« ファレノプシス ( 落下 ) | トップページ | 中島みゆき 「世情」 と金八先生 »

2009年3月10日 (火)

東京郊外

ぱらぱらとあしもとにこぼれおちる
ふたりが暗闇で吐き出した 白い息のかけら
しずかにきらきらと ひかるもの

それはいまこの時にしか
つかまえることのできない
綿毛のような
粉雪のような
その手につかめばなくしてしまうような

ふたりの今日のくちづけを
あのつめたい星たちは見ていたはずだ
証人になってもらうよ
はかなくもえて
ぼくらふたりがこの先どうなろうとも
その記憶だけは
かなしく生きのびていくことだろう

|

« ファレノプシス ( 落下 ) | トップページ | 中島みゆき 「世情」 と金八先生 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44305470

この記事へのトラックバック一覧です: 東京郊外:

« ファレノプシス ( 落下 ) | トップページ | 中島みゆき 「世情」 と金八先生 »