« 「佐野元春のザ・ソングライターズ」 小田和正 前編 | トップページ | 「久米宏 ラジオなんですけど」 ビールってヤツは!クソっ! »

2009年7月18日 (土)

「A-Studio」 2009年7月17日 木之内みどりサンの思い出

 2009年7月17日 「A-Studio」 ゲストは、竹中直人サン。
 意気揚々と、いつもの怪人キャラで登場したんですが、18歳の大学生になったという、奥サンの木之内みどりサンとの娘が鶴瓶サンの取材で出てきてからは、完全に素に戻っちゃって、脱力感の塊になってしまって(笑)。

 その娘サン、白黒写真で、後ろ姿と顔の下半分の横顔しか出てこなかったんですが、何となく面影的に、木之内みどりサン、入ってるかなー、と。

 あーあ、ファンでしたよ、私、木之内みどりサン。

 なぜあーあ、というと、そういう人だったんですよ。

 若いころは、はかないあぶな絵のような、ちょっとミステリアスそうに見える女性に、あこがれたすること、あるんですよね。
 系統的に言うと、小林麻美サンとか。 大場久美子サンも、似た系統かな。 や、これらの人たち、みんなファンでした。 百恵チャン一筋じゃ、なかったんですな。 この浮気者。
 なにしろ、いくら思っても、自分の手の届かないところに存在していて、ある日突然いないなっちゃいそうな、そんな女性でした。

 そして木之内みどりサンは、実際に、突然いなくなってしまったのです。 ベーシストの後藤次利サンと、逃避行、即引退。 それまで彼女の歌には、人知れず注目していたんですが、「横浜いれぶん」 でようやく花開いた、と思ったその、矢先ですよ。
 相手が後藤サンっていうのも、ちょっとショックだったかな。 確か当時、吉田拓郎サンつながりで、結構知っていた人だから。 後藤サンは、それ以降、いいイメージがありませんでしたよ。 工藤静香チャンと組んでやってた時も、なまじいい歌をつくるもんだから、却ってハラが立ったり。 クソー、天才じゃんかって。

 結局後藤サンとは、その後別れてしまったんですが、そうだった、彼女、竹中サンと一緒になってたんだっけ、と彼女の面影が残る娘サンの写真を見ながら、ちょっと感慨にふけってしまったわけです。

 その彼女、娘サンと、大ゲンカするそうです。 そこに竹中サンが割って入って、結局竹中サンと木之内サンがケンカになってしまい、それを小学校6年生の息子サンがたしなめて終わる、という構図を、はからずもバラしちゃってました。
 それをなんとも、しゃべりにくそうに打ち明けている竹中サンを見ていると、木之内サン、いま本当に幸せなのかなあ、と要らぬ心配を、かつてのファンとしては、してしまうわけです。

 ま、大きなお世話ですけど。

 気になるのは、鶴瓶サンが取材で、娘サンに 「早く帰りや」 と言ったのに、その日の晩も帰りが遅かった、というところ。 ゆーこと、聞いとらんやんけ!(笑) 鶴瓶サンも怒ってたけど。

 でも、考え方は、しっかりしてそうでしたけど。

 …なんで私が、かつて好きだった女性の娘サンの心配をせにゃならんのだっ?(笑)

|

« 「佐野元春のザ・ソングライターズ」 小田和正 前編 | トップページ | 「久米宏 ラジオなんですけど」 ビールってヤツは!クソっ! »

テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

五十嵐淳子と二分する可愛らしさでした…
前面に出ないだけ神秘性増しますね!

投稿: ひろ | 2009年7月18日 (土) 10時37分

ひろ様
いやー、五十嵐淳子サンも、中村雅俊サンと共演した瞬間に、お嫁に行っちゃいましたからねー。 ホント、昔の女性は、表舞台から引っ込むと、飽くまで出てこない人が多いですよね。 すべてがそうではないですけど。

投稿: リウ | 2009年7月18日 (土) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45664443

この記事へのトラックバック一覧です: 「A-Studio」 2009年7月17日 木之内みどりサンの思い出:

» 吉田拓郎 [吉田拓郎]
最近気になる記事 [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 16時35分

« 「佐野元春のザ・ソングライターズ」 小田和正 前編 | トップページ | 「久米宏 ラジオなんですけど」 ビールってヤツは!クソっ! »