« 「スマイル」 最終回 予想がついても、ラストはこうでなくては | トップページ | 「チューボーですよ!」 優木まおみチャンと小林麻耶アナの接点 »

2009年6月28日 (日)

「MR.BRAIN」 第6回 仲間由紀恵サンの、真の実力を見た

 当初の予定では最終回だったらしい、「MR.BRAIN」 第6回。

 この回の白眉はなんと言っても、徹頭徹尾、仲間由紀恵サンの演技に尽きる。

 いや、この人の演技力というものの底を、見たような気がした。 空恐ろしくさえある。 認識を、新たにしました。 ここまで、できる人なんだ。

 結局のところ、仲間サンが演じた多重人格犯罪者、というのは、仲間サンの狂言だったということが分かったのだが。
 いずれにせよ、その演技が凄すぎて、かえって狂言に見えなかった、と見ている側がツッコミを入れたくなるほどの、狂気に満ちた別人格 「俊介」 の、仲間サンの演技だった。
 そう、まさしく、「狂気」 である。

 今回同じ点で、凄みのある演技(?)を見せてくれたのは、綾瀬はるかチャンだった。

 仲間サンが15年も監禁されていた心理状態を再現しようと、無理矢理木村拓哉クンたちに、暗くて異臭の漂う事件現場に閉じ込められたはるかチャン。
 出てきた時のブチ切れ演技が、凄かった。 悲しいことに、相当笑えましたけど(笑)。 綾瀬はるかチャンの狂気に満ちた役も、ちょっと見てみたいな、とは思ったりして。

 それにしてもこの、仲間由紀恵サンの演技に引きずられるような形で、木村クンも今回は、いい味出していた。 15年も監禁されていた女性を、自分のあざとい罠によって罪人にするのは忍びない、という苦渋の表情、こぶしを握りしめるさま。 「俊介」 クンに、殴るけるだの首絞められるだの、ひどい目にあう演技も、迫真に満ちていた。
 要するに、仲間サンの芝居が、ドラマ全体のテンションをぐいぐいあげているのが、見る側に伝わってくるのだ。

 そして、物語的にちょっと先が読めるような展開のこのドラマ、それが、出演する俳優たちの情念によって、すぐれたコンテンツに昇華していくさまを、今回は見た気がした。

 すべての疑問が解決したそのとき、水嶋ヒロサンは、「どうしてあなたはこんなことをしたんですか?あなたはただ、逃げ出していればそれだけでよかったじゃないですか」 と問い詰める。
 仲間サンはそれに対して、「最初は、そのつもりだった…空がキレイで…15年ぶりに見る空は、すごく青くて…キレイで…こんなものを奪ったあの人たちを、やっぱり許せないと思った…私、やっぱりどっかおかしいんですかね?…でも、だったら、うれしいな…本当はもう、ずうっと、狂ってしまいたかったから」 と答える。

 このセリフは、仲間サンの行動を裏付ける、重要なセリフだ。
 なぜなら、ただ多重人格を演じて警察を騙すのであれば、警察の見ていないふだんから、大食いしたり凶暴になったり、多重人格を装う必要はないからだ。
 仲間サンは、多重人格を演じなければ、狂ってしまいそうだったのだ。
 
 観念して、両手を差し出して手錠をうながしながら、仲間サンはつぶやく。
 「閉じ込められるのは、慣れてますから」。
 木村クンたちの心をえぐるような、キツイ一言である。
 15年も監禁されていた女性を、再び国家が、監禁することに、手を貸したのだから。

 護送される前に、「ちょっと待って下さい」 と言って、名残惜しそうに、青い空を見上げる仲間サン。 「青い空が、大好きです」 とうれしそうに話す少女時代の仲間サンが、そこにダブってくる。 なんとも重い、人間ドラマではないか。

 今回のこのドラマ、人間の心の暗闇を、ものの見事に描いていた。 それこそ、殺された大沢逸美サンや、友達役の人に至るまで。

 余談ですが。

 このドラマの殺人シーンが残虐だとか、なんだか話題になっているらしいのですが、そもそも事件を取り扱うのだから残虐さは、避けて通れない気がするのですが?
 いや、ここんところ 「バイオハザード」 なんかをやり倒しているんで、自分自身が、この残虐シーンをなんとも思わなかったことのほうが、ちょっとショックだったり、するんですけど。

|

« 「スマイル」 最終回 予想がついても、ラストはこうでなくては | トップページ | 「チューボーですよ!」 優木まおみチャンと小林麻耶アナの接点 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45473442

この記事へのトラックバック一覧です: 「MR.BRAIN」 第6回 仲間由紀恵サンの、真の実力を見た:

» 木村拓哉 MR.BRAIN キムタク [木村拓哉主演 MR.BRAIN]
木村拓哉主演のドラマ「Mr.BRAIN ミスターブレイン」に使用されたもののレザー版です!!理想的な姿勢をサポート!エルゴヒューマンチェアー EH-HAMLレザーチェア 【ハイタイプ】 ヘッドレスト付 ブラック EH-HAM BK(KM-11)商品価格:89,800円レビュー平均:0.0 続!キムタク、草なぎ復帰スマスマで衝撃の裏事情を生激白!まさか今 ... かおりん♪ イケメン&視聴率調査隊☆のフェリスGirlのイケメン(SMAP)&ドラマ視聴率分析☆木村拓哉のMR.BRAIN(ミスター... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 15時11分

« 「スマイル」 最終回 予想がついても、ラストはこうでなくては | トップページ | 「チューボーですよ!」 優木まおみチャンと小林麻耶アナの接点 »