« 「A-Studio」 2009年7月17日 木之内みどりサンの思い出 | トップページ | 「官僚たちの夏」 第3回 ジャパン・バッシングの始まり »

2009年7月18日 (土)

「久米宏 ラジオなんですけど」 ビールってヤツは!クソっ!

 2009年7月18日TBSラジオ 「久米宏 ラジオなんですけど」 は、「ビールってヤツは」。

 番組開始早々からノンアルコールの 「キリン フリー」 …っていうんですか?それを飲んでみる、久米サンとアシスタントの堀井美香アナ。 堀井アナ 「うわっこれ苦い…ホントにビールですよ」 久米サン 「これはうまいですねー」 堀井アナ 「顔が赤くなってきちゃった!」 久米サン 「(ノンアルコールなのに)なんで!(笑)」
 それにしても、このノンアルコールビール、ヤケに売れているらしいですが、第3のビールより高いのに、よく需要があるなあ、という気はします。

 続いて久米サン、キリンのラガーとサントリーのモルツを、同じグラスに注いで、「分かりますよねこれ…キリンとサントリーの、合併です!」 と言いながら、「これが合併の味かぁ!」。

 ちょっと、やめてもらえません?(笑)
 まだ真っ昼間ですってば!(笑)
 だけど昼間っから飲むのって、こたえられないんだなー(笑)。

 ラジオを聴いている人のなかには、その時の、ビールをグラスに注ぐ音がたまらなくなって、ビールを飲んでしまった人が続出。 中には、ビールを買いに行く人まで出る始末。
 って、番組のなかでリスナーの声が紹介されてましたけど。

 番組に寄せられた声のなかで、私が激しく同意したのは、バイトでくたくたになって、のどがカラッカラになった時にビールを飲んで、それまで苦いだけだと思っていたビールが、初めてこんなにうまいものなんだと気付いた、っていうコメント。
 久米サンは、ビールをあまり好きではないという堀井サンに、「こういう経験がない君はカワイソウだ」 と言っとりましたが、そうだなー、私もそういう経験があったからこそ、それからビールを飲み続けているわけですし。 それまでは、「こんなに苦いもののどこがうまいんだ」 って思ってましたよ。 それが、劇的に変わってしまうんですからね。 この味覚のコペルニクス的転換は、いったい何なんだ!…って、オマエは彦麻呂かっ!(笑)

 「ビール工場で飲むビールは、本当にうまい」 って久米サンおっしゃられていましたが、はあ~、体験してみたいもんです。
 私が本当にうまいと思うのは、やはり飲食店の、サーバーから注がれたビールですかね。 あれって、なんでフルーティな味がするんですかね?
 家庭で飲むと、缶ビールって、本当にどうでもいい味です。 個人的な感想ですけど。 こんな程度なら、べつに発泡酒でも第3のビールでも、大差ないと思います。 ビンビールは、まだマシですけど、やはりサーバーで飲むヤツには、とてもかなわない。

 それにしても、飲みながらの放送って、「タモリ倶楽部」 もそうですけど、なんでこんなに面白いんですかね? 久米サン、いつもよりテンションが高かったです。 ゲストの学者の方(?)にも、ビールを勧めてました(笑)。 あまりにもうまそうに飲むので、交通情報をやっていた阿南京子サンから、「今日は私、久米サンがサディストだということが分かりました」、と言われる始末(笑)。

 それにしても、夜になるまで、我慢できそうもないなあ。 ビール。 クソっ!(笑)

|

« 「A-Studio」 2009年7月17日 木之内みどりサンの思い出 | トップページ | 「官僚たちの夏」 第3回 ジャパン・バッシングの始まり »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45666417

この記事へのトラックバック一覧です: 「久米宏 ラジオなんですけど」 ビールってヤツは!クソっ!:

« 「A-Studio」 2009年7月17日 木之内みどりサンの思い出 | トップページ | 「官僚たちの夏」 第3回 ジャパン・バッシングの始まり »