« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月29日 21世紀ベストソング | トップページ | 「BS熱中夜話」 マイケル・ジャクソン・ナイト前編 »

2009年7月 3日 (金)

「永六輔サンの引き際について考える」 のココロだーっ

 6月30日付(2009年)の毎日新聞で、名前は明記していなかったが、明らかに永六輔サンのことを書いた投書が載っていた。
 その投書の大意は、なにをしゃべってるのか分からないのにいつまでも今の地位にしがみついていないで、後進に道を譲ったらどうだ、とまあ、スゲエミもフタもない言い方をするとそうなる(笑)。
 毎日新聞だけでなく、ほかの新聞にも同様の指摘をする投書が来ているらしい。

 確かにここ数年、永サンがご出演されているラジオを聴くと、言っていることの半分くらいしか分からない状態だ。
 その原因は、ご本人によれば入れ歯の不具合だというが、それにしたってその理由を聞かされ続けてだいぶ経つ気がする。 いくら治療してもちゃんと治らないのか、はたまた老化によるものなのか、真相としては不明である(追記 この記事以降は 「老化です」 とはっきりご本人が言うようになった)。 
 永サンは最近でも、実際脇腹を骨折したり、足をくじいたりと、一歩間違えば寝たきりのきっかけになってしまうようなケガをよくしていらっしゃるので、それも滑舌にどこか影響がある気がしてならない。

 もともと永六輔サンという人は、舌足らずなのに早口だ、というしゃべりの特徴があった。
 その早口の人が、入れ歯の具合が悪いという理由でろれつが回らなくなっているのは、実に痛々しく聞こえたりもする。 ご本人も、ゆっくりしゃべろうと心掛けてはいるそうなのだが、いかんせん長年のくせは、一朝一夕には直らないものだ。

 数日前、「大沢悠里のゆうゆうワイド」 を聴いていたら、毒蝮サンが突然永サンのことについてしゃべりだした。 「90のおじいさんだと思って聴けばいい」 とか、確かそんなことを言っていたと思う。 そういうのもどうかな(笑)、と思ったが、蝮サンの気持ちはよく分かる。 悠里サンも永サンを擁護していた。
 おふたりとも、永サンとは長い付き合いである。 TBSラジオは長寿番組が多いが、同じ時代をラジオで頑張ってきた同志としての気持ちが、永サンを擁護させるのだろう。

 私も、同じ気持ちである。
 私も、永サンのしゃべりを、ずいぶん長い間聴いてきた。
 いまさらそのしゃべりがなにを言っているのか分からなくなったとしても、その部分はこちらの想像で補ってやればいい。 分からないのだから交代すればいい、っていうのは、実にドライな考えだ。
 永サンのまともにしゃべれないのに文句を言わないのは、今まで長い付き合いをしてきた、礼儀というものだろう。 永サンのケースは、ラジオを聴く側の礼儀とか、人間としての温かさが、問われている問題なのだ。

 ただ、それでも私は、永サンに願わずにはいられない。
 一度本気になって休養をとって、入れ歯も脇腹も、徹底的に治されたらいかがですか、と。

 永サンが休めないのは、公演だとか、地方に呼ばれることが多いせいなのではないか、と私は考えている。 違ったらゴメンナサイだが。
 なんか、「土曜ワイド」 で永サンの一週間の出来事を聴くにつけ、この人って忙しすぎるのではなかろうか、と考えたりするのだ。
 今はやめてしまったらしいが、昔は自分宛てに来た便りには、すべて返事を書いていた、という永サンである。 そんな義理堅い人が、いろんな依頼を断れるはずがないではないか。

 ラジオを休んだことがない、ということを永サンはよくおっしゃっているが、ここはいったん、それにピリオドを打ってでも、ちゃんとお体を治されたほうが、いいように思う。
 なにを言っているのか分からない、なんていうこと自体が、ラジオのパーソナリティとしてのご自分のプライドに、さし障るのではないか、と。

 ご本人の事情もよく分からないで、推測に基づいてこうするべきだなどと書くのは、大変失礼だとは思うのだが、あえて書かせていただきました。
 永サンには、いつまでも元気で、ラジオに出てほしいのです。

|

« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月29日 21世紀ベストソング | トップページ | 「BS熱中夜話」 マイケル・ジャクソン・ナイト前編 »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45521371

この記事へのトラックバック一覧です: 「永六輔サンの引き際について考える」 のココロだーっ:

« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 2009年6月29日 21世紀ベストソング | トップページ | 「BS熱中夜話」 マイケル・ジャクソン・ナイト前編 »