« 鶴瓶サン見かけました 「きらきらアフロ」 見てすぐ | トップページ | 「天地人」 第13回 視聴率の問題を考える »

2009年4月 1日 (水)

「チューボーですよ!」 小林麻耶の最終回

 「THE NEWS」 の第1回目と、見る順番が逆になってしまったが、先週放送された「チューボーですよ!」 の小林麻耶アナ最後の回を見た。
 いやボロボロでしたね。
 あんなに泣いていたとは。
 ワイドショーの皆さん、「号泣」 というのは、ああいうのを言うんです。
 涙だけじゃなくって、鼻水もすごくて。
 逆に言うと、どうしてそんなにしてまで、報道をしたいのかが分からない。
 妹に対抗意識を燃やしてるのかしらん。
 けれども麻耶チャン、キミの持ち味はバラエティでこそ生かされると、オジサンは思うぞ。
 あのボロボロの泣き顔を見ていると、どうもキミは無理をしているように、思えてならないのだ。

 その、先週の 「チューボー」。
 ほかの番組でちょろっと雨宮塔子サンが出てたのを見たので、ああきっと 「チューボー」 にでも呼ばれたんだろうなと思ったら、やっぱりそうだった。 ひょっとすると 「どうぶつ奇想天外」 にも呼ばれたのかな。 見なかったけど。 終わりだったから。 着ぐるみとかやってましたよね、あの番組でも。

 小林アナ、冒頭から、番組の卒業証書をもらうという段取りですでにもう、涙線にキテたように見えた。
 だがそれは番組の性格を把握しているマチャアキのこと、卒業証書を雨宮サンと取りあうというギャグでかわしていたが。
 最後のメニューは天津丼。
 卵を使う料理はこの番組、結構外していることが多いので、大丈夫かなーと思っていたら、結局無星で。 堺巨匠、「いただきました」 のコールも忘れるほどボー然としちゃって。 「パリ帰れ!」 って。 大笑いしました。
 雨宮こう来るかとも、思いましたけど。
 そこらへんのバラエティのカンは、まだ失ってないなこの人、と思いました。 というか、これは天性のものなんだろうな。 実に得難い人材だ。 雨宮サン、家庭なんかほっぽり出して、日本のバラエティ界に戻ってきませんかね? ムチャクチャ言っとりますが、惜しいっスよ、ホント。

 天津丼は雨宮サンの時も小林アナも一回やっていたみたいで、番組では以前に放送されたVTRが再度流れていたが、いやー雨宮サンの時、堺巨匠も若かったー。 ファッションもメイクの仕方も、放送当時は90年代前半みたいだったが、80年代の匂いが残ってて。 あんな服、みんな着てたよなあーという感じ。
 だけどあの当時にはすでにもう、マチャアキは超ベテランの域だったのだ。 つくづく、息の長いタレントさんだと思う。 私の年代でも、 「カックラキン大放送」 とか、「マチャアキ!するぞー」 とかの時代から堺サンを見続けているけれど、それより前のグループサウンズの時代から、活躍しているわけだから。 ギャグの切れ味が少しもほころびないというのが、凄い。

 それでいつもより早めに番組は進行して、最後は小林アナのVTR総集編みたいなことをやって。 VTRの終わりで小林サンはすでにボロボロ状態。 最後のあいさつでは、最近テレビでこんなに泣いてる人を見たことないというくらいで。 堺巨匠はそれでも、ちゃんと笑かすし。 最高だよな、この人。

 いや、だけど、ホント小林麻耶って人は、性格のいい人なんだなだって、改めて思いました。 性格悪かったら、あんなに顔ぐしゃぐしゃになるまで泣けませんよ。

|

« 鶴瓶サン見かけました 「きらきらアフロ」 見てすぐ | トップページ | 「天地人」 第13回 視聴率の問題を考える »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44527774

この記事へのトラックバック一覧です: 「チューボーですよ!」 小林麻耶の最終回:

« 鶴瓶サン見かけました 「きらきらアフロ」 見てすぐ | トップページ | 「天地人」 第13回 視聴率の問題を考える »