« 「ぼくの妹」 最終回 最初からこういう話でよかったんだけどな | トップページ | 「タモリ倶楽部」 浮世絵スター名鑑、それはいいとして »

2009年6月29日 (月)

「天地人」 第26回 いっそのこと第1回からやりなおしたら?

 神山繁サン演じる千利休の、「石田三成は愛するものを壊してしまう」 という言葉を気にして、小栗三成に会う、妻夫木クン。

 「人を疑うよりも、まず信じなければ」 という妻夫木クンのアドバイス、小栗クンはいちおう聞いときます、程度のものだったが。

 歴史を知っている者にはちょっとそれが鼻につくのだろうが、ドラマとしてとらえた場合、この回の妻夫木クンと小栗旬クンのやり取りは、後々結構重要になってくる、といったところだろう。
 かくまっていた、長澤まさみチャンと会うかどうか、小栗クンは妻夫木クンに訊くのだが、妻夫木クンは、逡巡したあげく、会わずに帰る。 ふすま越しに、このやり取りを聞いていたまさみチャン、「どこに行こうと構わぬぞ」 という旬クンに、「ここにいてもいいですか」 と懇願する。
 ここらへん、現代ドラマとしてとらえると結構よくできたシーンである。

 そのすぐ後、松方家康サンが上洛して笹野秀吉サンと虚々実々のやりとりを行なうところも、今まで何度もいろんなドラマで見てきたシーンだったが、なかなかよかった気がする。 今回はそれに、妻夫木クンからアドバイスを受けたばかりの小栗三成クンが絡んで、すっかり妻夫木クンの警告が吹っ飛んじゃっているところまで見せるあたりは、なかなかうまい構成だった。

 それにしても。

 「関白を叱る」 という、看板に偽りありの内容だった。
 だいたい、叱ってたの富司純子サンだし。
 サブタイトルが大ウソって、「ぼくの妹」 だけかと思っていたら。
 「ぼくの妹」 のサブタイトルは、ひどかった。 最終回まで大ウソだったから。

 「ぼくの妹」 は置いといて、今回は、「天地人」 第1回目の冒頭にリンクさせるところまで、話が進行したのだが。

 黄金を積んで、「わしの家来になれ」 と迫る笹野高史サンに、きっぱりと断りの返事をする妻夫木クンの、あのシーンだ。
 第1回目の冒頭から、このシーンをぶつけていた、ということは、相当この場面は、このドラマ全体のキモ、と作り手は考えていたのではないだろうか。 だが。

 前回25回目で、何かあったら自分の首を差し出すとまでタンカを切っていた妻夫木クンや、この会見の後、遺言状まで残していたことが判明した北村一輝サンの覚悟。

 ところが。

 残念ながら、会見のあいだじゅう、その緊張感は、まったく見る側に伝わってこなかった。 いま述べた、妻夫木クンや北村サンの覚悟を、その会見の前後に挿入しても、肝心の会見のやりとりがあまりにもあっけないのが、拍子抜けするのだ。

 そのあっけなさの原因は、第1回目のシーンを、そのまま転用している不自然さにある。

 そもそも、第1回目の時点での秀吉、景勝、兼続の役作りと、26回目までこぎつけた時点での秀吉、景勝、兼続の役作りには、どうやっても取り繕うことのできない、ズレというものが、生じてしまっている。

 だから、第26回目用の映像として撮られた、秀吉の黄金の茶室での、この3人が、第1回目冒頭の野外でのシーンにリンクした瞬間、とても違和感があるのだ。

 どこがヘンか、というと、急に、まっさらな状態から演じてしまっているように見えてしまう点だ。 積み重ねたものが、感じられないのだ。 第1回目の映像なんだから当たり前だが。

 こういうお手軽な方法でお茶を濁すよりも、改めてこのシーンを、第1回目とまったく同じように、作りなおしたほうが、ずっとスッキリする。 いや、もうこのドラマ、第1回目から全部、作りなおしたら?って気にも、なってくる。 ちょっとキツイかな、この言いかた。

 しかも、この回のタイトルどおりであれば、兼続が秀吉を叱る、というのは、ここをおいてほかにない。 見る側はそれを期待して見ているのに、作り手は、それを見事に裏切ってくれた。

 でも、ここからが今までの 「天地人」 とは違った。
 景勝たちが帰国の途につく時、秀吉は 「そのほうらのような無礼者は、初めてじゃ!…だが、なぜだか、なぜだか楽しかったわい」 と、ヘンなほめ方をする。
 さらにわざわざ自分の家来たちの前で、景勝たちの主従関係をうらやましがるのは、メロメロだった今回のテーマを修復するためのシーンだった、と言っていい。 秀吉がわざとそうしている、という見方をすると、このシーンは、侮れないのだ。
 そして、この記事冒頭でほめた、小栗旬クン、松方弘樹サンなどのシーンに続く。
 だから見終わると、あの不自然なシーンが、あまり気にならなくなっている。

 このドラマで、これまでこういう、ダメな部分をフォローしようという意気込みを、あまり見たことがなかった。
 今後は、ちょっとだけ、期待できるのかな?

|

« 「ぼくの妹」 最終回 最初からこういう話でよかったんだけどな | トップページ | 「タモリ倶楽部」 浮世絵スター名鑑、それはいいとして »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45494103

この記事へのトラックバック一覧です: 「天地人」 第26回 いっそのこと第1回からやりなおしたら?:

» 天地人博 [マニアック最新ニュース]
365日いらっしゃいませ 著者:火坂雅志出版社:日本放送出版協会サイズ:単行本ページ数:292p発行年月:2008年11月この著者の新着メールを登録する2009年1月スタートドラマ原作・関連本特集ドラマ天地人特集⇒2009年NHK大河ドラマ原作「天地人 新装版シリーズ」はこちら! ...(続きを読む) 玩具箱 「世界まる見え!テレビ特捜部」の神戸蘭子さん テレビ特捜部」の神戸蘭子さん日産 モコ「Rouge」篇の徳澤直子さん「MUSIC JAPAN」のPerfume[Blu-ray] マクロスF... [続きを読む]

受信: 2009年6月30日 (火) 03時34分

» 天地人 視聴率 [ニュースをいちはやく紹介!!]
【送料込】『天地人』ゆかりの郷、新潟から産地直送でお届け![新潟県/福顔酒造]直江兼続 「愛」(720ml)商品価格:1,725円レビュー平均:4... [続きを読む]

受信: 2009年6月30日 (火) 05時09分

« 「ぼくの妹」 最終回 最初からこういう話でよかったんだけどな | トップページ | 「タモリ倶楽部」 浮世絵スター名鑑、それはいいとして »