« ジョージの遺作 「ブレインウォッシュド」その1 | トップページ | NHK大河ドラマ 「篤姫」 役者の成長 »

2008年12月13日 (土)

「シックス・センス」 の恥ずかしい思い出

 ずいぶん前の話になりますが。

 映画 「シックス・センス」 の結末が分からなくて恥をかいたことがありました。 というか、分かったつもりでツマンネエ映画だったと妹と話していたら、「そうじゃないよこうだよ」 って、ぜんぜん違ってた。 がーんそうだったのか、って感じ(笑)。

 今思い出しても恥ずかしい。
 映画のオチが分からないなんて人生始まって以来。
 単なるオバケものと思って見くびって見ていたのがまずかった。 ユーレイ話にはよくあるエピソードの連続で、「何を今さら…」 と思いながら見ていたのがまずかった。 何かもっと騒々しいクライマックスがあるのを期待しながら見ていたのがまずかった。

 だが、結末がああだったと分かっても、なんだか納得がいかないんですよ。
(ここからは映画を見た人だけがお読みください)
 ブルース・ウィリスがそのことに気づかないってのが、まず最大の不自然なんですよ。
 フツー気づくでしょう。
 気づかないからこの世に残ってんじゃなくて、未練があるから残ってんでしょう。
 1年以上も気づかないほうがおかしい。
 モノにさわれなくなった時点で気づくんじゃないですか? それを何ですか。 わざわざ椅子をあらかじめひいておいたとかいう演出は。
 そーだそーだ。 オレは悪くないぞー(笑)。

 「ゴースト~ニューヨークの幻」 のユーレイの説明の仕方はすごく納得できたけど、その価値観で 「シックス・センス」 を見ちゃいかん、ということですかね。
 だいたい、結末がああだったとわかっても、大して面白くない、と個人的には思います。 逆に言うと、結末だけが命の映画という気がします。 思いっきり負け惜しみですけどね(笑)。

追記 アールグレイ様
コメントありがとうございます。
返信したいのですが私初心者なもので方法が分かりません。
ここでお礼をさせていただきます。

|

« ジョージの遺作 「ブレインウォッシュド」その1 | トップページ | NHK大河ドラマ 「篤姫」 役者の成長 »

映画」カテゴリの記事

コメント

「シックスセンス」の監督ナイト・シャマランが、ヒットする映画のコツが解ったと言いながら、その後ずっとコケ続けているのは、あなたと同じ理由かもしれませんね〜(笑) ボクがこの映画の一番好きな所はもっと違う所にあります。ぜひもう一度観てみて下さいね。

アールグレイ様…
コメントありがとうございます。 シャマラン監督の作品は「シックス・センス」で懲りて、それ以降見ていないのですが、そうかあ~、別の視点での楽しみ方もあるんですね。 参考になります。 どーもです。

投稿: アールグレイ | 2008年12月13日 (土) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/43405514

この記事へのトラックバック一覧です: 「シックス・センス」 の恥ずかしい思い出:

« ジョージの遺作 「ブレインウォッシュド」その1 | トップページ | NHK大河ドラマ 「篤姫」 役者の成長 »