« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月15日 大阪編その2 | トップページ | アニメ 「はじめの一歩」 第24回 格闘技とは… »

2009年6月16日 (火)

「タモリ倶楽部」 ゴムヘビの世界 このどうでもよさ加減がいい

 2009年6月5日深夜(一部除く)の 「タモリ倶楽部」 は、みうらじゅんサンがまたまた仕掛けた、「元祖ショックトーイ ゴムヘビの世界」。 ゲストは板尾創路サンと、YOUサン。 いきなり板尾サン、パッチンガムをタモリサンに勧めて、笑わせてくれます。 「そんなもの、誰ももうひっかからないよ」(笑)。
 結果がどうなるんだったか試したいYOUサン、ガムを引き抜いた途端、「イッ…! 意外と痛いですよ」。 タモリサンも試しましたが、「あっ、…ちょっとイラッとする」(笑)。

 パッチンガム、私も引っかかったことがありますよ。 小さい頃。 あれって、自分がものほしそうにしていたみたいで、ちょっと自己嫌悪に陥るんですよね。 痛いし。 中身はどうなってるんだって、調べたこともありますよ。 ただの厚紙で、実際にガムは入ってませんでした。 そりゃそうか。

 みうら氏、ゴムヘビを海外まで行って収集しているとのこと、台湾まで行って大量に買い込んだ時、「一応ショックトーイですけど、お店の人のほうが(大量に売れたことに)ショックだったみたいで(笑)」。

 売っているところと言えば、東急ハンズの店によってとか、ダイソーとか、神社参道の土産物屋によく並んでいるらしいです。 そういやありますよね。 江の島とかみうら氏言ってましたけど、そーだそーだ、ありましたよね。 その江ノ島のヤツは、2800円とか。 「誰が買うのかっていうことで、…私が買うっていうことにして(笑)」

 それで番組では、ショックトーイの種類はどういうものがあるのか、ということで、さっき出たパッチンガムや、ビックリ箱などを紹介していましたが、とりわけ私が笑ったのは、ブーブークッションでした。
 これ、久々に音を聞きましたが、いや、破壊的な音してますよね。 これほどだったとは。

 このブーブークッション、YOUサンが試したんですよ、番組のなかで。
 ややや、すっごい音で。 バオーッ、て感じ。
 あまりの音に、YOUサンすっごい恥ずかしがっていましたが、いやー、実に、こう言ってはなんですが、永久保存モノの、エロさでした。 板尾サン、「それ、チビッタよなあ今なあ(笑)」 タモリサン 「出た(笑)大量に」。

 その後タモリサンもこれを試して、遠慮気味にへをひる、という実演をしたのも大笑いしました。 「ぷぃー…、プルプルプル、…ブバババババ」。
 そのあまりのおかしさに危機感を持ったみうらサン、「ブーブークッションの特集じゃないわけで…」 とかわしたんですが。
 だけどそのとき出てきた 「ウ〇チ」 のおもちゃも、インパクト強かったなあ。 タモリサン、ブーブークッションの穴の部分にこれを近づけて、ブブブって。 そのウ〇チ、スライム素材らしくて、しまいには机にくっついちゃって。 YOUサン、「やぁ~だぁ~」(笑)。

 すっかりおいしいところを持っていかれた感のあるゴムヘビでしたが、とぐろ型(0型とか言ってましたけど、新幹線かっての…笑)と名付けられた一連のコレクションのなかに、尻尾と頭の位置が逆なのがあって、みうら氏 「こんな、コレ、蚊取り線香じゃないですか」 YOUサン大ウケ。 正常な状態に直せるんじゃないかということで、やってみたら、「できましたねえ」(笑)。
 板尾サン 「でもかなり、力入ってますよね」。 確かに、元の状態だったときはマヌケそうな顔だったゴムヘビクン、ヤケに険しい顔になってたような…?

 ヘビのウラっ側が、タケノコを切ったみたいな状態のものも、あったりして。 「ガラガラヘビタイプ」 というのは、面白かったなあ。 しっぽの部分、音がシャカシャカ出る仕掛けになっていて。 みうら氏 「これだけでも結構マラカス状態にはなれる(笑)」。

 でも、だんだん皆さんヘビをぞんざいに扱うようになってきて、これもおかしかったです。
 みうら氏 「オレはいいけどぉ~」 って、こういうフテクサレかたするヤツっていましたよね、小学生くらいのころ(笑)。

 それで出てきたのが、「フタル酸」 という化合物の存在。
 ダイソーなんかで売られているゴムヘビの注意書きに、「本品はフタル酸を含まない、安全な素材でできています」 と書いてある。
 このフタル酸、塩化ビニル樹脂を軟らかくするための素材らしいです。 フタル酸を含まないゴムヘビは、何となく固い。

 またまたヘビを投げ捨てるようにする皆さん。 みうら氏も 「あの、一応、実費で買ってるんで」(笑)。

 だいたいこんなおもちゃのヘビで、みんな驚くのか?という疑問に答える形で、実験ビデオを見ることに。
 結構みんな驚いてたのが、面白かったです。 ドッキリカメラみたいで。
 いちばん驚いてたのが、ガーナ人の男の人。 やっぱり、身近な動物なんですかね。 本国にはゴムヘビ自体がないらしく、完全に本物だと思ったそうです。
 板尾サン 「だからガーナの人の意識からすると、蛇に対する感覚っていうのは、『殺るか殺られるか』」(笑)。

 個人的には今回の 「タモリ倶楽部」、大蛇タイプのゴムヘビを体に巻きつけたり、YOUサンの色っぽさ全開の回だった気がします。
 それにしても、みうらサンは、思いもかけないところから、くだらなさを実に面白く見せる術を、知っていますよね。

|

« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月15日 大阪編その2 | トップページ | アニメ 「はじめの一歩」 第24回 格闘技とは… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45358285

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ倶楽部」 ゴムヘビの世界 このどうでもよさ加減がいい:

« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月15日 大阪編その2 | トップページ | アニメ 「はじめの一歩」 第24回 格闘技とは… »