« どつくとなおる昔のテレビ | トップページ | 「SMAP×SMAP」 2009年6月1日 メンバーの覚悟が見えた »

2009年6月 2日 (火)

「天地人」 第22回 意図的に見えてきた同じことの繰り返し

 城田優クン演じる真田幸村が、上杉に人質としてやってきた、「天地人」。
 いきなり憎まれ口の連発で、なんか小栗旬クンとキャラがかぶってるな、というのが、第一印象。
 いや、待てよ。
 前にも、おんなじようなことをやっていた。 このドラマ。

 御館の乱で、ピンチになるたびに、毎週のようにほぼ同じ内容のお使いにやらされていた、妻夫木クンだ。
 同じことばかりやるなよ、と思っていたが、これはもしかすると、このドラマは、意図的に同じことを繰り返しているのではなかろうか。

 同じことの繰り返し、と言えば、吉川晃司クンの信長と、長澤まさみチャンの実況解説も、ほとんど趣を一にしていた。
 なんだか、家康の取り扱いも、毎回同じような感じがするし。

 このドラマの作り手は、わざと、同じ物語をぐるぐる堂々巡りさせているのだ。

 しかし、だからどうした、というと、別にどうでもいい発見である。
 要するに、マンネリズムの面白さ、というものを狙っているんだ、と私などは思うのだが。
 だけど、同じ話が、カッコよく言えば、輪廻を続けるのは、私にとっては少なくとも、何の意味もない。
 最終的にこの回、真田幸村は、妻夫木クンの弟子にしてくれ、と申し出て、妻夫木クンも、「まあ、いいんじゃない?」 みたいな軽いノリで、幸村を自分の弟子にしちゃったわけだが。

 なんか見ていて、なんでこんな男の弟子にならにゃいかんのだ、と思えて仕方ない。

 それは、家老という重責を担ってからも、妻夫木クンの髪形が、元のまんま、というのが、原因のひとつだ。
 このドラマ、あくまでスタイリッシュにこだわっているためか、妻夫木クンをはじめ、小栗旬クン、松方弘樹サンと、狙っているとしか思えない髪形、もしくは頭の人が後を絶たない。 って3人だけですけど。 あ、パパイヤさんもいたか。
 しかしどうにも、見ていて気になる。
 特に妻夫木クンの場合、髪形をちっとも成長させないことと、実際に人格がちっとも成長していないことが、どうしてもリンクしてしまう。 私の個人的感想ですが。
 だから、真田幸村ほどの男が、「弟子にしてくれ」 と言い出すのに、とても違和感を持たざるを得ないのだ。

 結果的に、この回印象的だったのは、城田クンと東幹久サンの一対一の男の勝負だった、ということですかね。

 戦のシーンが取ってつけたみたいなのは、もうワタシ、あきらめました。 もう、期待しておりません。

 でも、真田昌幸の描き方は、だいぶガッカリいたしました。 いかにも小物。 同じNHKで大昔やっていた、「真田太平記」 と比べちゃ、「真田太平記」 に失礼なほど、まるで月とスッポンなんですが、昌幸、アレはネエだろう、という感じ。 あれじゃ、どっかのオッチャンですよ。
 まあ、失望するのには、だいぶ慣れましたから、いまさらドーノコーノ言っても、ねえ…。

 追記。
 真田幸村を、雪村と誤字しまくってました。 あーあ。 どっちもどっちだわ。

|

« どつくとなおる昔のテレビ | トップページ | 「SMAP×SMAP」 2009年6月1日 メンバーの覚悟が見えた »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45213006

この記事へのトラックバック一覧です: 「天地人」 第22回 意図的に見えてきた同じことの繰り返し:

» 天地人 サブリミナル [☆youtube動画+新着ニュース☆]
天地人(下(人の巻))新装版商品価格:893円レビュー平均:4.47 「天地人」 第22回 意図的に見えてきた同じことの繰り返し城田優クン演じる真田雪村が、上杉に人質としてやってきた、「天地人」。 いきなり憎まれ口の連発で、なんか小栗旬クンとキャラがかぶってるな、というのが、第一印象。 いや、待てよ。 前にも、おんなじようなことをやっていた。 このドラマ。 ...(続きを読む) 天地人 第22話『真田幸村参上』 & 『ハンチョウ 第8話』天地人 先週石田三成を篭絡した(違)兼続でしたが、今週は真田... [続きを読む]

受信: 2009年6月 2日 (火) 19時58分

« どつくとなおる昔のテレビ | トップページ | 「SMAP×SMAP」 2009年6月1日 メンバーの覚悟が見えた »