« 「ぼくの妹」 第5回 ちょっとちょっと、弁護士いるんでしょ | トップページ | 「週刊手塚治虫」 宮崎駿氏の確執を考える »

2009年5月20日 (水)

「白い春」 第6回 世田谷にハローワークなんてあったっけ?

 なんか結構いい話のオンパレードで、この回で最終回でもよかった気のする(笑)「白い春」 5月19日(2009年)第6回。

 冒頭から、阿部寛サンが職を求めて訪れた、ハローワーク世田谷。

 あれ? 世田谷にハローワークなんて、あったっけな?

 確か世田谷の管轄は、渋谷だったと思うんですが。

 私もスンゲー小規模ですけど会社を経営している関係上、職安に募集をかけたり、たまーにするのですが、このところ不景気でとんと御無沙汰してるので、もしかすると最近できたのかもしれません。 いや、そんなことないと思うぞ。 今ネットで東京労働局調べたけど、やっぱりないぞ。 そうだよなあ。

 まあ、10年くらい前だったか、渋谷の職安が改装かなんかやっている時に、一時的に世田谷区三宿のほうに仮の建物が建っていたんですが、今回の 「白い春」 に出てきたハローワーク世田谷は、なんかその建物によく似ていた気がするんですよ。

 しかしどうして、世田谷にハローワークがないんですかね。

 最近どうなってるのか知りませんけど、渋谷のハローワークって、車とめるとこなくって。 タワーレコードから電力館の先を山手線に沿いながら行って、消防署の隣あたりなんですけどね。 駐車場、ないんっスよ。
 世田谷なら、区役所の近くにでも建物立てれば、いくらでも区役所の駐車場に駐車できそうなのに。

 「白い春」 の話に戻りますが、遠藤憲一サンのパン屋で阿部寛サンが働くってのは予告編で分かっていたけど、どういう成り行きにするのだろう、というのが、今回の物語の注目点でした。

 遠藤憲一サンが阿部サンの採用を決めた理由は、まず 「売り言葉に買い言葉」。 それってとても行き当たりばったりな感じもするのですが、そこに至るまでの伏線が、縦横に張り巡らされているために、見ている側はじゅうぶん納得できるのです。

 警備員の仕事をしている阿部サンに、遠藤サンが抗議をしにいく一幕。
 のぞみチャンの授業参観にいけない遠藤サンの弱み。

 細かくここで書くと嫌んなっちゃうので書きませんが(笑)、いまあげたほかにもあったいろんな出来事が、遠藤サンに阿部サンを採用させる動機になっているのが、すごい。

 そして、阿部サンをのぞみチャンから遠ざけていても、のぞみチャンは阿部サンのことを思い続ける。 だったらいっそ、阿部サンをそばに置いて監視していた方がいいのではないか、という遠藤サンの理屈。 この話にも、説得力があります。

 さらに、自分とのぞみチャンが立派に親子なんだというところを阿部サンに見せつけたい、という感情。 そのためには、阿部サンも同じ土俵に上げてチャンスをやらねば、という気持ち。

 ダメ押しに、死んだマリコサンも、この話に納得してくれるような気がする、と。

 それを聞く白石美帆サンに 「でも、でも」 と言わせることで、さらにこの話に真実味を与えることに成功している。

 なんか、すごいんですけど、この脚本。 さりげなく。

 でも、来週はまた、ひと波乱ありそうな予告編。 どうなっちゃうのかな、ホント。

当ブログ 「白い春」 に関するほかの記事
第1回 なんだ、コメディじゃないのか?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/post-f49f.html
第2回 やっぱり笑えるぞhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/post-148c.html
第3回 シリアスの中に含まれる喜劇性http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/post-5f88.html
第4回 なかなか真実にたどり着けない阿部寛サンhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/post-fd3d.html
第5回 予告編にだまされたhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/5-44cd.html
第6回 世田谷にハローワークなんてあったっけ?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/post-8001.html
第7回 みんな幸せになれたらいいのにhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/post-2253.html
第8回 覚悟がいかに大事なのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/06/post-8347.html
第9回 じわじわ泣かせるhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/06/post-eb06.html
第10回 やはり一緒にはいられないhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/06/10-f524.html
第11回(最終回) まさか、まさか… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/06/11-36a9.html

|

« 「ぼくの妹」 第5回 ちょっとちょっと、弁護士いるんでしょ | トップページ | 「週刊手塚治虫」 宮崎駿氏の確執を考える »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45075273

この記事へのトラックバック一覧です: 「白い春」 第6回 世田谷にハローワークなんてあったっけ?:

« 「ぼくの妹」 第5回 ちょっとちょっと、弁護士いるんでしょ | トップページ | 「週刊手塚治虫」 宮崎駿氏の確執を考える »