« 「土曜ワイドラジオTOKYO」 巨泉サン元気 | トップページ | 「A-Studio」 瑛太クンの作った映画配信中とか »

2009年5月10日 (日)

私のテレビに対する見方

 ちょっと批判的なコメントが来たので、この際だからコメント欄だけでなく、記事として転載し、自分の意見を表明させていただきます。

○○様
 コメント拝見しました。
 確かに、才能があるとは思えない人が 「アイドル」 としてもてはやされている一面はあります。
 また、問題を起こしても、大した社会的制裁を受けずに復帰するという人が、芸能界に多いことは確かです。
 ただ、私個人的に思うのですが、テレビという媒体も、需要によって成立している。 需要がなければ、どんな人であれ、テレビから消えていく運命にある。 逆に、テレビ(それを流す側も受け取る側も)がその人を必要だと判断すれば、どんな不快な人物でもテレビに出続ける。
 これは、一般社会も、まったく同じです。
 どんなに性格が悪い人でも、会社にとって必要だと見なされれば、その人は出世し続けるのです。 また、いくら人間としてサイテーのやつでも、ちょっと自分より立場が上だと、見境なく威張ってたりする。
 まあ、そんな人は、本当はみんなから、軽蔑されてるんですけどね。

 私はこのブログでも白状していますが、はっきり言ってテレビに依存しています。 テレビって、基本的にタダだし、まあNHKには払ってますが、こんな結構な媒体は、ほかにないじゃないですか。
 ただ、テレビの言いなりにはなろうと思わない。
 だから、見たいと思わないものは決して見ない。 下らないものなんか、見ないんですよ、自分が下らないと判断すれば。 そうすると、自分の気に入らないものは、結果的に目にしなくなるのです。 そりゃ、いくらそうしても、いやだな、と思うようなことは、否が応でも目に入ってくる。
 でも、それくらいは仕方ない。 どんな社会にでも、いやなものは絶対あるんですよ。
 だから、私自身はよく知らないけど、見るに堪えないものがテレビにはあるってことは、否定はしません。
 私たちって、もっとそんなテレビとの付き合いを、考えるべきじゃないでしょうか。 テレビとの距離を、もっと自分の側からコントロールしなければ、ならないんじゃないでしょうか。

 また、彼らが高額のギャラをもらっている、という点。

 確かにこの業界の金銭感覚は、一般人から見れば、ちょっと桁外れな感じはします。
 だけどそれは、それだけの大金が動くビジネスとして、成立しているからだと、私は思います。
 別にテレビの仕事じゃなくても、こんな仕事でどーしてこんなにもらえるのだ?みたいな仕事って、結構ありますよ。 それって、それだけ払ってくれるクライアントが、いるからでしょう? おかしな世の中ですよねー。 自分の努力に見合っただけの金額を、みんなおんなじ基準で、みんなもらえればいいのに。 労働価値の等価交換、っていうんですかね。

|

« 「土曜ワイドラジオTOKYO」 巨泉サン元気 | トップページ | 「A-Studio」 瑛太クンの作った映画配信中とか »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44963443

この記事へのトラックバック一覧です: 私のテレビに対する見方:

« 「土曜ワイドラジオTOKYO」 巨泉サン元気 | トップページ | 「A-Studio」 瑛太クンの作った映画配信中とか »