« 現代版 「悲しき玩具」 | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 阿南京子サンのオッパイ話 »

2009年6月12日 (金)

「ゴーストフレンズ」 最終回 正統派 「少年ドラマシリーズ」

 「ゴーストフレンズ」、このドラマの主な視聴者層は、どうも10代が中心であるらしい。 NHKのHPに寄せられている感想などを読んでいると、そういう印象がある。

 HPの感想でその次に多いと思われるのが、1970年代に、同じNHKの夕方にやっていた、「少年ドラマシリーズ」 を見ていたような、当時少年少女だった世代の人々だ。
 かくいう私もその中に含まれる。
 この物語が最終回に向かって突き進んでいる方向を見ていて、私は昔見ていた 「少年ドラマシリーズ」 のノリだなあと、なつかしさを禁じ得なかった。

 例えば、ミソラチャンのカイトクンに対する仕打ちが、冗談ではすまないレベルになっていくのに、ミソラチャンの子分みたいになっているゴーストたちはまるでマンガみたいだ、というところ。
 また、そもそもミソラチャンに人間への取り憑き方を教えた 「黒いタクシー」 のゴーストが、カイトクンたちを助けようと、ジャッキー・チェンさながらのカンフーアクションを延々と繰り広げたりするところ。
 これが、「少年ドラマシリーズ」 のノリなのだ。
 つまり、少年少女を 「NHKなりのヌルさ」 で、食いつかせようというところが見える。 これこそが、「少年ドラマシリーズ」 のひとつの特徴なのである。

 そういう 「ヌルイ」 作りは、見る人によってはあり得ない、下らない、と感じるかもしれない。

 だが私は、最終回、カイトクンとミソラチャンが空に溶けていくまで、切なさを加速度的に増していった福田沙紀チャンの恋心を見ていると、そのあまりにシュールな展開に思われた最終回の成り行きに、「なぞの転校生」 に通じるような何かを感じていた。

 「なぞの転校生」 は、「少年ドラマシリーズ」 でも白眉とも言えるドラマだった。
 ストーリー的には 「ゴーストフレンズ」 と似ても似つかない。 ただ、主人公たちの恋心が高まっていくのと、その展開がシュールさを増していくのと、同時進行である、という点において、このふたつのドラマはよく似ている気がする。

 そしてもうひとつの共通点。
 登場人物の、「青春のきらめき」 というものを、ドラマの中に封じ込めようとしている点だ。
 「ゴーストフレンズ」 では、なんといっても福田沙紀チャンと、カイト役の西島隆弘クンが、とても輝いて見えた。 少年少女たちは、やはりこの点に、いちばん心がときめくはずなのだ。
 って、断定してますけど。

 でも私が最終回でいちばん切なく感じたのは、福田沙紀チャンが次第に、ゴーストが見えるという能力を、失っていく過程だった。
 また、ミクとユイという、沙紀チャンの親友が旅立っていくところも、無性に悲しかった。

 そして物語の最終章、7年後の話。
 ゴーストが見える、という能力を持っている紗綾チャン、能力をかつて持っていた沙紀チャン、片瀬那奈サンの3人の女性を通じて、物語が受け継がれていくような、世代が受け継がれていくような、そんなことを感じた。

 それは、「少年ドラマシリーズ」 を見ていた私たちの世代から、新しい時代の 「少年ドラマシリーズ」(この木曜8時台のNHKドラマは、「ドラマ8」 というらしい)を見ている若い世代へ受け継がれる、物語の継承とも、似ている気がするのだ。

 抽象的な話で分かりにくかったでしょうか? スミマセン。

|

« 現代版 「悲しき玩具」 | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 阿南京子サンのオッパイ話 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

理沙(見える、という受付の女の子)役、紗綾の出演作品
「神の左手 悪魔の右手」(金子修介監督)アユ役
「渋谷怪談 THEリアル都市伝説」(福谷修監督)千尋役
「口裂け女」(白石晃士監督)中島志穂役
「少女霊 14歳の魂」(谷洋平監督)はな役
「地獄少女」(ドラマ版、日本テレビ)柴田つぐみ役
「漫画喫茶都市伝説 呪いのマンナさん」(BS-i)佐々木曼奈役
「山形スクリーム」(竹中直人監督)敏酒圭役
↑いろんなもの連れて来てそう

投稿: saaya_holic | 2009年6月12日 (金) 05時49分

saaya holic様
コメントありがとうございます。
紗綾チャン、ずいぶんこの手のホラーものに出てるんですね。 ちゃんと除霊してるんですかね? 精神的に強くないと、結構アッチの世界に行っちゃったりするなんて話、聞いたことがありますからね。
いや、それ以上に、こういうカワイイコは、ゴーストのほうがほっとかない、みたいな?

投稿: リウ | 2009年6月12日 (金) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45313755

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴーストフレンズ」 最終回 正統派 「少年ドラマシリーズ」:

« 現代版 「悲しき玩具」 | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 阿南京子サンのオッパイ話 »