« 「ゴーストフレンズ」 第2回 取り憑くのが面白い? | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 ふくスま弁だぁ~ »

2009年4月11日 (土)

「タモリ倶楽部」 空耳アワード2009、Perfumeもいっしょだョ

 なんか放送月が毎年ごとにだんだん遅くなっていく気がする 「タモリ倶楽部」 空耳アワード。

 今回もクリス・ペプラーサン進行役、マーティとか近田サンとかいつものメンバーに加えて、いわゆるキレイどころに松たか子サン、Perfumeがゲストで。 松たか子サン、前から結構オープンなキャラクターだったと思うんですが、それに磨きがかかり始めている気がしました。 オバサン化が進んだ、っていうと言い過ぎですが。 でもこういうフランクさは、なんか好きだなあ~(笑)。
 空耳ビデオに特別出演したのが、最近再結成されたユニコーン。 バンドのメンバーで自分だけサインを断られ、「腐ってね? あ、EBI腐ってね?」 って。 笑いました。
 個人的には、前編では 「ハ、ハ、ハ、あっちは船橋であっちは浦賀さ」「王、ズボーン、下ーろす!」「農民の~、農民の~遺影~!」「タラララララ、ふんどしプレイ」「違う違う違う、こう!」。 後編では 「らっきょから積み込もう」 ってところかなぁ、笑ったの。 前編のほうが傑作が多かった気がします。 私的には、「船橋」 がベストです。

 でもグランプリは、後編の 「イヤイヤイヤ、違う違う、分けれ分けれ、麺分けれ」。 ヒップポップ系だった。
 たぶんセンテンスが長いのと、Perfumeが 「広島弁でもこう言います」 っていうのが効いたのでは。
 でも、ラップってのは、正直反則のような気もしますが。
 面白けりゃなんでもいいんですが(笑)。
 まあ、音楽とは土俵が違う気がするだけなんですけど。

 それにしても、Perfumeって不思議なユニットですよね。 なんなんだろう。
 特に美人というわけでもなし(失礼…ただ、3人組ってこともあるんですが、私の世代としては、キャンディーズを思い起こさせるような、昔のアイドル顔、という感じなんですよ)、コメントはタリラリラーン(笑)、って感じだし。
 この女の子たちを初めて見たのも 「タモリ倶楽部」 でした。 確か、お坊さんの出てきた回だったと思います。 それからNHKのゴミ捨てだかのCMに出てきて。 なんか、どういう売り方をしようとしてるのか、外野にはちっとも分からない気がしたものです。
 実際に曲を聴いてみると、ネオテクノポップ、という感じで、声がデジタル処理されている感じ。 アルバムを全曲聴いてみたいとまではいきませんが、シングル曲は、個人的には好みですね。

 すっかりPerfumeの話になってしまいましたが(笑)、空耳は以前、お休みしていた時期がありました(ずいぶん昔の話なんですが)。 そのためか個人的には、ネタが尽きてしまうことが一種の恐怖になっているところがある。 末永く存続していただきたいコーナーだ、と思うのです。

|

« 「ゴーストフレンズ」 第2回 取り憑くのが面白い? | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 ふくスま弁だぁ~ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44640220

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ倶楽部」 空耳アワード2009、Perfumeもいっしょだョ:

« 「ゴーストフレンズ」 第2回 取り憑くのが面白い? | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 ふくスま弁だぁ~ »