« 大河ドラマ 「天地人」 と歴史教育の重要性についての考察 | トップページ | ジョージ・ハリスン、ハリウッド殿堂入り »

2009年4月16日 (木)

教育テレビ「フォークギター再入門」 また勉強してます

 NHK教育テレビ 「趣味悠々 石川鷹彦のもう一度始めよう! フォークギター再入門」 を見て、またアコギの再学習をしています。
 13年前(1996年)にも今回の講師と同じ石川鷹彦サンが、加藤和彦サンと一緒に 「フォークギター入門」 をやっていたのですが、その時と比べて、石川サンもお年を重ねられたようです。

 今回の生徒サンは、小倉久寛サンと、NHKアナウンサーの宮本愛子サン。 小倉サンも、私久しぶりに拝見したのですが、ずいぶん頭頂部のほうがおさびしくなってきたように感じます(失礼)。 以前はあんなに毛が濃いことが自慢(?)だったんですけどね。
 宮本愛子アナも、私あまり拝見したことはないのですが、ずいぶんどっしりとした、大先輩の加賀美アナみたいな安心感が魅力です。

 おふたりともギターにはある程度のキャリアをお持ちのようですが、宮本アナはエレキギターからアコギに持ち替えたとのことで、ちょっとたどたどしさが見受けられます。 というより、失礼ですがあまりリズム感をお持ちではないようです(笑)。

 第1回目はダウンストロークのみで 「旅の宿」 を練習。 
 最も基本的なギターの弾き方かな。 初心者がいちばん最初に習う弾き方、と言っていいでしょう。
 この、ダウンストローク、というのは、ギターを鳴らすときに、上から下へを振りろして弦を鳴らす方法で、その逆が下から上へ鳴らすアップストローク、というのですが、意外なようですけど、実はある程度ギターが弾ける人にとって、このダウンストロークのみの演奏、というのは、結構難しいものがあるのです。

 第2回目は、アップストロークも加えて、「冬の稲妻」。
 いわゆるジャカジャカ弾きで、いちばんよく見る弾き方で、最もやりやすいものといえます。

 と、ここまで書いて気付いたのですが、13年前の 「ギター入門」 と比べると、実に初歩的なことを中心としています。
 13年前の 「ギター入門」 は、いきなりスリーフィンガーという高等技術から始まっていました。
 どちらかと言うと、「入門」 なのにスリーフィンガーが最初、というほうが初心者向きではないのですが。

 スリーフィンガーというのは、弦を弾く親指を低音弦部分のリズムキープみたいに弾き、人差し指と薬指を高音弦中心で弾き続ける、という奏法です。 これは、あのリズムギターの名手、ジョン・レノンも、ドノバンから習って27、8歳の時にようやく覚えた、というくらいの高等技術なのです(でもないか?)。
 余談ですが、ジョンのスリーフィンガーは、実に基本に忠実で、ワンパターンでありました(笑)。 ポール・マッカートニーなどは、未だに基本的なスリーフィンガーを弾けないのではないか、と私などは思っているくらいです。

 それはそうとして、前回の 「入門」 でもやっていた、「22才の別れ」 を、今回3回にわたってこの 「再入門」 では練習するらしいです。
 確かこの曲は、変則チューニングで演奏されていたように思うのですが。 「あの素晴らしい愛をもう一度」 でしたかね。 ともあれ、あまり専門的な情報は期待できないのですが、また伊勢正三サンをゲストにお呼びして、演奏法の秘密が聞けたら幸いです。

追記 結局 「22歳の別れ」 のときは、正やんは呼ばれませんでしたけど、リードギターなども交えた、結構細かいことをやっておりました。
 記事中にも書いていた加藤和彦サンが亡くなったのは、誠に残念であります。

|

« 大河ドラマ 「天地人」 と歴史教育の重要性についての考察 | トップページ | ジョージ・ハリスン、ハリウッド殿堂入り »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44686704

この記事へのトラックバック一覧です: 教育テレビ「フォークギター再入門」 また勉強してます:

« 大河ドラマ 「天地人」 と歴史教育の重要性についての考察 | トップページ | ジョージ・ハリスン、ハリウッド殿堂入り »