« 地デジの問題点イロイロ | トップページ | TBS総力報道THE NEWS 小林麻耶のニュース読みは »

2009年3月30日 (月)

NHK連続テレビ小説 「つばさ」 どうでしょう

 NHK朝の連続テレビ小説の新番組、「つばさ」。
 初回を見ただけでは何とも言えないが、面白くなりそうな予感はある。

 第1回目では仕方のないことかもしれないが、説明ゼリフのオンパレードで。 とっても不自然でした。 仕方ないですが。 でも、私があまりこのシリーズを見ないのは、朝の忙しい時間に時計代わりに見るドラマ、みたいなスタンスで製作されているようなところが、いやだからなのだ。 アラの多いストーリーが、結構見受けられる。 だからちょっとやそっとじゃ、見ようって気にはならないのである。

 そんな私が朝の連ドラで最高傑作だと思っている 「ちりとてちん」 の出だしは、ハテどうだったかと思い返してみると、1週目だけ子役の子が出てきて、ほぼすべての状況説明を、ごく自然に行なってしまっていた。
 あれは、よくできた脚本だったなー。

 「つばさ」 の第1回目では、主演の多部未華子チャンの母親役で現在失踪中の高畑淳子サンが戻ってくる、というところまでだったが、高畑サンのインパクトが凄かった。 ちっとも出てこないというのに。
 まず、街のそこかしこに貼ってあるホーローでできた殺虫剤の看板広告に、「シュッ!役(註:主役)は私」 という寒いコピーで派手にニコッと笑っている。 それで高畑サンは町の連中から 「シュッ!」 なんてあだ名をつけられているくらいで、これが笑える。 そのホーローの看板を、多部チャンの父親役である中村梅雀サンが寝床で抱きしめて、逃げた女房に未練タラタラなのも、そこはかとなくおかしい。
 高畑サンを 「シュッ!」 呼ばわりしているのが、鳶の棟梁役の金田明夫サンで、多部チャンの祖母役が、吉行和子サン。 あれ? 3人とも金八ファミリーじゃないですか。

 多部未華子チャンという女優は、今までに見たことのない顔の作りの女の子だ。 こういう種類のカワイイっていうカテゴリーもあるんだな、という気はする。
 まあ、彼女の演技とか、多部チャンの弟役の男の子の声が高すぎとか、気になる点はあるこたあるが、まだ始まったばかり。 ふつうは見ない朝の連ドラだが、ちょっと付き合ってみようかなという気には、なっている。

 そういや、ナレーションをやっているイッセー尾形サン、この前倒れたとか聞きましたけど、大丈夫なんですか? ご近所で、よくお見かけいたしますが。

|

« 地デジの問題点イロイロ | トップページ | TBS総力報道THE NEWS 小林麻耶のニュース読みは »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44513044

この記事へのトラックバック一覧です: NHK連続テレビ小説 「つばさ」 どうでしょう:

« 地デジの問題点イロイロ | トップページ | TBS総力報道THE NEWS 小林麻耶のニュース読みは »