« 「風の絵師」 第8-13回 御真画師の顛末 | トップページ | 「官僚たちの夏」 第7回 政治家の信念 »

2009年8月15日 (土)

「タモリ倶楽部」 首都高大橋ジャンクション・前後編

 「タモリ倶楽部」 は2009年8月7日・14日深夜(一部除く)の2回にわたって、現在建設中の首都高大橋ジャンクションの工事現場を歩くシリーズ。

 国道246の池尻大橋駅あたりから、なだらかな坂、なに坂っていうんですかね、江戸時代からこの坂は大山街道の心臓破りポイントだったとか、その坂にくっつくような形で、大きいドーム状のものが、いま建設中です。
 反対がわには、大きなダクト。
 でっかくて、新たな観光名所、まではいかないが、話題くらいにはなりますかね。

 近所じゃありませんが結構通ります。 このジャンクション、構造物自体が大きいので、結構周辺に住んでいる方たちは、今までの景色が遮られちゃう場合が多いように、はた目には思うんですけど。
 それともこの新しい構造物が見えるのが、結構おしゃれになるのかな。

 まず山手通りの松見坂交差点のあたりから地下60メートルに潜る一行。 「ダンプがこの穴に突っ込んできたら大変なことになるね」 とタモリサン。 こういうむき出しの階段を降りていくのに、安全帯、よーするに命綱は工事現場には必須なんですけどねえ。 見学者は、別にいいんですかねえ?
 この時点で、近くの地下を走っている、東急新玉川線との位置関係が気になります。
 結構近いんじゃないのかなあ。
 まあ、タモリさんの話じゃないけど、ダンプがどこかに突っ込んで新玉線と激突!なんて事故が、将来起こる、…なんてことはないんだろうと思いますけど。
 立抗入場者をタッチパネルでコンピュータ管理、出口と入口が違ったりするからこうしなきゃいけないらしい。 

 松見坂のほうから、実際に将来車の走る方向とは逆の道のりで、一行はついに大橋ジャンクション入口に到着。
 立体交差する首都高と交わるために、ここのジャンクションではぐるぐる2周半、回らなければいけないそうです。 なんか目が、…回るわきゃないか。 でも、速度調整で結構神経使いそうなポイントになりそうな気はしますけど。
 大型車を出し入れするためのエレベーター、「床板運搬台車」 と書いてある車が載っていたんですが、その横に 「(青戦車)」 と書いてあるのを、なだぎ武サンが指摘。 「あれはどういうことですか?」 案内のオニーサンも分からなかったらしいですか、どうも理由は、「ただ青いから…」 ということだけとのことです(「東京SMOOTH Diary 首都高オフィシャルブログ」 参照)。 実際にこの車、キャタピラがついて、ホントに戦車みたい。

 このジャンクションで徹底してるな、と思ったのは、通気口のダクト。
 ループの内側のスペースに、浄化設備を当てていたり、別にこの周辺の交通量がもともと多いんだからここまでしなくたって、…まあ、坂道を増やすわけだから、大型車の排気ガスとか考えると当然ですかね。

 トンネルを抜けて、首都高との連結部分が見渡せる部分は、テレビ的にはおいしいビューポイント。
 ただ、やはり気になるのは、テレビ出演者の皆サンが、みんな安全帯をしていないところ。 首都高とほぼ変わらない高さだというのに、命綱なしに、真下を見降ろしたり。
 危険ですよ。 建設業界の皆サン、どう思います? (2009年8月28日追記 : などと書いていたら、モルタルを下の3号線走っている車30台ほどにぶっかけちゃった、などということをやらかしたようです、ここの現場。 安全衛生がきちっとしていないと、こういうことになる)
 ジャンクションの最上部分、将来的には公園になるという場所も、なんだかいい加減高い所すぎ、という感じがしないでもない。 どうやってみんなあそこまで登るんでしょうかね? 落下防止も相当厳重にやらねば危ない気がするし。

 実際の話として、これが完成すると、なんだか車の流れ的には、中央環状線に流れる3号渋谷線上りの車の流れは分断されそうです。 これはいいことなんですがね。
 でも、新宿方面から合流してくる車で、東名に向かう渋谷線下りは、今まで以上に混みそうな気もするし。 しかも、合流してくるんですから、危険ポイントがまたひとつ増える、っていうか。 どっちかっていうと、池尻あたりで合流しないで、用賀あたりから中央道、関越道につながるルートでも、できればいいと、個人的には思ったりします。

 どうもタモリサンたちみたいに、手放しで喜んでていいのかなあって、いつも用賀出口を利用しているものとしては、思ったりするんです。

|

« 「風の絵師」 第8-13回 御真画師の顛末 | トップページ | 「官僚たちの夏」 第7回 政治家の信念 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45934743

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ倶楽部」 首都高大橋ジャンクション・前後編:

« 「風の絵師」 第8-13回 御真画師の顛末 | トップページ | 「官僚たちの夏」 第7回 政治家の信念 »