« 「スマイル」 第6回 小栗旬クンの行動基準が分からない | トップページ | 「チューボーですよ!」 枡田絵理奈アナ、このコは相当できる »

2009年5月23日 (土)

「MR.BRAIN」 第1回 お祭りを楽しもう、という感じ

 おもちゃ箱をひっくり返したような印象の、「MR.BRAIN」。

 のっけから広末涼子チャンが前菜みたいな感じで出てくるし、大地真央サンは出てくるし、市川海老蔵サンは出てくるし、木下優樹菜チャンは 「チョリース!」 連発しながらほんのチョイ役だし、ユースケサンタマリアサンはいきなり犯人だし、実に贅沢なものを見せてもらっている気がしてくる。

 しかも、「BOSS」 であんなに個人的に受け付けなかったトリッキーな画面処理と、同じようなことをされているのに、それが気にならない。 ちょっとこれはどうしてなのか、個人的に気になる。 「BOSS」 ほど画面をいじくられてないせいだろうか。

 科警研のガラス張りのセットや、指紋や血痕の画像処理など、アメリカのドラマ 「CSI」 そのままだっていうのは、おそらく多くの人に指摘されることだろう。 私は 「CSI」 を見ていたのであまり違和感を持たなかったが、何となく現実離れしている感覚を抱く人は、いるかもしれない。
 ただ、この演出自体に、現実を離れてドラマの世界に浸ってもらおう、という作り手の意図、というものは、感じるのだ。

 なにより私がこのドラマを見ていて感じたのは、ドラマを見てゴージャスな気分になってもらおう、という、スタッフのこの意欲である。

 つまりこのドラマを見る方法としていちばん正解なのは、お祭りに出かけて露店を見て回っている、そんな感覚で楽しむことなのだ。 などと断定してますけど。
 何でなのか、というと、第1回目に限って言えば、結構犯人の目星がつけやすかったし、さまざまな引っかけが、ちょっと分かりやすかった。 そんな犯人探しや、木村クンが捜査に介入してくる必然性など、細かいことを考えるのが、このドラマに限っては無用に思えるからだ。

 それより、私が楽しんだのは、木村拓哉クンがいちいちもったいぶって解説をしようとするのを、香川照之サンがイライラ、ブチ切れているやりとりだった。 綾瀬はるかチャンの分かりやすい性格も面白かったし。

 何より、木村クンのキャラクターが、ブッ飛んでいて飽きさせない。

 とても不満なのは、このドラマ、6回しかやらないらしいのだ。 6回しかやらないんだったら、科警研のスタッフ、あんなにゾロゾロ要らない気がする。 まあ、こんなに贅沢なものであれば、6回っていうのも仕方がないか、という気もするが。(後記 結局予定は延ばされて、全8回放送となりました)

 でも、たまにはこういう、豪華なディナーを楽しんでも、いいよなあ。

 普段あまりにチマチマ生きているから、バブル時代みたいにパアーッと、騒ぎたくも、なりますよねえ。 こういうイケイケなのは、なつかしいっスよ。 ぐだぐだ考えないで、楽しみたいもんです。

|

« 「スマイル」 第6回 小栗旬クンの行動基準が分からない | トップページ | 「チューボーですよ!」 枡田絵理奈アナ、このコは相当できる »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45106371

この記事へのトラックバック一覧です: 「MR.BRAIN」 第1回 お祭りを楽しもう、という感じ:

» 綾瀬はるか MR.BRAIN [木村拓哉主演 MR.BRAIN]
Mr.BRAIN 綾瀬はるかは酒癖が悪くって『鹿男あをによし』とまったく同じ人物のようだな。 ダイイングメッセージのとこはなんかもう、脳科学関係なくね? アリバイがウソだったけど殺人の物証はないんだよな。 でも自供しちゃうんだ。 脳科学にこじつけようとしてる ...(続きを読む) Mr.BRAIN 感想 「まあ、いいっか」っていう感じ、見逃す悔しさみたいなのがたぶんないです。 やっぱオイちゃん的には、最近のドラマでいちおしは「白い春」ですね。 世界中の猫を集めてみました。 イマイチだったね... [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 23時39分

« 「スマイル」 第6回 小栗旬クンの行動基準が分からない | トップページ | 「チューボーですよ!」 枡田絵理奈アナ、このコは相当できる »