« 禁断のボタンが多すぎるDVDレコーダのリモコン | トップページ | 「ゴーストフレンズ」 福田沙紀、華があるのかないのか »

2009年4月 4日 (土)

キャンディーズ解散から31年

 去年は解散からちょうど30年の節目だったこともあって、全キャン連主催の同窓会が開かれたり、何かと周辺関係が騒がしかったキャンディーズだが、今年はなんのニュースも伝わってこない。 さびしいものだ。
 だが、キャンディーズのファンにとって、4月4日というのは何があろうと、なにものにも替え難い特別な日であることは間違いない。 私はいまだに、4月4日が来ると、当時の切なかった気持ちを思い出す。

 私にとってキャンディーズというのは、とても明るくて、いつも元気をもらえる姉貴たち、みたいな存在だった。 それは私が同時期にファンだった百恵チャンに対して抱いていた思いとは少し違う、仲間というか同志というか、そんな連帯感だった気がする。
 だがそんな連帯感も、恋愛感情にすり替わるのは、あっという間だ。
 彼女たちが解散宣言をしてから解散するまでの間、世間がまるでお祭り騒ぎのように彼女たちに群がるように、やがていなくなってしまう姉貴たちに対して、私も思いを募らせていったのだった。

 キャンディーズという3人組は、世間一般では、「年下の男の子」 というヒットが生まれるまで泣かず飛ばずだったように認識されているようだが、「8時だョ!全員集合」 を見ていた私たち子供の層にとっては、デビューのころからよく見知っているアイドルだった。
 体操の時間に活躍する彼女たちが、「あなたに夢中」 というデビュー曲を 「全員集合」 の中で歌った記憶がある。 「ああデビューしたんだ」 と思ったものだ。 確か小学館の 「小学四年生」 の付録にも、緑色のコスチュームの彼女たちが載っていた。

 その後 「そよ風のくちづけ」「危い土曜日」「なみだの季節」 という、ちっとも売れなかったらしいそれらの曲も、私はよく知っていた。 たぶん 「全員集合」 の中で歌われたんだと思う。
 特に 「なみだの季節」 はセールス的には散々だったらしいが、それまで出ていた彼女たちの歌の中では、一番好きだった。 おそらく彼女たちの初めてのダウナーな歌が、暗い曲好きの私の琴線に引っかかったのだ。 だが今にして思えば、次に出される 「年下の男の子」 という最後の賭けを前にした彼女たちの不遇な状況を、「なみだの季節」 からなんとなく感じ取っていたのかもしれない。

 大胆なイメチェンを図った「年下の男の子」 からの人気はよく知られる通りだが、私にはキャンディーズはあくまで初めから人気があった。 ように見えていた。 そこから、デビューのころから彼女たちを見守ってきた、という変な自負も生まれた気がする。 オレだけがキャンディーズを分かるんだ、みたいな。 とんだナマイキ者だが。

 そのナマイキな観点から述べさせてもらえば、彼女たちの真骨頂は、やはりその明るさにあった。
 「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」 や 「GO!GO!キャンディーズ」 で彼女たちが見せた過激なテンションには、同時代のどのアイドルも敵わなかった。
 キャンディーズが所属した渡辺プロには、先にザ・ピーナッツという 「コントもこなせるアイドル」 がすでに存在していた。 だが私は、ザ・ピーナッツのコントには基本に忠実なプロ意識を見るのだが、キャンディーズのコントには天性のコメディエンヌとしてのカンを駆使しているようなところを感じる。 コントの質から言うと、キャンディーズのほうが突き抜けているように思うのだ。 たとえ、それが 「やらされている」 ものだったとしても。

 この、アイドルがある種の役割を 「演じさせられている」 という感覚は、やはりキャンディーズにも絶えずつきまとっていた。 だが、彼女たちには、それを吹き飛ばして余りある 「元気さ」 があった。 そこにはどんな建前さえも無力である。 私はキャンディーズの、飾らないその魅力が何より好きだった。 だいたい、ウソなんかついたところで、見破られてしまうのがオチなんじゃなかろうか。

 だが、キャンディーズは、この私のナマイキな定義だけでおさまる存在ではなかったのだ。

 彼女たちは、当時のアイドル界ではほとんど空前絶後のライヴ・パフォーマーだったのだ。
 これは、テレビだけでキャンディーズを見てきた私には、およそ思いもつかない一面である。

 残念なことに、私は彼女たちのライヴを見に行ったことがない。 彼女たちのライヴを支えたのは、私の世代よりも上の世代の人たちだった。
 そして彼女たちにとっても、ライヴこそが自分たちの最重要視した表現の場だったのだろう。
 ライヴを自分たちの活動の最後に持ってきた、という意味で、4月4日のファイナル・カーニバルというのは、キャンディーズをその存在理由と共に封印する、最もふさわしい方法だった。

 私は、解散前から現在に至るまでの、彼女たちのキャンディーズにまつわる言動を見ていると、そこに 「キャンディーズを最高のままで輝かせていたい」 という意思を、強く感じる。

 おそらくその解散には、プロダクション側の思惑や、汚い話もいろいろあったことだろう。
 だが、彼女たちはそのことを決して口には出さない。
 それは、彼女たちの心情に、「キャンディーズを汚したくない」 という思いがあるせいなのだ。
 彼女たちはデビューするとき、「何があっても3年間は頑張ろう」 という誓いを立てたという。 そして、「最高の時に解散しよう」 という思いもあったらしい。
 ファイナルカーニバルでの最後の曲、「つばさ」 の中でランは、「キャンディーズは、最高のまま、解散します」 と語りかけた。
 キャンディーズは、自分たちの誓いに、殉じたのだ。
 そのことは、長い年月を経てもなお、私を感動させる。

|

« 禁断のボタンが多すぎるDVDレコーダのリモコン | トップページ | 「ゴーストフレンズ」 福田沙紀、華があるのかないのか »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

ファイナルカーニバルの最後の挨拶の中でランちゃんが次のように言っていますよね。「全国の沢山のファンの皆さんが、私たちを最高のものに作り上げてくださったんです。だから、だからこそ私たちは最高のまま解散したいと思います。」長い間キャンディーズが解散した真相が分かりませんでしたが、仮にこの言葉が本当の理由でなかったにせよ、結果として最高のままキャンディーズは封印されることとなりました。だから、再結成することは彼女たちの頭の中には最初からなかったんだと思います。

投稿: | 2012年11月 4日 (日) 19時49分

??様
コメント下さり、ありがとうございます。

この記事は、スーちゃんが亡くなる前に書いたものでした。

私はスーちゃんが亡くなってしまってから、ラジオで彼女たちの歌が不意にかかると、泣けてきてしまいます。 今も、かなり切ない気持になっています。 だから持ってるCDもあのときから、封印したまま。

結局 「青春」 という、いかにも気恥かしいモニュメントを、私は彼女たちと一緒に掲げていたような気がするのです。

それはおそらく、あなたにとっても同じなのだ、と感じます。

ファン全員が、自分の青春を、彼女たちと共に、空高く掲げていた。

最高のままでフィニッシュを決めた彼女たちには、感謝してもし足りません。

キザな書きようですが、今でも耳をすませば、彼女たちの 「コットンフィールズ」 の楽しい歌声が流れてくる。

私たちファンも、あの男性コーラスのなかの一員ではなかったかな?なんて、ちょっと錯覚をしてしまうのです。

投稿: リウ | 2012年11月 5日 (月) 08時24分

自分たちとファンの為に、最高のものに作り上げてくれたファンやスタッフへの恩返しとして、自分たちを最高のまま封印したのは、後にも先にもキャンディーズしかいないと思のです。この事はどれだけ社会的なインパクトがあったか、図りしれないものがあります。それは突然訪れたということもありますが、いわゆるキャンディーズ的なるものの終焉と言いますか、何かが終わってしまった喪失感といいますか、一つの時代の転換点であったような気がしてならないのです。キャンディーズ的なるものは古き良き日本の象徴みたいな所があって、それが皆を惹きつけていた。かつて村上春樹氏が、解散とほぼ同時期に足枷を外された円が急上昇していると、評論しているのを読んだことがあったが、日本人の心の拠り所とする所が大きく変わった時期と重なる気がしてならない。

投稿: | 2012年11月 6日 (火) 21時53分

??様
レス下さり、ありがとうございます。

昔から、スターに対する視線というのは、かなりファナティック(熱狂的)になる傾向というものってあった、と思うのです。

たとえば美空ひばりサン、石原裕次郎サン、御三家に新御三家、三人娘や花の中3トリオなどなど。

その傾向がぷっつりと切れてしまったのが、松田聖子チャンだった気がします。 彼女がテレビで泣いたとき、「ウソ泣きだ」 という声がどこからともなく上がった。 涙出てませんでしたから(笑)(でも泣きたくても涙が出ない時って、あると思うんですけどね)。

スターを冷ややかな視線で見る、という流れがここから始まって、今はAKBあたりがその洗礼を受け続けているのかな(笑)。

これって世の中の価値観が多様化した、ということになるのでしょうが、ファンもこぞって、スターたちと一緒にカーニバルを形成していく、という現象は、キャンディーズが唯一無二だと私も感じます。 多用する価値観に対する、最大のアンチテーゼであり、ファナティックな 「思い入れ」 というものが可能だった時代の、最後のお祭りであった、とも言えるのはないでしょうか。

投稿: リウ | 2012年11月 7日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44552926

この記事へのトラックバック一覧です: キャンディーズ解散から31年:

« 禁断のボタンが多すぎるDVDレコーダのリモコン | トップページ | 「ゴーストフレンズ」 福田沙紀、華があるのかないのか »