« 今日は、多摩川花火大会です | トップページ | リマスターCDだけではない、ビートルズ関連の支出 »

2009年8月23日 (日)

「佐野元春のザ・ソングライターズ」 松本隆(前後編)

 「佐野元春のザ・ソングライターズ」 ゲスト松本隆サン。

 私個人としては、松本隆サンのイメージは太田裕美サンや松田聖子チャンのメイン作詞家。 「流行作詞家」 の域を出ないイメージ。
 はっぴいえんどの曲は2,3曲知ってはいるものの、その曲の詞が松本サンであるのは、ちょっと信じられない気がする。
 けれども、若い時分にはある意味とんがった、世間に対して挑戦的な作風をしたくなるものだ。 松本隆サンにもそのような時代があり、やがてポピュラーミュージックの中核的な役割として、言ってみれば 「売れる」「大衆受け」 するような作品を量産する、転換点というものがあったはずだ。

 私の興味は今回その点に集中していたし、佐野サンの興味のひとつもそこにあったようで、佐野サンはそのような質問を松本サンに対して繰り出していたが、松本サンから明確な回答を得られたようには感じなかった。
 だが、講義が進行していくうちに、話は別の方向で、興味深い方向へ分け入っていった。

 今年還暦を迎えられた松本サンは、それなりに年を重ねられた印象。 ぼそぼそとした独特の語りで、はっぴいえんど時代からを振り返る。

 1970年代初頭に内田裕也サンなどと繰り広げられた 「日本語ロック論争」。 これも松本サンは 「むこうは大御所ばかりなのにこっちは20歳そこそこの実績のない若造。 それなのに、『ぼくたちはぼくたちの正しいと思っていることをやる、あなたたちは自分のやりたいことをどうぞ』、とよく堂々と渡り合えた」、あれは既成の権威に対する反発だった(主意)と読み解く。 そして、その抵抗はずっと自分の活動のベースにある、と語る。

 ここで興味深かったのは、「困っちゃうのは自分が権威になっちゃったとき」 と自虐的に松本サンが語った部分だ。
 元春サンが 「ハートのイヤリング」 で松田聖子チャンの作曲を依頼された時、松本サンから開口一番 「佐野クン松田聖子プロジェクトというのはね、ナンバーワンでなけばダメなんだよ」 と言われたエピソードを番組後半に披露してくれたが、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった松本サンが、ひとかどの権威の側に立っていたことを、みずから自覚していたことを示す話だ。 本人も、いやなヤツだねェ、と笑っていたが。

 はっぴいえんどではいつも詞が先行だったそうだ。できた詞をメンバーに配り、それぞれ大瀧詠一サンや細野晴臣サンが取っかえっこしたりして曲をつくる、とか。 あの名曲 「風をあつめて」 でも、最初 「手紙」 という詞だったが、結局 「風をあつめて」 という部分しか残らなかったらしい。

 この 「風」 という言葉、定型質問のコーナーでも好きな言葉として、「ベタだけど」 と言いながら松本サンは挙げていた。
 不思議なことに、吉田拓郎サンなどもそうだが、ソングライターたちは 「風」 という言葉が好きな人が、多いように感じる。 つかみどころがなく目には見えない、けれど厳然とそこにある、その自由なありよう、その普遍的なものに、自分の居場所を求めて惹かれるのだろうか。
 後半、「大切なものは目には見えない」「それを表現者は手を変え品を変え表現する」 といった趣旨のことを、松本サンは述べていた。

 その後編では、松本サンが 「運命を感じた」 と言う、松田聖子チャンとの邂逅。

 「80年代を代表する、」 という元春サンの言葉をさえぎって、「彼女は80年代だけでなく、戦後を代表する歌姫である」 と位置付ける松本サン。 松田聖子は全身で感情を表現する、「身体表現の、パフォーマンスの天才だ」 と。
 レコーディング当日に曲を渡すと、瞬時にそれを自分のものとして吸収し、3テイクくらい録ると出来てしまう、聖子チャンの消化力の凄さを絶賛していた。

 ただ現在、松田聖子チャンは、正当に評価されていない感じは、個人的にだが、する。
 ヒット曲を連発した大物アイドル歌手、という評価だけで、なんだか埋もれてしまっているような。
 私は松田聖子という人は、単に大物アイドルだけでなく、それまでのアイドルというものの既成概念をぶち壊した人だと思っている。 歌以外の影響力を発揮した点で、新しい時代の女性像を体現した人だ、と思っている。

 それでも、松本サンは80年代だけではないと語っていたが、個人的な感じで言うと、やはり元春サンが最初に指摘したように、現在のところ、聖子チャンの時代的なカテゴリーは80年代に限定されてしまっているような気がする。
 あまりにオーソリティになってしまうと、素直にその人を評価しようという動きがなくなってしまう、現在聖子チャンはちょうどその時期に当たっているのではないかと思うのだ。

 余談だが、この番組で流れた2008-2009年のライヴの模様も、個人的にはちょっとがっかりしたかな。 キイが下がっているのが。 キイを落とすなどというのは、プロフェッショナルな歌い手には、あるまじきことだと思うのだ(意見には個人差があります)(気を悪くされた方には、お詫び申し上げます)(後記 : この件は、コメント欄で細かく触れましたので、よろしければそちらをご覧ください)

 聖子チャンのシングル盤は、B面の名曲が多いが、松本サンはビートルズにならって、B面も手を抜かなかった、と言う。
 この記事冒頭で触れたが、松本隆サンが、はっぴいえんどの時代から流行作詞家としての変容を遂げた原因のひとつは、やはりこのビートルズのありようが、ひとつのきっかけになっていたことがあるようだ。 ビートルズは絶えず変化をし続け、自分たちのやりたいことを形にし続けた。 私は、そのビートルズの変化が松本サンに与えた影響を見たのだったが…。

 「なにも変化してない。 ビートルズっていうのは、質も量も高かった。 はっぴいえんどは最初から量を切り捨てて、ファンサービス一切ゼロ。 受けなくて当たり前で、最後のほう受け始めたら、それも居心地が悪かった。 松田聖子プロジェクトにかかわったのは、質も量も狙いましょう、と。 時代が追いついたんだと思う。 ある種はっぴいえんどの延長のことやってるだけなんだと。 大瀧サンひっぱり出して、細野サンひっぱり出して。 いまだに 『天国のキッス』 が最高傑作だと思っているのね」

 「なにも変化してない」 と言う松本サンにはちょっと違和感を感じたが、「自分の正しいと思うことをやる」 というはっぴいえんど時代の態度は、まったく変わっていない、ということなのだろう。
 それに、松本隆サンのつくる詞は、はっぴいえんど以降第1作目の 「ポケットいっぱいの秘密」(アグネス・チャン)から、ほとんどぶれていないと言っていい。

 「売れるモノをつくる」 という松本サンの姿勢を追求し続ける佐野サン。
 「いいものだから売れる」「スキルは重要。 語彙の多さも重要。 でも覚えたあとは忘れたほうがいい。 ハウツーで書いた曲はものすごく浅い。 ぼくはいつも真っ白で、そこがいいんだ」(主意)
 「時代を映す鏡ではありたいとは思うんだけど、松田聖子がこんな形で残っていくというのは予測ができなかったのね。 ある意味、時代と歌って関係ないんじゃないかなって(笑)。 なにが普遍か、っていうのを考えたほうが、逆にいいかもね。 時代を読んだり先読みしたり予測したりとかみんな考えるんだけどね、普遍的なものを作り出したほうが、売れるしお金になるっていう、ことだよね。 お金になるっていうのはさ、悪くとらないで、ものすごく現実的な評価だと思うのね。 マーケティングするとね、最初に作ろうと思った時から1年遅れる。 それより、自分のアンテナを磨いていれば、どんなに時代が変化しても、それに対応できる」
 「大衆に支持されている、大衆のなかに残っていく、っていうのが、もっとも重要なこと。 アカデミックにほめられることは、ぼくは頭から一切無視している。 だから、常に大衆だけだね、ぼくが気にしているのは」

 ここらへんの言葉が、流行作詞家としての道に舵を切った、松本隆という人の本質なのではないか、そう感じる。
 ただ、「大衆のなかに残る」 といった点で、いま私自身、松本サンの書いた詞のなかで何が残っているのかを思い返してみた時、あまり大した文句が思い浮かばない、というのは、ちょっと複雑な気持ちになったりする。 「タバコの匂いのついたシャツ」 とか、「都会の絵の具に染まらないで」 とか。 確かに、そこにはハッとするような気の利いたフレーズはあるものの、それ以上の深い思索をすることはできない。 印象的な情景が無限にちりばめられているが、松本サンの本音が、そこから聞こえてくることは、あまりない。

 大衆受けする音楽の、それが宿命なのかもしれないが、松本サンの本音が書かれた作品に、ちょっと触れてみたくもなる。 聖子チャンの曲一曲一曲に込められた、松本サンの言いたいこととは何だったのか、もっと突っ込んで触れてみたくなる。 ぼそぼそしたしゃべりのなかで、その本音をもっと訊き出したくもなった、今回の 「ザ・ソングライターズ」 だった。

« 今日は、多摩川花火大会です | トップページ | リマスターCDだけではない、ビートルズ関連の支出 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

女性歌手が加齢で声が低くなるのは例外なし。
男声が声変わり以降音域が高い方に広くなっていくのに対して
女声は20代以降個人差で遅らすことはできても
高い方から音域が狭くなっていくことは必然なのです。
故にクラシックのソプラノ歌手も本当にいいのは7から10年ほど
その後はレパートリーが限られてきます。

若い頃の持ち歌を歌わなければならない人は
そこらへんがつらいところ。

あと微妙に誤解しているところがあるけど
そこは会ったときに話しましょう。

フレーズが残る残らないは聞き込み方や
相性があるからしょうがないことです。

流行作詞家に舵を切ったというのは見方の違いだけど
結果的にそうなっただけで事実はまったく違うと思う。
全部の詩作に目を通しておっしゃってるのかは
わからないけど70年代の凡庸なところから
80年代にはさらに先鋭的になっているのは
どう見られますか?

お若いので自身の成長による変化でで70年代と80年代が
別の自分であるあなたの世代と
十分大人だったので70年代80年代とほぼ同じ
感覚で時代の変化を捉えられた我々の世代の
違いというのも考慮しなければならないですが。

「この前はお世話になりました」 様
 コメントありがとうございます。 「この前」 がいつかは分かりませんが、以前にもコメントをして下さった方らしいですね。 再度の当ブログへのお運び、またきちんと記事を読んでくださり、ホントにありがたいです。

 私も慎重に言葉を選びながらこの記事を書いたつもりですが、御不快な思いをさせてしまったこと、お詫び申し上げます。

 まず、聖子チャンのプロフェッショナル云々の話について申し上げます。
 私のこれまで見てきた女性歌手のなかには、加齢による声域の低下を克服した人が、何人かいました。 美空ひばりサンとか、二葉百合子サンとかですね。 森山良子サンなんかも、そうでしょうか。
 それはソプラノ歌手のような高い技術力を必要とするジャンルの歌手でなかったからそうできたのかもしれませんが、それは大変な努力の上に、若いころの声域を保っているのだろうなと思ったものです。 若いころのキイのまま歌う、というのも、その歌手の方にとって、歌手としてのプライドがそうさせるのではないか、と思います。
 そんなモノの見方をしてきたので、ちょっと聖子チャンにはきつい書き方をしてしまいました。 あらためて、お詫び申し上げます。

 また、「フレーズが残らない」 云々の話について申し上げます。
 これも、私の説明不足で御不快を感じさせてしまったことには、重ねてお詫びいたします。
 見解の違いという点もあり、ここではあえて弁明は致しません。 こういう考えかたもあるということで、ご理解いただけたら幸いです。

 それから、「流行作詞家に舵を切った」 云々について。
 これは、単に私が数曲しか知らないはっぴいえんどの、松本サンの書いた詞と、「ポケットいっぱいの秘密」 以降の松本サンが書いた詞を比べて、方向性がだいぶ違うのではないか、と思ったことから書いた表現です。
 また、当時全盛期だったアグネス・チャン、また後年では聖子チャン、に詞を提供するのは、「流行作詞家に舵を切った」 と、ある意味言えるのではないでしょうか。 でも私はそれを、非難する立場にはありません。 またそのようなつもりで書いたのでも、ありません。 それでも、私の書き方が不遜だったと思いますので、この点については、反省いたします。

 松本隆サンという作詞家は、私の年代で言えばヒットメイカーのひとりで、記事中にも触れましたが、太田裕美サンの曲などでは、その世界を堪能しました。 「70年代が凡庸」 とおっしゃられていましたが、私の場合、70年代のほうが、ちょっとばかり思い入れが強いかな。
 80年代に入ってからの松本サンを評価するのかしないのかは、やはり個人的な問題ですが、「この前はお世話になりました」 サンのおっしゃられるように、言葉のひとつひとつが持つ感性は、80年代には鋭さを増していったように感じます。
 ただ、その言葉のインパクトにとらわれて、なんだか薄っぺらいような感じになったなあ、とは思っていました。 これは、私だけの感覚かもしれませんので、気に障ったらお許しください。

 ともあれ、このように真摯に、私の記事にお付き合いくださり、とてもありがたいと思っております。 またお気づきの点があれば、コメントいただければ、幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「佐野元春のザ・ソングライターズ」 松本隆(前後編):

« 今日は、多摩川花火大会です | トップページ | リマスターCDだけではない、ビートルズ関連の支出 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ