« 断片 | トップページ | 「報道ステーション」 殉教者のように見える古舘サン »

2009年4月30日 (木)

「フォークギター再入門」 見てると弾きたくなっちゃう

 このところ、バッティングしてしまう番組があるために、昼間の再放送を録画している 「フォークギター再入門」。

 第4回だったっけか、アリスの 「チャンピオン」 を弾くために、シンコペーションとミュート、カッティングなどの技術を練習している小倉サンと宮本愛子アナを見ていたら、んもーウズウズしてきて。

 ひとり暮らししていた時は、大音量でジャカジャカ鳴らしていたのだが、今はそういうわけにもいかず、部屋で弾く時は主にミュート気味にチマチマ弾くのが常になってしまったワタシ。 だからミュートというと、黙っちゃおれないんですな。

 エレキギターも買ったけど、あれは準備に手間がかかって、面倒臭がりの私はいつの間にかアコギだけがお友達である。 余談だが、やいフェンダー社! こっちが左利きだと思ってかなんか知らんが、さんざん納品に時間がかかったあげく、1年もたたないうちにブリッジの部分が浮き上がっちまうような不良品ストラトキャスターを売りつけやがって! 頭にくるぞ! 弾かないときは弦を全部緩めてたのに。 接触悪いのかバチバチいうし。

 アコギはいいですよその点。 手に取ったら次の瞬間から弾けるんですからね。 ほとんどチューニング狂いませんし。
 あ、チューニングで思い出しましたが、この 「フォークギター再入門」 の第1回目でしたか、石川鷹彦センセイ、先っぽにつけるチューニングマシンみたいの使ってましたよね。 こんなのがあるんだ今、これいいなあ、と思ったんですけど。 高いのかなあ。 しっかし疎いですね、そういう情報。 ギター弾きの間じゃ常識なんですかね?

 たまにはどっかのロック酒場みたいなところで、自分の腕を披露したいもんですが、ふらりと立ち寄っても、左利き用のギターって、置いてないんだよなあ。 甲斐よしひろサンみたいに、指を逆に抑えて弾けんこともないが、ちょっとストローク以外は無理だし。

|

« 断片 | トップページ | 「報道ステーション」 殉教者のように見える古舘サン »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44849079

この記事へのトラックバック一覧です: 「フォークギター再入門」 見てると弾きたくなっちゃう:

« 断片 | トップページ | 「報道ステーション」 殉教者のように見える古舘サン »