« 「天地人」と「ぼくの妹」で好感度急降下中の長澤まさみチャン | トップページ | NHK「マンガのタカラ 少年週刊誌の生まれた時代」原画見たい! »

2009年4月28日 (火)

「大沢悠里のゆうゆうワイド」 放送6000回だそうで

 TBSラジオ 「大沢悠里のゆうゆうワイド」 が、放送6000回を迎えたそうである。

 その数え方をどうやっているのかは知らないが。

 つまり悠里サンが休んでピンチヒッターの方が放送しているときとか、お正月にやっている 「鶴亀ワイド」 だったっけか、これもカウントしているのか、とか。

 いやいや、別にイチャモンをつけているわけではなく、ラジオの番組というのは、いろいろと変則的な放送が絡むので、なかなかカウントしにくい面がある、ということを言いたいのです。 無粋なことを申しました。 いずれにせよ、大変なことです、これは。 改めてお祝い申し上げます。

 悠里サンは、「ゆうゆうワイド」 の前にも 「大沢悠里ののんびりワイド」 という番組をやっていたから、合算すると、大変な回数になるはずである。 いや、うろ覚えで申し訳ないが、「ゆうゆう」 と 「のんびり」 の間には、何か別の短い番組があった気がするから、連続しているわけではないのだけど、それにしたって長いってことには変わりがない。

 どういうわけだか知らないが、私はこの 「ゆうゆうワイド」「のんびりワイド」 の前番組である、近石真介サンの番組も、結構聴いていた覚えがある。

 「サザエさん」 のかつてのマスオサン役だった親しみで聴いていたのかもしれないが、近石サンの番組は普通、学校に通っている時間で聴けないはずである。 つうことは、学校を病気で休んでいたとか、試験休みや学校の休みのときに聴いていたってことかな。
 近石サン、べらんめえ調で、聴いてて気持ちがよかった。
 いずれにせよ、その昔は、自分の部屋はあったにせよ、個人のテレビなんて持ってなかったから、その時代はいつも、部屋の中でラジオが流れていたことは確かだ。

 「ゆうゆうワイド」 を聴いていて思うのは、大沢悠里サンは、語り口がソフトなのに、結構厳しさを併せ持っている、という点だ。 他人にも、自分にも。

 それは簡潔に言えば、相当なプロ意識の持ち主だ、ということに尽きるが、その、筋をきちっと通す悠里サンの姿勢が、この番組に対する聴き手の信頼感をゆるぎないものにしている気がする。

 それで思い出すのは、悠里サンがかつてCMを担当した、とある引越センターの5秒CMに対する思いを吐露した時だった。 このCM、結構聴取者に評判が悪くて、いろんな批判を受けたらしいのだが、それに対して悠里サンは、自分の考えをきちっと放送で話していたのだった。 その内容は忘れてしまったが、私はこの時、この人は筋道を通す人だなあ、と思ったものだ。 スポンサーの話など、普通ならばあそこまで切り込んで話したり、しないはずである。

 また、いつも時間が押せ押せになる毒蝮サンの放送にも、あからさまに急げ急げのサインを送る。 あれは、面白いことは確かだか、一種の緊張感も伝わってくる、ラジオの醍醐味を味わうことのできる瞬間である。

 しかも、こんなきちっとしたところばかりかというと、そうではなく、「お色気大賞」 ではほとんど常軌を逸したはじけっぷりを示すのが、悠里サンの凄いところだ。 この振幅の大きさも、「ゆうゆうワイド」 の大きな魅力のひとつとなっている。

 いずれにせよ、6000回などというカウントでは測れないほどの、偉業だと思います。 これからも、そんなに毎日ずうーっと聴くわけにはいきませんが、お付き合いしていきたいので、よろしくお願いします。

|

« 「天地人」と「ぼくの妹」で好感度急降下中の長澤まさみチャン | トップページ | NHK「マンガのタカラ 少年週刊誌の生まれた時代」原画見たい! »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44821078

この記事へのトラックバック一覧です: 「大沢悠里のゆうゆうワイド」 放送6000回だそうで:

« 「天地人」と「ぼくの妹」で好感度急降下中の長澤まさみチャン | トップページ | NHK「マンガのタカラ 少年週刊誌の生まれた時代」原画見たい! »