« サラウンドヘッドホンの使い心地 | トップページ | コジマと東芝の対応の悪さ、ちょっとね »

2009年7月11日 (土)

「BS熱中夜話」 マイケル・ジャクソン・ナイト後編

 2009年7月10日 「BS熱中夜話」 は、マイケル・ジャクソンのダンスを取り上げていました。

 マイケルの前でダンスを披露しマイケルに認められたというほどの、神業に近いパフォーマーのかたがいましたが、その人、ダンスだけでなく、顔までそっくり、表情もマネしている、という徹底ぶりで。 追悼式で披露したら、きっと世界的なヒーローになったんじゃないでしょうか?

 私の学生時代にも、そんな人がいました。 「ビート・イット」 や 「スリラー」 の振付を完璧にコピーしている人が。 まさかその人じゃないと思いますけど。

 マイケルのダンスの特徴は、アクションとアクションのあいだに、ピタッと制止する一瞬がある、というところですかね。 こういうダンスの仕方をする人は、私あまり見たことないんですけど。 つまり、オンリー・ワン、ということですよね。

 番組で指摘されていたマイケルのダンスの特徴としては、股によく手をやる、とか、帽子の使い方がキマってるとか。 「スムース・クリミナル」 の直立不動で前傾、っていうのも凄かったですよね。
 でもなんと言っても、ムーンウォークでしょう。 いろんなパターンがあって、ゴリサンができるのにはびっくりしましたけど。

 どちらかというと、マイケルのダンスは、パントマイムに近いものがある気がします。 結構、普通の人がやろうとすると、カッコ悪いような身振りがあったりする。

 「イン・ザ・クローゼット」 だったかなあ、両手を広げて、「丸見えです」 みたいなポーズをとったりして。 これ、フツーの人がやったら、相当カッコ悪いダンスだと思います。
 「ビート・イット」。 「熱中夜話」 では、西寺郷太サンが 「『ビート・イット』のダンスは、素人の不良を使ったので、踊りやすいダンスになっている」 と指摘していましたが、そうですね。 単純なところが、なんだか見ようによっては、カッコ悪いダンスなんですよ。 エンヤートット、みたいなところもあるし。
 マイケルが踊ると、それがとてもかっこよく見えたりする。 というか、カッコ悪さをカッコよさに変えてしまう魔法を、マイケルは持っていたんだと思います。

 いずれにせよ、もっと早い段階から、こんな真摯な姿勢でマイケルと向き合っている番組があれば、スキャンダラスでしかない若い世代のマイケルのイメージに、一石を投じることができたのに。
 残念です。 スタジオの皆サンで、「スリラー」 を踊っているところを見ていて、なんだかちょっと、グッとくるものがありました。 悲しい場面ではないんですけど。 振付を覚えるのって、相当入れ込んでないとできない話ですよ。 そんな、ファンのマイケルへのあふれる愛に、ちょっとオッサンは、こみあげるものが、あったわけです。

|

« サラウンドヘッドホンの使い心地 | トップページ | コジマと東芝の対応の悪さ、ちょっとね »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45595553

この記事へのトラックバック一覧です: 「BS熱中夜話」 マイケル・ジャクソン・ナイト後編:

« サラウンドヘッドホンの使い心地 | トップページ | コジマと東芝の対応の悪さ、ちょっとね »