゆーものは。

 だが、小田サンは事も無げに高い声が出せる。
 これはもう、もって生まれたものとしか言いようがないだろう。
 私などはうらやましくて仕方ない。
 いや、男はみんな、高い声が出るということに、一種の憧れをもっているのかもしれない、そう私は思う。
 ポール・マッカートニーだって、マイケル・ジャクソンと共演した時に、やたら張り合って高い声を出そうとしていたし。 ポールはビートルズのなかでは一番高い声が出せる人だったが、それでもマイケルには嫉妬してしまうようである。 私はその心情が、とてもよく理解できる。

 しかも、小田サンの澄んでいるのは、声だけではない。 歌詞もメロディも、みんな透明感にあふれているというのが凄い。

 それにしても、あんなに透明感のある歌を歌っておきながら、小田サンがこの番組で全国を旅しているところを見ると、結構辛辣な物言いをする人なんだなあ、というのがよく分かる。 「ババア元気」(笑)とか。 自分とそうトシが変わらないだろ、って感じだけど(笑)。 面と向かっては言わないが、言葉だけ聞いているとまるで毒蝮三太夫状態である(笑)。
 でも、それがイヤミに聞こえないというのが、小田サンの人格のなせる技なのだろう。

 私は 「同級生」 の鴨居クンのように、小田サンの音楽を聴くとウルウルしてしまうところがある。 それはやはり、小田サンのその人格を貫いている透明感が、そうさせるのであろう。 この番組を見ていても、結構ウルウルきてしまった。

 だが。

 このTBSの特番は、毎度々々見ていて、なんだか違和感が残る。
 それは、客席の映し方に最大の問題があるように思う。
 きれいなネーチャンばかり映していることだ(笑)。

 そのきれいなネーチャン達が、小田サンの歌を聴いてみんな泣いている。
 まるで、キレイでなければ小田サンの音楽を聴く資格がない、と言わんばかりに。
 ブス(失礼)が小田サンの音楽を聴いたっていいではないか(笑)。
 私みたいなムサいオッサンが小田サンの音楽を聴いてもいいではないか。 オッサンは映ってたみたいだけど。
 どうしてこう、セレブのパーティみたいな見せ方をしようとするのかなー。
 そりゃ、ブス(たびたび失礼)が泣いているところを見たって、絵的に面白くもおかしくもないが(さらに失礼)、美人ばかりを優遇し過ぎのような気がするのだ。

 客席の映しかた、という点に限って、この番組は、小田サンの音楽を、まるで勝ち組の独占物に矮小化しようとしているように、私には見えてならないのだ。 まあ、ムサいオッサンのひがみでしょうが(笑)。

|

« 「風のガーデン」 をまだ見終えてない理由 | トップページ | 去年 (2008年) の紅白歌合戦、見ました? »

テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

突然 お邪魔致します。胡桃の部屋を検索中に貴殿のブログに出会いました。面白く読ませて頂き、別記事も拝見 ふと目に止まった今回の記事。よくぞ 言ってくださいました!私もオフコース世代ですが、当時の小○さんより熟年なってからの彼はいいなぁと思っていました。さりとて特にファンと言う訳ではありませんでしたが、クリスマスの贈り物は楽しみの一つでした。が、あの回のババァ発言にげんなり。たしかに、生活に疲れはじめたおばちゃんがコンサートで涙しても、美しい絵柄にはなりまへんわなぁ キャーキャー騒ぐのもおばちゃんとなるとうざいですわなぁ・・・それでも おばちゃんだって おじいちゃんだって 美しいメロディにはらり涙する事あるわけで・・・あれ以来 商業主義を巧みに利用する賢い音楽家という印象がはなれません。なのに それでも生きていく の中で上手いタイミングで挿入されるあの歌にやられてしまうのは確かですね。全く 天才?まぁ お若い 綺麗な方の涙でご自分のステージの演出する小賢しさ、それも男の可愛さと思えればよろしいのかしらん?

投稿: まる | 2011年8月14日 (日) 12時49分

まる様
はじめまして。 コメント下さり、ありがとうございます。

結構昔の記事までチェックしてくださり、恐れ入ります。

まあ冗談交じりの記事ですので、さらりと読み流していただければよかったのですが、小田サンの 「ババア元気」 発言は、「しょーがねーよなー」 という親しみのこもった発言だと思うんですよ。 単なる軽口の部類かな。 んー、最近じゃ軽口も叩けない風潮で、軽口が好きな私なんかはちょっと息が詰まりますネ、ネットで発言していてもcoldsweats01

人って自分じゃ気付かないけど、同い年の人を見たりしてあらためて、自分がジジババになってきたんだなあと実感します。 小田サンだってそのことに気付く瞬間はあるはず。

私がちょっとヤだな、と思ったのは、テレビ局(TpigS)が客席の美人ばっかり映していた部分でして(笑)。 でもここ2年ばかりは、そんな偏った映しかたがなくなっている気もします。

「クリスマスの約束」 についての記事は、ブログ開始以来毎年書いております。 シーズンになったらまた書きますので、もし覚えておいででしたら、またご訪問くださいませ。

投稿: リウ | 2011年8月14日 (日) 14時02分

「非公開コメント」となっておりましたので、非公開とさせていただきました。 と言って、返信しないわけにも参りませんので、この場を借りて返信いたしたいと存じます。

それはとんだ目にお遭いしましたね。 心よりご同情申し上げます。 ほんの心ない軽口が、人の心を切り刻むことだってあることは、重々承知いたしました。 本当に、その人がどういう事情でその場にいるかなんて、分からないものですからね。

ただ私は思うのですが、あなた様がそこまで言われたのは、もはや軽口の部類ではなく、相手の完全な悪意だと感じます。 ひどいもんですよね。 なにもあなたの事情も知らないで。 それは怒っていい話ですよ、絶対。

世の中ってホント、自分がいちばん偉いのか?みたいな口のきき方する人って、多いですよね。 本当に、やさしい人たちばかりだったらいいんですけど。

投稿: リウ | 2011年8月14日 (日) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/43587043

この記事へのトラックバック一覧です: 小田和正 「クリスマスの約束」 の違和感:

« 「風のガーデン」 をまだ見終えてない理由 | トップページ | 去年 (2008年) の紅白歌合戦、見ました? »