« 「SMAP×SMAP」 2009年6月1日 メンバーの覚悟が見えた | トップページ | 音楽評論家の黒田恭一さん死去 »

2009年6月 3日 (水)

「タモリ倶楽部」 塩ビ管スピーカー、はたして…?

 排水パイプなんかに使う、ネズミ色した塩ビ管。 それの先端にスピーカーを取り付け、オーディオのスピーカーとして成立させた、塩ビ管スピーカー。 パイプオルガンみたいな原理だとか。

 その、手作りで作れば、安くできて音質もそこそこ、という、塩ビ管スピーカーについて、5月29日(2009年)深夜(一部地域除く)の 「タモリ倶楽部」 でやっていました。

 番組では、実際に塩ビ管スピーカーを自作し、使用している人たちが3人ほど出てきて。

 まず普通の、どこにでもあるようなスピーカーで、いったんクルセイダーズの名盤を聴いておいて、次にその人たちの作った塩ビ管スピーカーの音を、聴き比べてみて。

 タモリサンの反応は、「この大きさでちゃんと低音出てますね」「音の広がりはこっちの方がいいですね」 と、最初こそ、「塩ビ管でこれだけ音が出るのか」 という、ちょっとした驚きに特有の、自然に出てしまうニヤニヤ笑いでしたが、2人目3人目と続くにしたがって、「こんな程度か」 みたいな感じになっていったのが、個人的には面白かったかなー(笑)。

 要するに、タモリサンにしてみれば、「塩ビ管ってことを考えりゃ音は出てるけど、音にうるさいオレみたいなヤツを唸らせるにはちょっとな」 って感じ(笑)。

 でもワタシ的には、市販のスピーカーでそこそこのものを買うよりか、自分で工夫して作ってみたほうが、よっぽどよさそうな気はするんですけど。

 「これすごいけど、テレビ見ている人は分かるのかね」 と言って笑わせていたタモリサンだったが、じっさい、テレビを見ている側としては、よく分からなかった(笑)。
 それに、番組内でもいろんな塩ビ管の形状のバリエーションがありましたけど、実際どういう形状がいいのかとか、音響学的な掘り下げも、ちょっとは欲しかった気がします。 ま、「タモリ倶楽部」 ですから(笑)。

 なにしろ、ほとんどいじめられ役のふかわりょうクンが、塩ビ管スピーカー制作者の指導をほとんど無視して作った、オリジナルの左右一体型塩ビ管スピーカーのほうが、音がよかった、ってくらいだから(笑)。
 ふかわクン、断衝材みたいなのを入れないと、音がこだましてしまう、という忠告も聞かず、変なのを作って、最後にみんなにやり込められようと狙っていたのに、完全に当てがハズれた恰好。

 まあ、それはそれで、笑えましたけどね。

 でも、塩ビ管スピーカー、結構いいかも。

|

« 「SMAP×SMAP」 2009年6月1日 メンバーの覚悟が見えた | トップページ | 音楽評論家の黒田恭一さん死去 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
そのタモリ倶楽部は見てなかったけど、エムズシステムの波動スピーカーを真似して、塩ビ管で自作してみました。
オリジナルのフォステクスは好きじゃないのでパイオニアのユニットを使って。
確かに低音は出ないけど、今までで一番好きな音ですよ。

投稿: なっとくのカレー(中辛) | 2009年7月20日 (月) 11時16分

なっとくのカレー(中辛)様
コメントいただき、ありがとうございます。
そういうことができる人は、うらやましいです。なにしろ、中学校の技術の時間に作ったインターホンが最後でした、私の場合。
でも、ふかわりょうサンが作ったセオリー無視のスピーカー、よほど音がよかったってことは、塩ビ管スピーカーマニアの人は、自分の常識をいっぺん疑ってみたほうがいいかもしれませんね。
これまでの常識を覆すものができる可能性が、あるってことですからね。
この塩ビ管スピーカーを見ていて、個人的には、BOSEのコンパクトCDプレーヤーを連想していました。 あれも、小さなボディにグネグネしたパイプが通っていて、小さいのに結構いい音だとか。
昔は結構、オーディオにも凝っていたんですが、今はからきしだめですね。 それで、CDの音は好きじゃないとか思ってるんですから。 いい媒体で聴けば、なっとくのカレー(中辛)サンのように、満足できるのかもしれないのに。

投稿: リウ | 2009年7月21日 (火) 01時15分

私が手本にしたのは、エムズシステムの波動スピーカーです。検索してもらえればすぐ分かりますが、鼓のような形であり、これで聞くと全然聞こえ方が違うのです。
材料はホームセンターで直径20cmの塩ビ管を買い、管が厚すぎて素人では加工できないので、水道工事店で穴開けしてもらいました。
深い低音は出ないけれど、楽器がリアルに再生できますよ。

投稿: なっとくのカレー(中辛) | 2009年7月21日 (火) 01時35分

なっとくのカレー(中辛)様
なんだか私も、昔のマニアックな感情が、ムクムクしてきました。
私が今持っている貧弱なコンポでは、CDとレコードが両方聴けるようになっているんですが、どうもCDの場合、低音の音像がぼやけているような気がするんです。 レコードのベース音のほうが、なんというか、ボンボンという感じ以外に、ゴリゴリという感触がする。 CDのベース音は、ムンムン、という感じに聴こえます。 なんか、分かりにくい表現ですけど。
もしかすると、コンパクトディスクが人間に聞こえない高周波の音を切り捨ててしまっているせいなんじゃないかと、個人的には思ったりしているのです。

投稿: リウ | 2009年7月21日 (火) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45223332

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ倶楽部」 塩ビ管スピーカー、はたして…?:

« 「SMAP×SMAP」 2009年6月1日 メンバーの覚悟が見えた | トップページ | 音楽評論家の黒田恭一さん死去 »