« 「ぼくの妹」 第7回 「最後のケンカ」 って? | トップページ | 「天地人」 第22回 意図的に見えてきた同じことの繰り返し »

2009年6月 2日 (火)

どつくとなおる昔のテレビ

 買ってから15年経つ、私の29型ブラウン管テレビ。
 だいぶ前から、たまに画面が黄色くなることがあって。
 でも、どつくと直るんです。
 それと、年代物のパソコン。
 PC-98シリーズ、って、チョーなんだソレ?な世界ですが(笑)。
 この古いパソコンのディスプレイも、温まるまで、画面が濃いピンク色に変色したまんまなんですよ。
 それを、じゅうぶん温まったところで、横からどつくと、これまた直る。

 このPC-98、ウィンドウズ95が出た当初、いちばん売れていた機種だったんです。
 PC-98の前にも、すごい前近代的なパソコン、持ってたんですけど。 機種名は忘れました(笑)。
 その前近代的パソコン、さすがにカラー画面じゃないので、とうの昔に廃棄処分にしました。 や、たしかあの画面、黒い画面に白抜きの文字が出るようなタイプだったかなあ。 すごい世界ですよね、今から考えると。

 ところでこの98、データ入れとくためだけのもんですけどね、すでに。
 でも、未だに使える。
 後発のノートパソコン、爆死しましたからね(笑)。 それに比べりゃ、立派なもんです。
 それで未だに、この98、今使っているパソコンと並んで、私の机の上に鎮座ましましているわけです。 余談ですが、このふたつのパソコンを同時につけると、地球防衛軍の秘密基地みたいで、ちょっとワクワクします(笑)。

 今の薄型テレビは、正直言ってドツクわけにはいかなそうですよね。 すぐ倒れちゃいそうで(笑)。
 まあ、薄型でも大画面になれば、重量的には結構あるから、どついてもよさそうですけど、なんか精密機器ぽくって、どついた途端に壊れそうな感じ。

 だけど、個人的には、どついたら直る、ってほうが、なんか親しみがもてていいんですよ。

 調子が悪い時、ドウシタンダ、ヘイヘイベイベーとばかり、ガン!と一発やりゃ、しゃきっとなる、…なんかものすごく、人間的で、いいじゃないですか。

 それに、彼らの(もはや擬人化してますけど…笑)体調が、こっちまで影響してくる。

 彼らの調子が悪いと、なんか、気分的にも落ち込んじゃうんですよ。
 もはや、仲間みたいな、家族みたいなもんですよ、ここまで来ると。

 最近買った電気機器には、ちょっとこの手の思い入れが希薄な気がします。 むやみにいじれない。 ブラックボックスみたいで。 なんか、他人行儀、というか。

 ここんところ、29型テレビの黄色っちゃう頻度が高くなって、そのたんびにどつきまくってるんですけど、それが私自身の気分にも伝染して、ちょっとばかり記事を書く頻度にも影響してます。 がんばって盛り返さねば。

|

« 「ぼくの妹」 第7回 「最後のケンカ」 って? | トップページ | 「天地人」 第22回 意図的に見えてきた同じことの繰り返し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45211296

この記事へのトラックバック一覧です: どつくとなおる昔のテレビ:

« 「ぼくの妹」 第7回 「最後のケンカ」 って? | トップページ | 「天地人」 第22回 意図的に見えてきた同じことの繰り返し »