« 「タモリ倶楽部」 首都高大橋ジャンクション・前後編 | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 民謡チャン、方針転換ですか? »

2009年8月18日 (火)

「官僚たちの夏」 第7回 政治家の信念

 「官僚たちの夏」 第7回は、国内産業保護法案をめぐる攻防。

 このドラマ、話が難しすぎるのと、選挙を控えたこの時期に放送することの意図を嫌われているせいか、視聴率は 「こち亀」 並みに低い。
 いや、話が難しすぎるんだろうな。
 「社会派のドラマ」 という形容詞は、「難しくてついていけません」 と同義だったりするから。

 もったいないことだ。
 交わされる内容は難しくても、それを抜きにした次元で、ちゃんとエンターテイメントとして、ドラマのスタッフは完璧なものを作り上げているというのに。
 このドラマは、現在の民放テレビの 「良心」 だと私は思う。
 芸術祭に参加しなくても、こういうレベルの連続ものを普段からちゃんと作り続けていれば、日本のテレビは世界に誇れるように、必ずなっていくはずだ。

 もちろん視聴率がいいに越したことはないが、それとは別次元の価値があってもいいと、私は思う。
 ただそう思ったうえで言いたいのは、今回主人公の風越(佐藤浩市サン)たちが必死になって推し進める国内産業保護法(実際には 「特定産業振興臨時措置法」)が、具体的にどのポイントで国内産業を保護し、どのポイントが銀行や経済産業界に嫌われているのか、もうちょっと分かりやすい形で示せなかったかな、ということだ。
 この法案自体、国内産業を外圧から保護してくれるという法案だというのに、当の産業界はどこが気にくわぬ、というのだろうか。

 ドラマでは、池内総理(北大路欣也サン)と片山(高橋克典サン、悪役に磨きがかかってまいりました)、毎朝新聞の記者との結託による恣意的な情勢操作、また佐藤B作サン(田中角栄サンでしょうかね)の風越に対する対抗心、嫉妬心を描きながら展開していった。
 そして、事あるごとにムカつく対応をする帝都銀行の頭取が、法案説明会で激昂する風越に向かって 「これじゃ戦前のファッショと同じだ」 みたいなことを言う。 これがきっかけとなって、風越に対する風当たりが一挙に強まった、という描き方をしていた。
 しかし、現実には官僚による国内産業の統制だとか、産業界が反発するに足るきちんとした理由も、この法案の内容には隠されていたのではないのか。

 や、自分で書いてて思いましたが、難しいっスね、私の話自体も。

 ドラマではでも、ちゃんと産業界が反発する理由も、ワタシ的には不満も残ったが、それなりには説明していたと思う。
 作り手が、もっと重点的に表現したいのは、「パワーゲーム」 のほうだろう。

 このドラマを見ていると、池田勇人氏と佐藤栄作氏の虚々実々の駆け引きや、田中角栄氏のメンツや行動力(「コンピュータ付きブルドーザー」 とか言われてましたよね)から、政治家の 「大物」 ぶりが浮き彫りになってくるのがよく分かる。
 とくに今回北大路欣也サンが佐藤浩市サンに向かって放った言葉。
 「返り血が怖くて一国の総理が務まると思うのか」。
 本人が実際にそう言ったかどうかは別として、このドラマで描かれる政治家たちは、この言葉に象徴されるように、自分なりの信念というものを揺るがせにしない。
 周囲に反対されたら我慢できなくてさっさと辞めちまうような腰抜け政治家は、ひとりとして登場しないのである。

 だがそれでも、ドラマの中で、現在の情けない政治家につながるような萌芽がみられない、ということでもない。
 長塚京三サンが 「政治家が、信念よりも損得を考えるようになったら、国は滅びます」 と言うのに、「そこがキミの甘いところだ」 と派閥のトップにかわされるシーンがあった。 損得に流されっぱなしなのが、今の政治全体ではないのか。

 物語は風越たちの敗北に終わり、法案は廃案、風越は船越英一郎サンと入れ替わりで特許庁へ飛ばされることになる。
 風越と次官の丸谷要(西村雅彦サン)との別れのシーンで、西村サンが佐藤サンの言葉に 「そんな優しいことを言ってくれるな」 と答えるのには、結構グッときた。 風越の猪突猛進ぶりに反感を抱いていた牧(杉本哲太サン)が、ラストで船越サン一派に乗り換えたのは、ちょっと残念だったなあ。

 それにしても、次回から第2部、とのことだったが、前回のブログでも書いたけれども、急ぎ足でやらないで、もうちょっと回数増やしてていねいにやったらいいのに、と思うばかりである。

|

« 「タモリ倶楽部」 首都高大橋ジャンクション・前後編 | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 民謡チャン、方針転換ですか? »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45963756

この記事へのトラックバック一覧です: 「官僚たちの夏」 第7回 政治家の信念:

« 「タモリ倶楽部」 首都高大橋ジャンクション・前後編 | トップページ | 「恋のから騒ぎ」 民謡チャン、方針転換ですか? »