« ジョン・レノンのマイナーキイの曲は誰の影響か | トップページ | ジョンの命日にポールの話 »

2008年12月 7日 (日)

ポールの 「イエスタデイ」 に関する恨みごと

 コアなビートルズファンになるほど人気のない、ポールの作った 「イエスタデイ」。

 この曲が嫌いな人たちは、あまりに有名すぎて聴き飽きた、という理由のほかに、バンド演奏じゃないのに、ビートルズをあまり知らない人たちが安易にこの曲をビートルズの代表曲としてしまうことに、抵抗があるようだ。
 確かに、ビートルズは、それまでの世の中の権威に対抗する象徴のように登場したもんだから、それが権威の側からほめられるような曲を作った、ということに、コアなファンは嫌悪感をもよおすのだろう。

 しかし、私はこの曲が嫌いではない。
 実のところ、私がビートルズに興味を持ったのは、この曲がきっかけだった。
 私が小学6年だった1976年当時、「イエスタデイ」 はすでに音楽の教科書か副読本だったかに(メロディラインの楽譜だけだったが)載っていた。 発表から10年程度で載っていたのだから、今から考えると驚くべき早さだ。 そのころにはもう、何百ものカヴァー曲が存在していたひとつのスタンダードだったのだ。 学校の給食時にかかる校内放送でも、なんだかグレゴリオ聖歌みたいな男声コーラスの 「イエスタデイ」 が流れていたのを記憶している。
 そんなこんなで、当時同居していた叔父の持っていたレコードのなかに、確か 「イエスタデイ」 って入ってたよなあ、とごそごそ赤盤を探し当てて聞き出したのが、私のビートルズ遍歴の始まりだった。

 そのため未だに思い入れのある曲なのだが、どうもこの曲に対するファンや評論家の評価が低くて、なんだかもどかしくなることが時々ある。
 その人たちの言い分は確かに当たっている。 ポール個人の曲だとか。
 私個人の見解を述べれば、この曲はやはり、世紀の傑作だ。

 この曲には、繰り返しの部分がほとんどない。 リフの部分に一か所あるくらいか。 そんな構成の曲はほかにもあるが、それに加えて、一貫してすべてが印象的かつ美しいメロディで、無理をしてくっつけたというぎこちなさがまるでない。 始めから終りまで、というのは、それだけで驚異的なんじゃないだろうか。

 また、ジョンが関与していないといわれる歌詞だが、ポールはすでに、ビートルズ中期の時点で、ジョンも及びのつかない作詞の才能を見せつけた。 あの曲の発表時点で 「イエスタデイ」 の歌詞に匹敵することのできるジョンの作品は、「ゼアス・ア・プレイス」「ヘルプ!」「悲しみはぶっとばせ」 くらいしかない。 と個人的には考えている。

 それにしても思うのは、「イエスタデイ」 とジョンの 「ヘルプ!」 は歌詞がよく似ている、ということだ。
 この2曲とも、対象こそ違うとはいえ、ともに昔を懐かしむ曲である。 ポールは優しかった恋人(歌詞の意味上ではそうだが、じっさいにポールは、亡くなった母親のことを想定しながらこの歌詞を書いている)に、ジョンはなにも気兼ねのなかった若いころに、苦い思いをいたしている。
 出だしの部分から、「若かったころは誰かの助けなんかちっともいらなかった」(「ヘルプ!」)「昨日まで僕の悩みなんかずっと遠くにあると思っていた」(「イエスタデイ」)、となんだか張り合っているようにさえ見える感じだが、象徴的なのは、その昔が 「バニッシュ・イン・ザ・ヘイズ」 (「ヘルプ!」)「ゼアズ・ア・シャドウ・ハンギン・オーヴァ・ミー」(「イエスタデイ」)、という具合に、霧のなかに隠れてしまっているように、ふたりには見えている点だ。
 この2つの名曲はおそらくほぼ同時期に作られたはずだから、何らかの影響をどちらかが与えている可能性がある、と私には思える。

 そして、この 「イエスタデイ」 を名曲たらしめているもうひとつの理由は、ジョージ・マーティンのストリングスアレンジだ。

 アレンジャーの手腕というだけで、それはビートルズの功績ではない、とする意見もあるだろう。 しかし、この人がいなければ、ビートルズはデビューすることさえままならなかったかもしれないのだ。 「プリーズ・プリーズ・ミー」 もスローナンバーのままヒットせず、スーパースターになるきっかけを失ったかもしれないのだ。 この人の働きをビートルズのカテゴリーに入れないことは正しくない。
 私はこの人の仕事を長年見てきたが、この人のストリングスアレンジの最高峰はこの 「イエスタデイ」 だと断言する。
 四つの弦楽器のひとつひとつを注意しながらこの曲を聴いてみよう。 その絶妙な絡み合いに舌を巻くはずだ。

 と、ここまで 「イエスタデイ」 を絶賛した私だが、ちょっとここからは苦言を呈したい。 誰にって、ポールにである。
 この曲、ギターで弾き語りをしようとすると、少々面倒なのである。
 この曲のギターのチューニングが、6弦すべて2フレット、つまり1音下がっているのだ。
 つまりこの曲をオリジナルで演奏しようとすると、糸巻きをキリキリやって2フレット下げなければならない、という面倒な作業を強いられる。
 ギターをもう一本、そのチューニングで揃えればいいのかもしれないが、それも面倒な話だし。
 仕方がないから、この曲を弾く時はいつもF基調のバージョンで演奏している。 ほんとは2フレット下げGコードのオリジナルで弾いたほうが雰囲気が出るのだが。
 実はポールにはこの手の 「反則技」 でちゃんと弾けないもどかしい曲がまだある。
 「カリコ・スカイズ」「ジェニー・レン」 だ。 このふたつともアコギの名曲なので、是非ともちゃんと弾きたいのに。

 こういうのは今後やめてくれませんかね、ポール(笑)。

|

« ジョン・レノンのマイナーキイの曲は誰の影響か | トップページ | ジョンの命日にポールの話 »

ビートルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/43349135

この記事へのトラックバック一覧です: ポールの 「イエスタデイ」 に関する恨みごと:

« ジョン・レノンのマイナーキイの曲は誰の影響か | トップページ | ジョンの命日にポールの話 »