« 「大人のソナタ」 '70年代はよかったと言われてもなぁ | トップページ | 「ゴーストフレンズ」 第6回 ミソラチャン、やりすぎ! »

2009年5月19日 (火)

ふつうであること

若いころ
ふつうでいるということは
とてつもなく下らなく思えた

だが自分が
年をとっていくにつれ
ふつうであることが
こんなにも難しいものなのかと
最近ようやく分かってきた

ちょっとでも気を抜けば
すぐにマイナスに転じてしまう
カネも
気持も

ふつうに生きるということは
とても大変なことだ

ふつうに生きている人たちは
じつは
とてつもなくえらいのだ

|

« 「大人のソナタ」 '70年代はよかったと言われてもなぁ | トップページ | 「ゴーストフレンズ」 第6回 ミソラチャン、やりすぎ! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45059073

この記事へのトラックバック一覧です: ふつうであること:

« 「大人のソナタ」 '70年代はよかったと言われてもなぁ | トップページ | 「ゴーストフレンズ」 第6回 ミソラチャン、やりすぎ! »