« 「巨人の星」 の現代的意義 | トップページ | 意外とゴージャス好きなジョン・レノン »

2009年2月 1日 (日)

「タモリ倶楽部」 スペシャルに見る、牙を抜かれたテレビ

 テレ朝50時間テレビ 「今夜だけ!タモリ倶楽部スペシャル」 を見ました。

 進行役はテレ朝アナウンサーの勝田サンと下平サン。 下平さやかアナは、私ずいぶん久しぶりに見ましたが、オバサンになりましたですね。 それはさておき肝心のタモリサンが出てこない。 まあ、内容が大昔のものですから。 自分の大昔の映像を見てコメントする気がないんでしょう。 かえってタモサンらしいです。

 けれども、大昔のVTRを見て、タモリサンが出演をためらうのも分かる気がしました。
 結構わざとらしいんですよ。
 言い方を変えると、作ろうとしているところが見える、というか。

 これは、現在の 「タモリ倶楽部」 から見ると、相当スタンスが違います。
 以前にも書いたんですが、現在の 「タモリ倶楽部」 というのは、あくまでニュートラル感覚の番組だと思うんです。
 いい加減なプロットがまず前提にあって、そこから何か面白いことが見つかればいーや、というのが、現在のこの番組が持つ大筋の性格ですよね。
 ところが、大昔のVTRを見ているうち、なんだか 「タモリ倶楽部」 って、同時期にタモリ氏が日テレでやっていたミュージックエンターテイメント的番組、 「今夜は最高!」 の派生的な番組だったんだなあ、という気がしてきて。
 作り込もうという意欲に満ちているんですよ。
 それが、今こうして見てみると、結構ウザい(笑)。
 番組開始当初から見ていたはずなのに、結構忘れているもんですね。

 逆に言えば、「毎度おなじみ流浪の番組」 というコンセプトが長年かかってたどり着いた落とし所が、現在の 「タモリ倶楽部」 なんだと思います。

 それにしても、山田五郎氏とやっていたお尻のコーナーも、今回のスペシャルでやっていましたが、それ以外にも、昔はずいぶんきわどいことをやっていた気がします。 いや、気がするどころか、実際相当きわどかったですね。 「空耳アワー」 でも、昔はきわどい内容のVTRが平気で流れていました。
 いやいや、「タモリ倶楽部」 だけじゃないですよね。 昔の深夜番組は、全体的に相当きわどかった。 何がきわどいって、エッチ度が(笑)。

 今 「タモリ倶楽部」 でその過激さが残っているのは、オープニングだけですね。
 このお尻のオーディションなんかも、昔はしばしば番組内でやっていた気がしますが、今はさっぱりやりません。
 これは 「タモリ倶楽部」 に限ったことでなく、テレビというメディアが、過激さを自重することで、去勢され、その牙を抜かれていった過程のようにも、私には思えます。

 私は、テレビというのは、そんなにごたいそうに上品ぶる必要のないメディアだと思っています。 特に深夜番組。 昔はオッパイなんか平気で出していました。 それがいいことか悪いことかの論議は譲るとして、過激なことが自粛されるという昨今の放送の在り方については、疑問を呈さざるを得ません。 すべてが予定調和で進行していくから、テレビ自体がつまらなくなったなどという批判が、後を絶たないのではないでしょうか。

 今回このスペシャルでも流れていましたが、酒飲みの企画が最近ないのも、自重の流れのひとつなのではないかと思ったりしました(追記 その後また増えてきたような気がします)。
 酒飲みの企画は、もっとやってもらいたい。
 あれは、面白いっス。
 なのに、この間やった、全国ホルモン食べ比べの会でも、途中までビールのひとつも出てこなかったし、何をひよっているのか、と声を大にして私は言いたい(追記 しつこいようですが、その後酒飲み企画、増えました…笑)。
 原田芳雄サンが真っ赤になって判断力失ったり、井筒監督の目がすわってきたり、言うことがだんだん過激になってくる、それが面白いんでしょ。 玉袋サンが酔っぱらってるのはつまらんですけど。

 ともかく、このスペシャルで大昔のVTRを見て、このところ別に要望もなかった 「タモリ倶楽部」 に、私はあらためて言いたくなってきました。
 もっと過激に!!
 …と。

|

« 「巨人の星」 の現代的意義 | トップページ | 意外とゴージャス好きなジョン・レノン »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/43925781

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ倶楽部」 スペシャルに見る、牙を抜かれたテレビ:

« 「巨人の星」 の現代的意義 | トップページ | 意外とゴージャス好きなジョン・レノン »