« 映画 「レット・イット・ビー」 私情レビュー | トップページ | 拓郎サン!病気治すのが何よりも大事です! »

2009年7月 9日 (木)

「SONGS」 2009年7月8日 アリス べーやんと一緒に泣きました

 NHK 「SONGS」 2009年7月8日は、アリスのスタジオライヴ。 400人の観客を四方に配して歌います。

 1曲目は 「冬の稲妻」。 のっけから矢沢サンのドラムにシビレます。 しかもツインギターがレコードの感触とほとんど同じで、もうすっかり、アリスの世界です。 谷村サンは以前より抜けたようなシャープな声、堀内サンはハスキーな声に磨きがかかってます。 いやいや、皆さんそれなりに、外見上は年を重ねられていますが、アリスとしてのみずみずしさが全く失われてなくて、なんか無性にうれしい。

 この 「冬の稲妻」、初めて聴いた時は、矢沢サンの、それこそ 「稲妻」 のようなドラムの虜になったものです。 ビートルズの 「カム・トゥゲザー」 もそうなんですが、うまいドラムプレイ、というのは、タイコの数以上に、タイコが存在しているような錯覚を与えてくれるもんなんですよ。 いったいドラム何個叩いているんだ?って思いましたもん、当時。 しかも、ステレオで聴くと、片方から片方へ、ホントに雷みたいに流れていくんですよ、ドラムの音が、この歌。 これは、相当なカルチャーショックでした。
 それからこの曲でしびれるのは、「You're rollin' thunder」 のとこですよね。 私の記憶している限りでは、英語をこんなに効果的に歌詞のなかに入れた曲って、この曲が初めてじゃないですかね。 サザンよりも先でした。 あ、「黒の舟歌」 があったか。

 続いてアリスの活動を振り返るVTRヒストリーでしたが、なんと言っても 「ザ・ベストテン」 のVTRには驚きました。 さっきまで 「クメピポ!」 で見ていた久米サンが出てくるんですから。 声だけですけど。 「チャンピオン」 で初めて1位になった時のものでした。

 次はメドレーで、「涙の誓い」「ジョニーの子守歌」「狂った果実」。 いやー、フルで聴きたかったなあー。 ずいぶんみんな久しぶりに聴きましたが、なんか、みんな、歌詞がいいし、メロディもいい。 つくづく、谷村サンと堀内サンは、和製レノン=マッカートニーだと思いました。 ちょっとほめすぎかもしれませんが、この二人の創作能力における均衡関係というのは、ジョンとポールに近い気はします。

 ところ変わって、今度は神田共立講堂に向かう3人。 フォークの聖地と謳われた場所でしたが、現在は消防法などの縛りがあってコンサートの貸し出しは一切していません。 ここで今度、1回だけアリスがライヴをするそうなんです。 「2階ってこんなにせり出てたんだー」「だから盛り上がったんだね」 と感激する3人。

 スタジオライヴに戻って、曲は 「今はもうだれも」。
 いやいやいやいや、燃えます、この曲。
 夜中だってのに、我慢できずに一緒に歌ってしまいました。 どうにも、ウルウルしてしまって。

 この曲の後の堀内サンのMC。 泣けました。
 「プロになるのは、これはね、決定打だった、『ベーやんしか考えてなかったから』 って(谷村サンから)言われて…やっぱりメチャクチャ、うれしかったです…こうしてまた、会えて、アリスという母艦に、故郷に戻れて、なんか胸いっぱいです有難うございます」 と、こみあげてくるものを押さえきれない堀内サン。 こっちこそ有難うございます。

 そしてラストは、「帰らざる日々」。

 文化放送 「セイ!ヤング」 の貴重な音源まで飛び出したり、NHKの取材力には頭が下がりますが、欲を言えばこんな、30分番組1本だけでなく、もう1回くらいやってほしかった。 えー、もう終わりなのーって感じ。

 出来れば今後は、もっと頻繁に再結成してほしいものです。 1年に1回だけでも。 また紅白でるとか(追記 この年2009年の年末に、アリスとして紅白に出ました)。

|

« 映画 「レット・イット・ビー」 私情レビュー | トップページ | 拓郎サン!病気治すのが何よりも大事です! »

テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45579082

この記事へのトラックバック一覧です: 「SONGS」 2009年7月8日 アリス べーやんと一緒に泣きました:

« 映画 「レット・イット・ビー」 私情レビュー | トップページ | 拓郎サン!病気治すのが何よりも大事です! »