« ねがい | トップページ | 「森山良子のハートオブポップス」 10月2日で終了だって »

2009年8月28日 (金)

「任侠ヘルパー」 第8回 捨てられる組長?

 毎度ですが、「ネタバレ」 ですので、よろしく。

 草彅クン(翼彦一)の所属する隼会と敵対する鷲津組の組長、竜雷太サン(鷲津莞爾)が 「タイヨウ」 の施設にやってきた、「任侠ヘルパー」 第8回。 くさなぎクン、さっそく松平健サン(鷹山源助)に報告するも、「いつも通り仕事してろ」 と、つれない返事。 松平サンのそばには、なんと山本裕典クンが。 …って、彼だったよなあ。 どうもオッサン、興味ない人の顔って、なかなか覚えられなくて。
 いっぽうハートフルバードの夏川結衣サン(羽鳥晶)は、若年性認知症であることを会議で突っ込まれて、にっちもさっちもいかなくなる状態。

 今まであまり気にしてなかったが、竜雷太サンが 「鷲」 で、松平健サンが 「鷹」、と聞いて、「鷲と鷹」 かあ、石原裕次郎サンの映画にそんな題名のがあったよなあ、と思ったら、あれ?そういえば、草彅クンの役名は 「翼」 だし、夏川結衣サンの役名も、「羽鳥」。 おまけに 「隼会」 に、「ハートフルバード」。 ついでに言えば、仲里依紗チャンは 「美空」 チャンだし。 なんだか、ヘンな共通点を発見。 えっ、そんなのとっくに分かってたって?
 ただ、その「空」 とか 「鳥」 とかにまつわる名前の共通点がもつ意味は、ちょっと分からない。 なんなんですかね? 主要人物全員じゃないし。

 それにしても、鷲津組の組長ともあろうお方が、「姥捨山」 に捨てられ状態。 いくらなんでも、ひとかどの組の親分をこんなないがしろにすることって、あるのだろうか?
 ドラマですから、と言われれば、返す言葉もありませんが。

 ホームに着くなり相部屋という、組長にはあるまじき屈辱の待遇で、竜雷太サンもイライラしっぱなしだが、その相部屋の老人が、…これが何だか、竜雷太サンにそっくりだったなあ。 最初は一人二役か、と思ったくらい。
 だがこれは、たぶんわざとそうしたのだろうと思う。
 そうすることで、組長がもうひとりの自分、みたいなドッペルゲンガー的親近感を持つきっかけになっているように、私には思えるのだ。 ふたりを交互に正面から映す方法は、まるで鏡に向かってしゃべっているような錯覚を、見る側に提供する。 そのうちに打ち解けるふたり。

 同じころ、鷲津組の連中が、黒木メイサ組(笑)の田中哲司サンに怪我を負わせる。 これを黒木メイサチャンが4日の間知らされなかった、というのも、鷲津組長に負けずとも劣らぬ 「ないがしろ」 ぶり。 まあ、田中サンには彼なりの思うところは、あるのだが。 それにしても、同様の話を併行させる、というのも、このドラマの作り手のうまいところだ。

 竜雷太サンと同室だったジイサンが2度目の心筋梗塞で完全な植物状態になってしまった時、ようやく現れた家族。 病室でのやり取りは、先ごろ決まった臓器移植法案も視野に入れて、「脳死は人の死か」 という問題に、実際に直面してしまった時の、家族のありかたとはどうあるべきかを、真正面から見ている側に問いかけるものだった。

 竜雷太サンは 「こんな状態で生かしてもらって、家族もろくに来やしないで、生きてたってしょうがねえじゃねえか」 という立場。
 それを止める草彅クンは、「これは当事者である家族ひとりひとりの問題なんだ」 という立場。
 息子の梶原善サンは、「いくら息をしているだけだからと言っても、生きていてほしいんだ」 という立場。
 三者三様、それぞれに正当性があるだけに、私も考え込んでしまった。 とても難しい問題だ。

 「病院も施設も姥捨山だ」 と嘆く竜雷太サンの前に、殺気立った黒木メイサチャンが登場。 なんだか組に見放されているような組長のタマを取ったところで、しょうがない気もするのだが。 どうも鷲津組の連中が、そう仕向けているような感じもするのだが、いちいちメイサチャンにやらせるなんて、ややこしい気もするし。 どうなる次回。

|

« ねがい | トップページ | 「森山良子のハートオブポップス」 10月2日で終了だって »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46048238

この記事へのトラックバック一覧です: 「任侠ヘルパー」 第8回 捨てられる組長?:

« ねがい | トップページ | 「森山良子のハートオブポップス」 10月2日で終了だって »