« 「総力報道!THE NEWS」 薄れる小林アナの存在感 | トップページ | 「今夜も生でさだまさし」 に見る、NHKのご当地愛の薄さ »

2009年8月 4日 (火)

「桑田佳佑の音楽寅さん」 声に出して歌いたい日本文学

 桑田サン、またやってくれました。
 「アベーロード」 以来の衝撃。

 日本文学を歌にする、というオープニングを見た時、定形型の詩などは曲にしやすいだろうけど、小説は無理だろう、と思ったのだが。
 案の定、一部の小説や詩は、曲にしやすいように改変がされていたが、原文をそのまま引用していたものも結構あって、ちょっと聴きながら、異様な世界に浸ったことを白状する。

 一曲目は、中原中也の 「汚れちまつた悲しみに」。
 強烈なギター・リフのロックンロール。 メロディは、あえて言えば、サザンオールスターズの 「ヤング・ラヴ」 あたりをほうふつとさせる。 ミドルエイトをちゃんと構成している点が凄い。

 メドレーで2曲目に突入。 この展開、スピードを感じさせる。
 高村光太郎の、「智恵子抄」。 正確には、「あどけない話」 という題名の詩である。
 ルンバリズムのロックンロール。 わかりにくいか。 「ホテル・パシフィック」 みたいな。
 最後の 「あどけない空の話である」 のところだけは、どうしても余計になってしまうため、いきなり曲調を変えて、オペラのような感じで終わる。 ここんところ、桑田サンの感が冴えていることを実感する。

 さらにメドレーで、3曲目、太宰治の 「人間失格」。
 資料が手元にないためきちんとしたことは言えないが、この曲は、「人間失格」 の出だし数行そのまんまなのではないか。
 曲調は、ゴスペルチックな 「アイ・アム・ザ・ワーラス」 みたいな感じ。 グラム・ロックもちょっと入ってるかな。
 この曲は、圧巻である。 原文のままなのに、ちゃんと一番と二番、というふうに、曲になっているのが凄い。
 しかも、こうしてオオゲサな曲の歌詞として歌われているのを聴くと、実に笑えるのだ、太宰の文章。 失礼ながら。
 とくに、「『耳が痛い』 と言う竹一を見ると、ひどい耳だれで、念入りに耳の掃除をしてやりました」 というところ。 ここが曲の一番の盛り上がりどころで、「人間失格、アオ!」 と叫ぶ桑田サン、正直大爆笑。 二番ではこの盛り上がりどころ、「子供相手の雑誌だけでなく、駅売りの粗悪で卑猥な雑誌などに汚いはだかの絵などを画いていました」。 ここでまた、「人間失格!」 笑ったなあ。
 これ、CDで出してほしい。 無理かなあ。 以前TBSのドラマで、「人間失格」 という題名を使わせてもらおうとしてそれがかなわず、「人間・失格」 でOKが出た、などということがあったから。 ここで桑田サンが太宰の文章をそのまんま歌にしていることさえ、「ダイジョウブかなあ」 と思ってしまうのだ。 いや、もう亡くなって50年だか経つと著作権がなくなるらしいし、それは問題ないのだろうか。(追記・2009年12月9日に、新曲のカップリング曲として、ここで流れたほぼ全曲が、18分にもわたる大作として発表されることとなりました。 買わなきゃ!)

 お寺の鐘の音みたいな音をはさんで4曲目。 与謝野晶子の 「みだれ髪」 である。
 確かこれも、「みだれ髪」 という歌集のなかの一作品だったと思うが。
 「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」 という一節は、私などの年代では、その昔、1980年前後だったか、資生堂のCMで歌がつけられていたのがなつかしい。
 ピアノの伴奏だけで静かに始まるこの曲、曲調的には、「YaYaあの時代を忘れない」 とか、ビートルズの 「ゴールデン・スランバー」 あたりか。

 続いていきなりラーガ・ロック調で始まるのは、芥川龍之介の 「蜘蛛の糸」。
 この曲も圧巻だ。 なんか、お釈迦さまとラーガ・ロックの組み合わせが、とても常人には考えられない発想なのである。
 芥川のイメージしていたのもそうだったのだろうが、私はこの 「蜘蛛の糸」 には、あまりインドの匂いを感じない、純粋に日本の仏教からくるイメージを持っていた。
 それが、トートツに、インド音楽である。 そりゃ言われてみればお釈迦さまはインドだけれど、ちょっとフツーでは、結びつかない。
 もちろん時間の都合上、と言うか、さわりの部分だけしかここでは歌われなかったのであるが、それでも私は、桑田サンによって新たな息吹を与えられた、この極楽と地獄の風景に、ちょっとしたトリップ感覚を味わってしまった。
 …だがそこは桑田サン、天狗の鼻のアップを挿入(笑)することも忘れない。

 6曲目は、小林多喜二の 「蟹工船」。 ちょっとブームに乗っかってる気もするが、この小説の出だしが、こんなにも歌になるとは思わなかった。
 「二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛が背伸びをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ていた」…ってコレ、なんかJポップの歌詞にゴロゴロ転がっていそうな文章だぞ。 こんなオシャレだったか小林多喜二って?という驚きでいっぱいになる。 それをやはり、バラード調で歌う桑田サン。 この部分を抜粋した桑田サンの眼力には、感嘆するしかない。
 ところがだんだん、その文章は生臭さを放ってくる。
 「蟹の生ッ臭いにおいと人いきれのする 『糞壷』 のなかに線香の香りが、香水か何かのように漂った」
 曲調もここから行進曲みたいになってくる。
 「『諸君、とうとう来た!長い間、長い間俺達は待っていた。 半殺しにされながらも待っていた。 今に見ろ、と』」 まるでプロパガンダみたいになってくる歌。
 桑田サンの身振り手振りは、共産主義を茶化しているようにも見えるが、この展開の仕方は、ある意味感動的ですらある。
 個人的にこの展開の仕方、「母をたずねて三千里」 のオープニング曲とか、「元祖天才バカボン」 のエンディング曲、「♪四十一歳のはーるだぁ~からぁ~」 を連想しました(笑)。

 7曲目、亡くなった忌野清志郎サンに捧げたような、樋口一葉、「たけくらべ」。
 清志郎サンのマネがちっとも似ていないのが笑わせる。
 シンプルなロックンロール。 樋口一葉の書く文章は、はっきり言ってワケ分からないので、英語みたいに響いてくるのが興味深い。

 8曲目、「汚れちまつた悲しみに」 のリプライズ。 1曲目とは打って変わって、バラード調。 ブリティッシュロックっぽいトランペットとか入って、感動的であるが、画面では今回文章を使用した文豪たちのコスプレをした桑田サンたちが、またまた笑わせる。

 9曲目、石川啄木の 「一握の砂」 は、カントリー&ウェスタン。
 悲しい内容なのに、「ジャンバラヤ」 みたいに歌われると、なんか変な感じがする。 笑っちゃうしかない、というか。

 10曲目、「吾輩は猫である」。
 これは、相当な傑作である。
 さすがに文章の再構成の度合いがいちばん大きかったが、それをちっともものともしないパワーにあふれた曲に仕上がった。 正直なところ、名曲だ。
 ファンキーなロック&ソウル。 私はこの曲を聴いていて、フライングキッズの 「我思うゆえに我あり」 を思い出していた。
 これ、シングルカットしたら、相当面白いんじゃないだろうか。 ただ最近、これも係争中であるが、漱石のひ孫が財団法人夏目漱石なるものを設立したらしいから、発表するにはいろいろ面倒なことになりそうだ。 でも夏目房之介サンにことわれば大丈夫か?(笑)

 11曲目、「銀河鉄道の夜」。 桑田サンの朗読だけだが、なんかドアーズを連想させたりして、この曲をラストに据えるというのもシャレが利いている、というか。 畑で麦踏みをする(?)宮沢賢治の写真をパロったような映像に、ふり返った桑田サン、目が猫(笑)とか、ワケ分かんネェラスト。

 全体を見て痛切に感じたのは、文語体である 「みだれ髪」 や 「たけくらべ」 だけでなく、2009年現在、すでに文語体と同じようになりつつある太宰や芥川、漱石などの文章に至るまで、それが桑田サンの曲になってしまうと、先ほども述べたように、まるで英語でも聴いているような、不思議な感覚になる、ということである。

 つまるところ、意味があまり分からないという点においては、桑田サンがよく編みだす英語チックな日本語と、さして変わらないのだ。
 だから、文豪たちの言葉を曲にのせても、さほど違和感がない。 しかもその日本語は、やはりそこは昔のきちんとした言葉、聴いていて心地よいのだ。

 それにしても、こんなコラボレーションを考えつくことも凄いが、実際にこのようなブッ飛んだ完成品に仕上げてしまうところは、つくづく桑田サンには、よい意味で呆れ果てるしかない。

 なんなんだ、この人って。 凄いっ、凄すぎるっ!

|

« 「総力報道!THE NEWS」 薄れる小林アナの存在感 | トップページ | 「今夜も生でさだまさし」 に見る、NHKのご当地愛の薄さ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/45829667

この記事へのトラックバック一覧です: 「桑田佳佑の音楽寅さん」 声に出して歌いたい日本文学:

« 「総力報道!THE NEWS」 薄れる小林アナの存在感 | トップページ | 「今夜も生でさだまさし」 に見る、NHKのご当地愛の薄さ »