« ヒデキ90、いや100%! | トップページ | 「天地人」と「ぼくの妹」で好感度急降下中の長澤まさみチャン »

2009年4月27日 (月)

タモリ倶楽部 「絶頂派美術展」 着眼点が素晴らしい

 テレ東の 「美の巨人たち」 や、NHK 「迷宮美術館」 では決して取り上げることのできないアートの題材を取り上げた、2009年4月24日(一部地域除く)深夜の 「タモリ倶楽部」。
 着眼点が素晴らしい。
 官能的な西洋美術の作品を味わおう、という企画である。

 講師として、多摩美術大学の西岡教授。 ゲストには、みうらじゅんサン。 安齋サンも加わってくれたら、結構面白かっただろうに。 みうらサンとは友達だし。 この回の空耳アワーでも、オルセー美術館に行った時のことを、安齋サン、得意満面で話していた。 「クールベはパンクだ」 という持論を展開、…ってほどのことじゃないですが。

 さて、本編。

 まず、その絵の作者を紹介するのに、「タモリ倶楽部」 のディレクターであるビギン山元氏(あのビギンに似た人)の、そこそこうまいんだけど、多摩美大のセンセイの前で見せるにはちょっと恥ずかしいかな(笑)、という絵を使用。
 この時点で笑える。
 みうら氏も、さっそく 「ビミョーなデッサンですよね」「これじゃ美大は受からないな」(笑)と絶妙のツッコミ。

 1枚目は、時の皇帝ナポレオン3世が買ったという、アレクサンドル・カバネルの 「ヴィーナスの誕生」。
 足の指が突っ張っていることで、絶頂を表している、とか。
 キリスト教への言い訳に、「生まれたばかりだからしょうがない」 という意味で、この題材が選ばれているという、西岡センセイの説明に、タモリサン 「生まれたばかりでこんな豊満じゃあねェ、赤ん坊たまんないヤねェ」 みうらサン 「お父さんが放さないっていう」、…笑いました。
 左右の胸のバランスが、実際とは違う、という技法は、人物を美しく見せるために、アングルもよくとった方法だが、このカバネルの絵でも、同じことが行われている。 みうらサン 「シリコン入れてるとか」(笑)。

 みうらサン 「しかし、英語ではイクことを comming (来る) って言いますけど、どうして仏教徒は、イクって言うんですかね?」 と西岡センセイにムチャ振り(笑)。 美術とはカンケーないような気もしたんですが。 それに対して西岡センセイ、「桃源郷でも西方浄土とかでも、どこか遠くにいいものがある ( そこに行く、という考えなのでは )」 と、完璧なお答えで。 みうらサン 「(じゃ)『死ぬー』って人はなんで?」(笑)。

 2枚目はカルロス・シュヴァーベの 「憂鬱と理想」。 北斎のあの大波を思わせる波をかぶりながら、男女が絶頂を迎えているような作品だ。 みうらサン 「これふたりサーファーみたいなことではないんですか」(笑)。

 万事このような調子で番組は進んでいくのだが、あの 「落穂拾い」 で有名な、ミレーの作品にも、ウタマロみたいのがあったのには、ちょっと驚いた。 もろに、男女の営みを描いた絵である。 テレビ用に、ソフトなものを選んだようだったが。 タモリサン 「この(男の) 顔分かるもんねー、『ええかー、ええのんかー』って」(笑)。 みうらサン 「(「晩鐘」 っていうのは)農民プレイってことですか」(笑)。

 ダヴィンチとミケランジェロが描いた共通の画題、「レダと白鳥」 の白鳥にも、男性器の暗示という意味があったと。 ちょっとお勉強になりました。 みうらサン 「確チン犯っていうやつですね」(笑)。
 ミケランジェロのほうは、レダと白鳥がキスしている絵で、タモリサン 「スワンとか言って吸ってるよね」(笑) みうらサン 「スワンの馬鹿みたいなね」(笑)。 下らないけど、これこそが 「タモリ倶楽部」 の真骨頂であろう。

 もともと、芸術家には、根源的な性欲を作品で具現化しよう、という欲求があるように、私には思える。

 ゴヤの 「裸のマハ」 と 「着衣のマハ」 という一対の作品。 「裸」 のほうは、長いこと表には出てこなかった作品らしい。 だが、その描き込みようは、「着衣」 の比ではない。 やるなあ、ゴヤ、つー感じだ。

 アングルの晩年に描いた 「トルコ風呂」。 若いころから彼が描きためてきた、裸婦たちを一堂に会したという作品だが、私などに言わせると、どうも節操がないように感じる。 年をとって性欲への歯止めが利いていない印象を受けるのだ。 ただのエロジジイ、というか。

 ロダンなどは、もっと過激である。 「タモリ倶楽部」 ではさすがに出てこなかったが、いや、永久におおっぴらにはできないレベルであろう。 彼のは、…ちょっと。

 こういう、芸術家の性欲を感じさせるような、官能的な作品に対しては、今回の 「タモリ倶楽部」 のように、笑い飛ばしながら見るのが大正解なのだ、と私などは思う。

 またやってくれそうなので、期待しないで待ってます(笑)。

|

« ヒデキ90、いや100%! | トップページ | 「天地人」と「ぼくの妹」で好感度急降下中の長澤まさみチャン »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44814538

この記事へのトラックバック一覧です: タモリ倶楽部 「絶頂派美術展」 着眼点が素晴らしい:

« ヒデキ90、いや100%! | トップページ | 「天地人」と「ぼくの妹」で好感度急降下中の長澤まさみチャン »