« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月22日 トラジェクトX | トップページ | 「ぼくの妹」 第10回 このドラマ出演者の勝ち組 »

2009年6月23日 (火)

僕のコダクローム…

【 ニューヨーク22日時事 】 米写真関連大手イーストマン・コダックは22日、プロカメラマンを中心に愛されてきたカラーフィルム 「コダクローム」 の製造を年内に打ち切ると発表した。 世界初の市販カラーフィルムとして1935年に発売され、根強い人気を誇ってきたが、デジタル化の波には勝てず、長い歴史に幕を下ろす。 日本では既に販売が中止されている。

 コダクロームは、ネガフィルムとは逆で、現像したフィルムに被写体の色や明るさが実物通りに映し出され、スライドなどにも用いられる。 現像には特殊な工程があるため、世界では現在、米カンザス州の1カ所しか請け負う施設がない。

 商品名は、歌手ポール・サイモンの曲(邦題は 「僕のコダクローム」)にもなった。 しかし、現在の売り上げは、コダックの静止画フィルム全体の1%未満。 フィルム不要のデジタルカメラが全盛期を迎える中、静かに市場から姿を消す。

 …というニュースが飛び込んできました。

 コダクローム、と言えば、記事中にもありましたが、ワタシ的にも、ポール・サイモンの 「僕のコダクローム」 ですねー。

 この曲を初めて聞いたのは、確か小学生のころだったと思います。 「コダクローム」 という名前についての知識がなく、たぶん女の子の名前だと、勝手に思い込んでいました。

 なんか、途中から始まるような、変な感覚の曲で。

 ポール・サイモンという人の詞は、比較的散文調なのですが、この曲は、メロディもなんとなく、散文調。 ヘンな曲だなあ、という感じで、当時の小学生は強烈に覚えていました。 この曲を強烈に覚えている小学生、というのも、結構ヘンな気がしますけど。

 「コダクローム」 というのが、カメラフィルムの名前だって分かった時は、ちょっとしたショックで。
 だって、「コダクローム」 なんて名前の女の子がいたら、なんか素敵じゃないですか? んなこたないとか、言われそうだけど。
 それから、歌詞のなかに出てきた、「ナイコンカメラ」。
 これがニコンカメラのことだっていうのも、ちょっとしたカルチャーショックで。

 有名なカメラフィルムがなくなっちゃう、というのも、時代の流れなんでしょうが、メーカーは採算以外の、「心意気」 というものを、持っていてもらいたいものです。 その商品によって会社が潤ったんなら、それがその商品に対する礼儀だと思います。
 それこそが 「会社のプライド」 ってもんじゃ、ないですかね?
 まあ、それは、つぶれそうな会社には、なかなか難しいことですけど。 コダック社って、そんな大変なんですかね?

|

« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月22日 トラジェクトX | トップページ | 「ぼくの妹」 第10回 このドラマ出演者の勝ち組 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45430756

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のコダクローム…:

» イーストマン コダック [アイ!最新情報]
コダック | 仲里依紗 水着画像 お宝動画 ついにコダックも・・・ 日々雑感 PC雑記事/ウェブリブログ 早起きおっさんの撮影日記: 寂しいですね!時代の流れか! コダクローム(1935~2009)を裂いてください。コダックRetires Iconic ... AGAIN. コメント. コメントする ...(続きを読む) 僕のコダクローム…: 橋本リウ詩集 【 ニューヨーク22日時事 】 米写真関連大手イーストマン・コダックは22日、プロカメラマンを中心に愛されてきたカラーフ... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 11時45分

« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月22日 トラジェクトX | トップページ | 「ぼくの妹」 第10回 このドラマ出演者の勝ち組 »