« リマスターCDだけではない、ビートルズ関連の支出 | トップページ | 「桑田佳佑の音楽寅さん」 8月24日 ウイスキーはお好きでしょ? »

2009年8月24日 (月)

野口五郎 「夕立のあとで」 って感じ

 今年の夏は、冷夏の傾向のようです。
 ただ、日差しはささないくせに、ヤケに蒸し暑かったりします。
 それでも、立秋を過ぎたころから、朝晩比較的涼しいと思える日が多くなってきました。
 このところの夏は、秋の彼岸のあたりまで熱帯夜が続き、8月中にこんな涼しさを味わうことなど、ほとんどなかったのですが。
 今日(2009年8月24日)も、世田谷には、熱帯のようなスコールが激しく降りました。
 これも、私が子供のころにはなかった種類の雨です。
 ただ、このスコールの後、わが街にはひんやり、涼しい空気がやってきました。
 この空気、…私が子供のころ、やはり夕立のあとに、おなじこの街に、おなじ空気が漂っていたことを、不意になつかしさとともに、思い出しました。

 同時に私の頭の中に、その頃流行っていた、野口五郎サンの 「夕立のあとに」 のメロディが、浮かんできました。

 夕立のあとの街はきれいにあらわれたようで
 緑の匂いがよみがえります
 忘れようとつとめて少しは
 忘れかけてたあなたの思い出が
 急に鮮やかに戻ってきました

 確かこういう歌詞だったと思うのですが、なんだろう、何十年も忘れていたこの歌の歌詞が、この歌詞のように、鮮やかによみがえって、なんだか急に、胸がしめつけられる気がしました。

 野口五郎サンと言えば、「私鉄沿線」「オレンジの雨」「19:00の街」 といった有名な曲を、今ではたまにラジオで聴くくらいですが、「夕立のあとに」 のような地味な曲は、まずリクエストされることはないと言っていいくらいです。

 それなのに、こうした有名でない曲のほうが、この曲がかかっていた時代を強烈に思い出させるパワーにあふれていることが、よくあるんです。

 特に、野口五郎サンは、ベスト盤を買うわけでもなく、私にとってはある程度距離を置かれて聴かれていた歌手だったために、「むさしの詩人」 とか、「針葉樹」 とか、却って夢中になって聴いていた西城秀樹サンや、山口百恵チャンの曲より、「こういうのあったあった」 という度合いが高いのです。
 私にとっては、岩崎宏美サンとか、南沙織サンとかにも、同じ傾向があるでしょうか。 岩崎宏美サンなら、「思い出の樹の下で」 とか、「悲恋白書」 とか。 南沙織サンなら、「想い出通り」 とか。 熱心なファンではなかったけれど、当時いつも聴いていた、という曲ですね。

 それにしても、今年の夏は、私が子どもだったころの夏に近い気候です。

|

« リマスターCDだけではない、ビートルズ関連の支出 | トップページ | 「桑田佳佑の音楽寅さん」 8月24日 ウイスキーはお好きでしょ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46018447

この記事へのトラックバック一覧です: 野口五郎 「夕立のあとで」 って感じ:

» 岩崎宏美 CD DVD 通販 [岩崎宏美 CD DVD]
探し物がきっと見つかります!! [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 11時36分

« リマスターCDだけではない、ビートルズ関連の支出 | トップページ | 「桑田佳佑の音楽寅さん」 8月24日 ウイスキーはお好きでしょ? »