« 「桑田佳祐の音楽寅さん」 第3回 アベーロード | トップページ | 「白い春」 第4回 なかなか真実にたどり着けない阿部寛サン »

2009年5月 5日 (火)

「今日は一日"吉田拓郎"三昧」 してるのでお休みです

 題名にある通り、今日はNHKFMで午後1時から11時まで、「今日は一日"吉田拓郎"三昧」 を聴いていたため、ブログはお休みしようと思ったんですが、やっぱり我慢できなくて書いちゃいます。

 何が我慢できなかったと言って、あの歌ですよ、あの歌。

 「じゅんチャンがよしだたくろうに与えた多大なる影響」 って、この題でいいんですかね? これ、ホント久しぶりに聴きました。
 んあー感動なのねっ!
 あーどうして、録音してなかったんだぁ~っ。 オレのバカ!

 CDにもなってない、海賊版同然の歌なんで、現在入手不可能。
 元のメロディがボブ・ディランらしいので、著作権の関係もあるんでしょう。
 「オールナイト」 だったか、小室等サンと一緒にやってた番組だったか、何回か聞いたことはあるんですよ。 そのたびに衝撃を受けていた曲だったんですが。

 番組中、田家秀樹サンが 「この曲かけたら拓郎サンもう絶対この番組に出演しないでしょう」 みたいなこと言ってたけど、拓郎サン個人も、こういう昔の傷を思いっきりさらけ出すような歌は、放送されたくないのかなあ。
 でも、自分の番組で放送してたんですよ?
 平気じゃないっスか?
 結局、拓郎サン、10時間も待ってたのに出演も電話もなし。
 そりゃまあ、この前のBSでもしゃべってましたけど、「ほっといてくれ」 ということなんでしょうが。 この曲かけたせいじゃないと思います。

 番組は坂崎幸之助サンも7時台から9時くらいまで出て、いろんな話が聞けました。
 坂崎サン、3日前にお父様と忌野清志郎サンに、立て続けに同じ日に旅立たれていて、今は精神的にちょっときついんじゃないのかなあ、と思いましたが、それを振り払うかのような明るさで。 お父様の話はちょっと出てきて、それも明るく話されてましたが、…でも平気なわけ、ないじゃないですか。
 坂崎サン、拓郎サンの 「どうしてこんなに悲しいんだろう」 をリクエストされたりしていました。
 身内の不幸を全く感じさせない坂崎サンと、この歌のメッセージを聴きながら、こっちの方がウルウルしてしまいました。
 坂崎サンも何度もこの曲に励まされたと話してましたが、このつらい時期に、拓郎サンの歌が、また支えになっている感じを受けました。

 坂崎サンのほかのリクエスト、ビートボーイズ名義でリリースした 「ショッキングタクロー」 の中の曲ばかりで、それはそれで面白かったんですが。 「馬」 とか、「ある雨の日の情景」 とか。

 結果的に、「落陽」 がリクエスト1位で、バージョン違ってたのもあったけど3回もかかる始末。 そりゃ、私みたいに10時間ぶっ通しで聴いているヒマで奇特な人などいないんでしょうが、上位確実な歌は、極力途中でかけないでほしかったなあ、というのが実感。
 私もリクエスト、しましたよ。 「唇をかみしめて」。
 結局4位でしたけど。

 個人的に新鮮だったのは、「王様たちのハイキング」。
 何かこれも、久しぶりに聴いたけど、バッキング、これがいちばん拓郎サンにハマっている気がする。 女性コーラスが、ソウルフルで、いいんだわ、これ。

 ほかにもいろいろ書きたいことはありますが、10時間もぶっ通しで聴いて、さすがに疲れました、こっちも。 ラジオをこんなに聴いたのって、いやー、ガキの頃でもせいぜい 「オールナイトニッポン」 第1部2部ぶっ通しくらいで。 覚えがありません。

|

« 「桑田佳祐の音楽寅さん」 第3回 アベーロード | トップページ | 「白い春」 第4回 なかなか真実にたどり着けない阿部寛サン »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44907653

この記事へのトラックバック一覧です: 「今日は一日"吉田拓郎"三昧」 してるのでお休みです:

» 桑田佳祐の音楽寅さん~music [サッカー最新ニュース]
忌野清志郎 ザ・タイマーズの超問題作 良い人であったとか、キング・オブ・ロック、みたいな報道が続いており、 まぁ、異論はありませんが、あえてこの状況に「毒」を(笑) 昨日、「音楽寅さん」を見てて思ったんですが(^^ゞ 僕も一時、清志郎から離れた、アンチな立場だったことがあります。 ...(続きを読む) ワッシュバーン ギター ベース US 広告 1989年 桑田佳祐の音楽寅さん '09.05.04:ソラミミ 、感謝を胸に刻みたいと思います。Abbey Road アーティスト: 出版社/... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 04時05分

« 「桑田佳祐の音楽寅さん」 第3回 アベーロード | トップページ | 「白い春」 第4回 なかなか真実にたどり着けない阿部寛サン »