« ヤン坊マー坊天気予報 50周年だそうで | トップページ | 1970年代、アナログ時代のNHK天気予報 »

2009年5月31日 (日)

「MR.BRAIN」 第2回 ご覧になった方だけお読みください

 謎解きが主体のドラマだから、おいそれとあらすじを書くことができない、「MR.BRAIN」。
 こういうのを、ネタバレ注意、というんだろうな。
 とりあえず、これから見ようと思っている方は、読まないほうが賢明です。

 第1回目を見て、謎解きが比較的簡単に思えたこのドラマだったが、第2回目は、結構意外な展開だった。

 まず今回、ドラマ中の犯罪もさることながら、ドラマ全体を陰で操っていたのは、まぎれもなくGacktサンだった。 その異様な殺人鬼の尋常ならざる目つきは、捜査側を右往左往させるに十分な存在感だった。

 個人的には、小雪サンがいちばんあやしい、と思っていたのだが、実際のところ、殺された側も殺した側も、松重豊サンも、そしてGacktサンも、みんな犯人だった、というのは、ちょっと予想を超えていた。

 ただ、話的に変だったのは、すでに解決済みだった3年前の事件を、捜査しなおしたら、いとも簡単に、最後の犯罪だけはGacktサンのしわざじゃなかったのが分かるくだり。 なにやっとったんだ3年前?って感じ。 手口が明らかに違うでしょうが。

 まあそれも、Gacktサンの狡猾なウソの自供のせいだった、っていうのも、よく考えれば逆に彼が天才的とも言えるわけであり。 結局それで浮き彫りになるのは、捜査当局のマヌケさだけであり。

 ジャンケンの心理、という、今回の謎解きのキーワードは、都合3回出てくるのだが、その対比の仕方はなかなか見事なものだった、と個人的には思う。

 1回目の爆笑問題田中クンと木村クンのジャンケンは、ふうん、そんなもんなのか、程度の脳知識。 それを見ている側に学習させる、という目的のジャンケンだった。

 2回目の木村クンと小雪サンとのジャンケンは、犯人を突き止めるための、今回いちばん重要なジャンケン。 だけどその内容的には、ちょっと騙しが入ったセコイもので、謎解きの道具としてはちょっと、という感じだった。

 しかし、3回目、ドラマの最後での木下優樹菜チャンと木村クンのジャンケンは、見事に木村クンが負ける、というオチだったのだ。 まあ、木村クンが負けるとは思ったのだが。
 でもこれで、2回目のジャンケンで私が抱いたチープ感は消し飛んで、ドラマ自体がとてもシャレが効いたものに収まった、そんな気がした。 実は木村クンの得意気になっている知識なんか、大したことがないんだ、という自虐的な転換の仕方である。

 「MR.BRAIN」 に関して、脳科学の側面やら、TBSの過剰宣伝やら、いろんな面で否定的な見解をネットで読んだが、私個人としては、このドラマは深いことは考えずにエンターテイメントを楽しむためのドラマだ、というとらえ方をしている。

 そのいちばん端的な象徴なのが、主題歌のヴァン・ヘイレン 「JUMP」 なのだろうと思う。
 この曲は、確か1984年あたりの、相当古い曲である。
 この曲が流行っていたころは、日本中がバブル絶頂期で、イケイケの空気が蔓延していた。 「JUMP」 自体も、それまでのヴァン・ヘイレンのイメージとは変わって、コマーシャル感全開の、イケイケムードの曲だった。 発表当時、それまでの彼らのファンからは、戸惑いの声を多く聞いた覚えがある。

 そんなイケイケの曲を主題歌に使うこのドラマ。
 こういう豪華なキャスティングのイケイケドラマを見て、もっと元気出していこうぜ、という作り手の姿勢が、見える気がするのだ。

|

« ヤン坊マー坊天気予報 50周年だそうで | トップページ | 1970年代、アナログ時代のNHK天気予報 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。見ました。でも、1回目見た時から、こんな豪華な俳優を使わなくてもと、思いました。あの中の俳優の4人から5人主役が張れる俳優でしたから、もったいないなあと言うのが、私の意見です。連ドラって、1回観てしまうと、次も観てしまうんですよね。この頃、サスペンスものが多いと思いませんか?

投稿: 希望 | 2009年5月31日 (日) 10時24分

希望 様
コメントありがとうございます。
確かに、TBSが総力をあげてプッシュしているこの番組、見る気がなくとも見てしまう、ってありますよね。
私なんかの古い世代から言うと、「オールスターキャスト」、という宣伝形態に、結構喜々としてのってしまうようなところがあるんですよ。
出てくる俳優サンがみんな有名で、っていうやつですね。
いまのドラマって、予算を気にしながら作っているようなところがあると思いませんか?
私個人の気持ちですが、そんなふうに番組予算とかあんまり気にしないで、たまにはオールスターキャストの豪華なドラマを見てみたい、というのは、あるんですよ。
だから、今回はお祭りみたいなものなんだから、お祭りに、乗ってしまえ!みたいな。
まあ、このドラマ、6回(注:その後8回にのびました…)しかないみたいなので、たまの豪華なディナーを楽しむつもりで、このドラマを見たらいいんじゃないでしょうか。

それから、サスペンスものって、私も正直なところ、あんまり好きではありません。
だいたい、出てくる人をみんな疑ってかかるようなドラマっていうのは、どうも…。
ただ、そういうドラマを私の場合、あまりにも見ないので、たまに 「MR.BRAIN」 のような犯人探しモノを見るのは、ちょっと新鮮な気がします。

投稿: リウ | 2009年5月31日 (日) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45183035

この記事へのトラックバック一覧です: 「MR.BRAIN」 第2回 ご覧になった方だけお読みください:

« ヤン坊マー坊天気予報 50周年だそうで | トップページ | 1970年代、アナログ時代のNHK天気予報 »