« 「ぼくの妹」 第3回 オレの話を聞け! | トップページ | 「今日は一日"吉田拓郎"三昧」 してるのでお休みです »

2009年5月 5日 (火)

「桑田佳祐の音楽寅さん」 第3回 アベーロード

 「音楽寅さん」 2009年5月4日放送第3回目で桑田サンは、ビートルズの 「アビイ・ロード」 を空耳チックに日本語に直した。

 時間の都合上駆け足気味だったが、ほとんど全編をやっつけたというのがまず凄い。
 しかもそのほとんどが政治、国際、環境問題に内容を絞っているというのが、次に凄い。
 1曲1曲のテーマが、明確に決まっているのだ。

 普通、英語に沿って日本語に直そうとした場合、内容が意味不明のハチャメチャになるものだ。 なのに1曲の初めから終わりまで、ちゃんと意味が通じている。 なんだコレ? スゲエぞ。
 曲のテーマがはっきりしているから、笑うより先に、まず感心してしまうのだ。
 これは、頭の回線が最初からブッ飛んでいることが前提でなければ、まずできない。 それに加えて、政治などに対する、強い怒りがなければ、完成させることは難しい。

 またさらに注目すべきは、この詞の世界が、見事に桑田サンの世界だ、ということだ。 要するに、桑田サンの詞は、空耳という発想から形成されたものであることを、改めて実感させるのである。

 今回の桑田サンの政治に対する揶揄のしかたは、与野党まったく見境いなし。
 「カム・トゥゲザー」 は 「公明党BROTHER」。 連立政権批判である。
 「サムシング」 では共産党をおちょくっている。
 民主党の小沢代表だって、こき下ろす。 「ビコーズ」 改題の 「民主党」。 これは特に辛辣だった。 出だしから 「違法?小沢譲らん異端児微妙…」「偽装でいいんですかい?一郎不満ない?」 最後は 「民主党の時代いつ来る?」 である。 恐れ入りました。
 
 「マクスウェルズ・シルヴァー・ハンマー」 は年金批判。 「シルヴァー・ハンマー・マン!」 という原曲最後のヴァースが、「知ればあんな払わん!」。 大笑いするやら、感心するやら。 降参します。

 あとは曲目自体も多いのでこっちも駆け足で紹介するが、少々長くなりますけどご容赦ください。

 「オー!ダーリン」 は 「親だ~れ?」。 小泉チルドレンとDAIGOをおちょくっている。

 「オクトパス・ガーデン」 は 「ぼく当選さす票田」。 ここでは選挙を揶揄。

 「アイ・ウォント・ユー」 は 「iPhone中」。 株式相場が大変なことを歌っている。 個人的には、ポール・マッカートニーの 「ザ・パウンド・イズ・シンキング」 を思い出す内容。

 「ヒア・カムズ・ザ・サン」 は 「爪噛むオジサン」。 麻生総理や中川元大臣のことだ。

 「ユー・ネヴァー・ギウ・ミー・ユア・マネー」 は 「油田は危機を招き」。 地球温暖化問題だ。 ぜひYouTubeなんかで見てもらいたい内容である。

 「サン・キング」 は 「国際危惧!」。 北朝鮮問題。 原曲での意味不明ポルトガル語の部分は、「ヨンビョンからムッチャ見守れ出入りには目凝らそう」「ノドンチュチェ主義なんだソレ?地下兵器バラそう」「そしてマンギョンボン号絶った日朝関係にて交わそう」。 よくここまで意味通じさせてると思う。 脱帽。

 「ミーン・ミスター・マスタード」 は 「民意無視して増した」。 曲の終わり 「サッチ・ア・ダーティ・オールド・マン」 サザンの曲の題名元ネタとなった部分は、「おっちゃん誰やお前?」。

 「ポリシーン・パン」 は 「オレ審判?」 裁判員制度ヤダー、という歌にしちゃいました。

 「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウインドウ」 → 「死刑にするも罰するも非道?」。 メドレーで内容もメドレーになっているところが渋い。

 「ゴールデン・スランバー」 は 「公然知らんばい!」。 公職辞任の歌になっちゃった。 「アンド・アイ・ウィル・シング・ア・ララバイ」 が 「居直る真意が分からない」。 よく考えつくよ。 まったく。

 「キャリー・ザット・ウェイト」 が 「借金(かり)が増え!」。 なんとなく原曲と内容がリンクしてるのがおかしい。

 「ジ・エンド」 は 「次年度」。 議員世襲制だあ。 タイムリー過ぎ。 「お家!往来!ああ愉快なご縁が取り持つ党内部」 って、腹イテエ(笑)。 「ラヴ・ユー、ラヴ・ユー」 のギター合戦のところでは 「安倍、安倍」。 これで、「アベー・ロード」 というわけですな。 ラストが 「美しい国…夢」。 ああなんか、ものすごいトータル感にあふれてます。

 「ハー・マジェスティ」 はさすがにおさまりきらなかったのか、最初からオマケ扱いで日本語にしなかったのか、ユースケサンのナレーションのバックで流れるだけだったが、なんという、濃い内容の30分だったことか。

 イクイップメントもさすがに凝っていて、ちゃんとビートルズが 「アビイ・ロード」 のときに使っていた楽器を使用していた。
 ドラムはちょっと分からないが、桑田サンのギターはジョン・レノンが弾いていたエピフォン・カジノの塗装はぎ取りっぽい仕様のやつ、リードギターの人はレス・ポール、ベースの人はリッケンバッカー。
 まあ、曲によって桑田サンは使い分けていましたけどね。 ただ、ベースは色が違うだろとか、「ジ・エンド」 のジョンのパートはエピフォンで行くべきだろうとか、細っかいことを言い出したらキリがないんだが。

 音的にも、ギターの音色とか、細かいシンセの使い方まで、よくまあここまでコピーしました、という感じ。 「ユー・ネヴァー・ギヴ・…」 の出だしのピアノに絡むのは、ギターじゃなくてベースだろとか、こっちも細かいことを言い出したらキリがないんだが、昔はビートルズの中期以降の曲なんて、コピー不可能とまで言われていた時期があったことを考えると、なんだか隔世の感がある。

 書いてる方もつかれたが、これを全部考えた桑田サンのほうがもっともっと大変だったに違いない。 あらためて、ご尊敬申し上げます。

|

« 「ぼくの妹」 第3回 オレの話を聞け! | トップページ | 「今日は一日"吉田拓郎"三昧」 してるのでお休みです »

テレビ」カテゴリの記事

ビートルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/44902257

この記事へのトラックバック一覧です: 「桑田佳祐の音楽寅さん」 第3回 アベーロード:

« 「ぼくの妹」 第3回 オレの話を聞け! | トップページ | 「今日は一日"吉田拓郎"三昧」 してるのでお休みです »