« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 8月24日 ウイスキーはお好きでしょ? | トップページ | 飛ぶ雲 »

2009年8月26日 (水)

「LIFE 井上陽水 40年を語る」 の話の前に、クスリの話

 まず、この記事は井上陽水サンを非難するものではまったくないことを、はじめにお断りします。 また麻薬の使用に関して、賛成するものでもありません。

 NHK教育テレビで、井上陽水サンの4夜連続特集をやっているのだが。
 その内容とは別に、まず書きたいことがある。
 陽水サンが大麻をやって逮捕された事実が、すっぽり抜け落ちていることについてである。

 確かにこの特集では、いろんな分野の人々の証言で陽水サンの人となりを理解させ、内容に深みを持たせることに成功している。 だからわざわざ、陽水サンが大麻で逮捕されたことなど触れる必要のないほど、番組として完成されている。
 だが、あえて活動の暗部に光をあてることによって、さらに深い番組には、ならないだろうか。 そのことで、陽水サンが過去の過ちとどう向きあっているのかが、分かる機会を得ることにはならないだろうか。
 いま、麻薬のことを取り扱うのは、デリケートすぎるきらいもあろうが、陽水サンの40年を考えるうえで、麻薬が陽水サンの作品に及ぼした側面や、その逮捕によって活動が委縮してしまった時期を言及する部分も、あっていいのではないかと、思うのだ。
 別に番組に、ケチをつけているわけではないので、誤解のないように願います。

 番組では、「氷の世界」 のあきれるほどのヒットを受けた、陽水サンの戸惑い、苦悩というものに言及して、麻薬に手を染めたことを匂わせてはいる。
 でも、こうして過去の過ちに背を向けた番組作りをするのは、「いまさら過去の傷をほじくり出してどうする」「そんな必要はない」、といった考え方が支配的である、現代日本の風潮を反映しているようにも、私には思えるのだ。

 私はここで、過去に犯した犯罪を糾弾しろ、と言っているのでは、けっしてない。

 私が言いたいのは、「過去に麻薬をやっていた、と明かすことは、はたしてタブーなのだろうか?」、ということだ。

 ここで私が念頭に置いているのは、ビートルズやエリック・クラプトンをはじめとした、外国のミュージシャンたちのことである。
 彼らも一様に、ドラッグをやっていた時期があったりするものだが、そのことについて、いまの日本のようにまるで腫れ物に触るような扱われ方をしているケースを、私は見たことがない。
 ポール・マッカートニーなどは、自分がドラッグをやっていることを公言したり、わざわざ日本に大麻を持ち込んで逮捕されたりしているくらいだ。 だが彼の活動を振り返るのに、けっしてそのことはタブー視されていないし、その事実がネガティブにとらえられることは、まずない。
 また、ビートルズも、LSDのような、チョー危険なドラッグをやっていたというのに、それが彼らの評価を下げる要因にならないし、その影響下に作られた曲の分析は、相変わらず熱心に行なわれている。

 いまの日本には、個人の過去の犯罪を取り上げることをよしとしない傾向と同時に、犯罪を徹底的に憎む傾向がある。
 その常識ある人々から見れば、そんなラリビー(トルズ)の作った曲など、出荷停止にしてしまえ、発禁にしてしまえ、と排斥運動が起こっても不思議ではない。 もし世界中がそんな潔癖な人々だらけであったとすれば、いま現在、ビートルズというのは、ちっとも評価されない、見向きもされない存在になったに違いない。

 ビートルズの犯罪歴を問題視しない人々は、「いまさら過去の傷を持ち出してどうする」「そんな必要などない」 と考える人々との態度と、一見共通しているようにも思える。 だが、過去の犯罪歴を話題にする必要なんかない、という態度は、その犯罪を徹底的に忌み嫌っているのと、結果としては同じ態度なのではないか、そう私には思えるのだ。 …ちょっとややこしいかな。

 今回の陽水サンに関しては、事実は知る由もないが、ご本人が過去の犯罪に触れられたくなかった可能性はあるし、教育テレビという局の性質上から、麻薬に関しての言及は避けたとも考えられる。

 そのことにかんして、あえて私がどうのこうの言う立場にはない。

 だが、このように、天下のNHKで特集を組んでもらうということは、陽水サン自身が、過去の過ちを見事に乗り越えられたことの証左なのでは、ないだろうか。 そしてそのことをいたずらに避けることなく、ふつうに論じられるような世の中のほうが、健全な世の中のように、私には感じられるのだ。

 陽水サンと交友があった阿佐田哲也サンや、忌野清志郎サンの生き方や言動は、現代に生きている人々から見れば、破天荒で過激な部分が、多分にしてある。 陽水サンが麻雀で金を賭けているような部分も、それとなく番組では匂わせてもいる。
 現代の日本人は、そのような非合法的な部分を、いたずらに消し去って、ただ綺麗事みたいなことばかりを、もてはやしすぎてはいないだろうか。

 陽水サンが麻薬で逮捕されたということを避けるのは、いまの日本が、そんな建前上の綺麗事ばかりを尊重する国になってしまったことが原因であるように、私には思える。 そして、法律に違反した者に対して、必要以上に排斥する傾向のなせる業のような気がする。 うがった見方だが、大宅壮一サン風に言えば 「一億総ワイドショーコメンテーター化」(もちろん一億総、などということはない)とでも呼べるのではないだろうか。

 私が危惧するのは、過去の過ちにフタをしてしまわねばおさまりのつかない、現代の 「変に潔癖過ぎる」、その風潮、なのだ。

同番組に関するほかの記事
第1夜http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/life-40-beatles.html
第2夜http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/09/life-40-2-14fc.html
以降なし

|

« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 8月24日 ウイスキーはお好きでしょ? | トップページ | 飛ぶ雲 »

テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46036506

この記事へのトラックバック一覧です: 「LIFE 井上陽水 40年を語る」 の話の前に、クスリの話:

« 「桑田佳佑の音楽寅さん」 8月24日 ウイスキーはお好きでしょ? | トップページ | 飛ぶ雲 »