« 「鉄腕バーディDECODE:02」 作画崩壊に対する拒否反応 | トップページ | 「世界ふしぎ発見!」 ヴィトンの話から… »

2009年4月22日 (水)

「白い春」 第2回 やっぱり笑えるぞ

 フジテレビ火曜10時ドラマ 「白い春」 は、純然たるコメディではないが、やはり結構、笑えるドラマのようである。

 しかし、私の記憶が確かならば、この笑いの構造は、あまり見たことがない。

 つまり、阿部寛サン演じる元ヤクザの男が、笑いとは最も遠い所にいるタイプの人間だからだ。
 同じ主演同じ脚本だった、「結婚できない男」 のカタブツ主人公をさらにパワーアップして、頑なに、意固地にしたような、阿部サンが演じる人物は、そんな男なのだ。 しかもえらいコワい。

 そんな男が、自分の恋人だった女の治療費を、遠藤憲一サン演じるパン屋の主人がネコババしたと思い込んで、パン屋の店先にバス停だの、お地蔵さんだのを夜な夜なヒーコラ言いながら持ってきて嫌がらせをするのは、結構笑えるのである。

 その嫌がらせを受けて立つパン屋の対応も笑わせる。
 バス停を元の所に戻すのに、途中まで遠藤サンもやはりヒーコラ言いながら引きずっているのだが、土台が丸いことに気付き、斜めにしてゴロゴロ転がしゃいいんだ、と気づくところとか、お地蔵さんを夫婦そろって拝むところとか、それをまた元に戻すのに、バス停を転がしたのと同じ要領で、お地蔵さんに謝りながらゴロゴロ回して運んでいくところとか。

 それにしても、かくもコワモテのとっつきにくい阿部サンに対して、ポニョの大橋のぞみチャンだとか、危うさ全開のフリーター吉高由里子チャンが、なぜ惹かれるのかという理由が、いまいち弱い気はする。 吉高由里子チャンのほうは、「どうして気になるのかな」 とかドラマの中でしゃべらせてはいるのだが。

 でもまあ、面白いからいいか。

 2回目のラストは、大橋のぞみチャンが持ってきたアンパンをかじりながら泣く阿部サンだったが、このドラマ、笑って泣かそうとしているな、というのがちょっと透けて見えたかな、という感じ。 阿部版 「男はつらいよ」 といったところか。 でも寅さんとは、全然違いますけどね。

当ブログ 「白い春」 に関するほかの記事
第1回 なんだ、コメディじゃないのか?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/post-f49f.html
第2回 やっぱり笑えるぞhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/post-148c.html
第3回 シリアスの中に含まれる喜劇性http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/post-5f88.html
第4回 なかなか真実にたどり着けない阿部寛サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/post-fd3d.html
第5回 予告編にだまされたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/5-44cd.html
第6回 世田谷にハローワークなんてあったっけ?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/post-8001.html
第7回 みんな幸せになれたらいいのにhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/post-2253.html
第8回 覚悟がいかに大事なのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/06/post-8347.html
第9回 じわじわ泣かせるhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/06/post-eb06.html
第10回 やはり一緒にはいられないhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/06/10-f524.html
第11回(最終回) まさか、まさか… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/06/11-36a9.html

|

« 「鉄腕バーディDECODE:02」 作画崩壊に対する拒否反応 | トップページ | 「世界ふしぎ発見!」 ヴィトンの話から… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44751842

この記事へのトラックバック一覧です: 「白い春」 第2回 やっぱり笑えるぞ:

» 白い春 視聴率 [最新youtube動画ニュースMAX]
白い春風のように商品価格:1,470円レビュー平均:0.0 「白い春」 第2回 やっぱり笑えるぞフジテレビ火曜10時ドラマ 「白い春」 は、純然たるコメディではないが、やはり結構、笑えるドラマのようである。 しかし、私の記憶が確かならば、この笑いの構造は、あまり見たことがない。 つまり、阿部寛サン演じる元ヤクザの男が、笑いとは最も遠い ...(続きを読む) 白い春 第二話。 春男の涙に・・・。観ました。 白い春 第二話。 最後の春男の涙に、ちょっとウル っときました。(続きを読む) 白い春昨... [続きを読む]

受信: 2009年4月23日 (木) 13時49分

« 「鉄腕バーディDECODE:02」 作画崩壊に対する拒否反応 | トップページ | 「世界ふしぎ発見!」 ヴィトンの話から… »