« 「総力報道!THE NEWS」 薄れる小林アナの存在感 | トップページ | 「今夜も生でさだまさし」 に見る、NHKのご当地愛の薄さ »

2009年8月 4日 (火)

「桑田佳佑の音楽寅さん」 声に出して歌いたい日本文学

 桑田サン、またやってくれました。
 「アベーロード」 以来の衝撃。

 日本文学を歌にする、というオープニングを見た時、定形型の詩などは曲にしやすいだろうけど、小説は無理だろう、と思ったのだが。
 案の定、一部の小説や詩は、曲にしやすいように改変がされていたが、原文をそのまま引用していたものも結構あって、ちょっと聴きながら、異様な世界に浸ったことを白状する。

 一曲目は、中原中也の 「汚れちまつた悲しみに」。
 強烈なギター・リフのロックンロール。 メロディは、あえて言えば、サザンオールスターズの 「ヤング・ラヴ」 あたりをほうふつとさせる。 ミドルエイトをちゃんと構成している点が凄い。

 メドレーで2曲目に突入。 この展開、スピードを感じさせる。
 高村光太郎の、「智恵子抄」。 正確には、「あどけない話」 という題名の詩である。
 ルンバリズムのロックンロール。 わかりにくいか。 「ホテル・パシフィック」 みたいな。
 最後の 「あどけない空の話である」 のところだけは、どうしても余計になってしまうため、いきなり曲調を変えて、オペラのような感じで終わる。 ここんところ、桑田サンの感が冴えていることを実感する。

 さらにメドレーで、3曲目、太宰治の 「人間失格」。
 資料が手元にないためきちんとしたことは言えないが、この曲は、「人間失格」 の出だし数行そのまんまなのではないか。
 曲調は、ゴスペルチックな 「アイ・アム・ザ・ワーラス」 みたいな感じ。 グラム・ロックもちょっと入ってるかな。
 この曲は、圧巻である。 原文のままなのに、ちゃんと一番と二番、というふうに、曲になっているのが凄い。
 しかも、こうしてオオゲサな曲の歌詞として歌われているのを聴くと、実に笑えるのだ、太宰の文章。 失礼ながら。
 とくに、「『耳が痛い』 と言う竹一を見ると、ひどい耳だれで、念入りに耳の掃除をしてやりました」 というところ。 ここが曲の一番の盛り上がりどころで、「人間失格、アオ!」 と叫ぶ桑田サン、正直大爆笑。 二番ではこの盛り上がりどころ、「子供相手の雑誌だけでなく、駅売りの粗悪で卑猥な雑誌などに汚いはだかの絵などを画いていました」。 ここでまた、「人間失格!」 笑ったなあ。
 これ、CDで出してほしい。 無理かなあ。 以前TBSのドラマで、「人間失格」 という題名を使わせてもらおうとしてそれがかなわず、「人間・失格」 でOKが出た、などということがあったから。 ここで桑田サンが太宰の文章をそのまんま歌にしていることさえ、「ダイジョウブかなあ」 と思ってしまうのだ。 いや、もう亡くなって50年だか経つと著作権がなくなるらしいし、それは問題ないのだろうか。(追記・2009年12月9日に、新曲のカップリング曲として、ここで流れたほぼ全曲が、18分にもわたる大作として発表されることとなりました。 買わなきゃ!)

 お寺の鐘の音みたいな音をはさんで4曲目。 与謝野晶子の 「みだれ髪」 である。
 確かこれも、「みだれ髪」 という歌集のなかの一作品だったと思うが。
 「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」 という一節は、私などの年代では、その昔、1980年前後だったか、資生堂のCMで歌がつけられていたのがなつかしい。
 ピアノの伴奏だけで静かに始まるこの曲、曲調的には、「YaYaあの時代を忘れない」 とか、ビートルズの 「ゴールデン・スランバー」 あたりか。

 続いていきなりラーガ・ロック調で始まるのは、芥川龍之介の 「蜘蛛の糸」。
 この曲も圧巻だ。 なんか、お釈迦さまとラーガ・ロックの組み合わせが、とても常人には考えられない発想なのである。
 芥川のイメージしていたのもそうだったのだろうが、私はこの 「蜘蛛の糸」 には、あまりインドの匂いを感じない、純粋に日本の仏教からくるイメージを持っていた。
 それが、トートツに、インド音楽である。 そりゃ言われてみればお釈迦さまはインドだけれど、ちょっとフツーでは、結びつかない。
 もちろん時間の都合上、と言うか、さわりの部分だけしかここでは歌われなかったのであるが、それでも私は、桑田サンによって新たな息吹を与えられた、この極楽と地獄の風景に、ちょっとしたトリップ感覚を味わってしまった。
 …だがそこは桑田サン、天狗の鼻のアップを挿入(笑)することも忘れない。

 6曲目は、小林多喜二の 「蟹工船」。 ちょっとブームに乗っかってる気もするが、この小説の出だしが、こんなにも歌になるとは思わなかった。
 「二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛が背伸びをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ていた」…ってコレ、なんかJポップの歌詞にゴロゴロ転がっていそうな文章だぞ。 こんなオシャレだったか小林多喜二って?という驚きでいっぱいになる。 それをやはり、バラード調で歌う桑田サン。 この部分を抜粋した桑田サンの眼力には、感嘆するしかない。
 ところがだんだん、その文章は生臭さを放ってくる。
 「蟹の生ッ臭いにおいと人いきれのする 『糞壷』 のなかに線香の香りが、香水か何かのように漂った」
 曲調もここから行進曲みたいになってくる。
 「『諸君、とうとう来た!長い間、長い間俺達は待っていた。 半殺しにされながらも待っていた。 今に見ろ、と』」 まるでプロパガンダみたいになってくる歌。
 桑田サンの身振り手振りは、共産主義を茶化しているようにも見えるが、この展開の仕方は、ある意味感動的ですらある。
 個人的にこの展開の仕方、「母をたずねて三千里」 のオープニング曲とか、「元祖天才バカボン」 のエンディング曲、「♪四十一歳のはーるだぁ~からぁ~」 を連想しました(笑)。

 7曲目、亡くなった忌野清志郎サンに捧げたような、樋口一葉、「たけくらべ」。
 清志郎サンのマネがちっとも似ていないのが笑わせる。
 シンプルなロックンロール。 樋口一葉の書く文章は、はっきり言ってワケ分からないので、英語みたいに響いてくるのが興味深い。

 8曲目、「汚れちまつた悲しみに」 のリプライズ。 1曲目とは打って変わって、バラード調。 ブリティッシュロックっぽいトランペットとか入って、感動的であるが、画面では今回文章を使用した文豪たちのコスプレをした桑田サンたちが、またまた笑わせる。

 9曲目、石川啄木の 「一握の砂」 は、カントリー&ウェスタン。
 悲しい内容なのに、「ジャンバラヤ」 みたいに歌われると、なんか変な感じがする。 笑っちゃうしかない、というか。

 10曲目、「吾輩は猫である」。
 これは、相当な傑作である。
 さすがに文章の再構成の度合いがいちばん大きかったが、それをちっともものともしないパワーにあふれた曲に仕上がった。 正直なところ、名曲だ。
 ファンキーなロック&ソウル。 私はこの曲を聴いていて、フライングキッズの 「我思うゆえに我あり」 を思い出していた。
 これ、シングルカットしたら、相当面白いんじゃないだろうか。 ただ最近、これも係争中であるが、漱石のひ孫が財団法人夏目漱石なるものを設立したらしいから、発表するにはいろいろ面倒なことになりそうだ。 でも夏目房之介サンにことわれば大丈夫か?(笑)

 11曲目、「銀河鉄道の夜」。 桑田サンの朗読だけだが、なんかドアーズを連想させたりして、この曲をラストに据えるというのもシャレが利いている、というか。 畑で麦踏みをする(?)宮沢賢治の写真をパロったような映像に、ふり返った桑田サン、目が猫(笑)とか、ワケ分かんネェラスト。

 全体を見て痛切に感じたのは、文語体である 「みだれ髪」 や 「たけくらべ」 だけでなく、2009年現在、すでに文語体と同じようになりつつある太宰や芥川、漱石などの文章に至るまで、それが桑田サンの曲になってしまうと、先ほども述べたように、まるで英語でも聴いているような、不思議な感覚になる、ということである。

 つまるところ、意味があまり分からないという点においては、桑田サンがよく編みだす英語チックな日本語と、さして変わらないのだ。
 だから、文豪たちの言葉を曲にのせても、さほど違和感がない。 しかもその日本語は、やはりそこは昔のきちんとした言葉、聴いていて心地よいのだ。

 それにしても、こんなコラボレーションを考えつくことも凄いが、実際にこのようなブッ飛んだ完成品に仕上げてしまうところは、つくづく桑田サンには、よい意味で呆れ果てるしかない。

 なんなんだ、この人って。 凄いっ、凄すぎるっ!

« 「総力報道!THE NEWS」 薄れる小林アナの存在感 | トップページ | 「今夜も生でさだまさし」 に見る、NHKのご当地愛の薄さ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「桑田佳佑の音楽寅さん」 声に出して歌いたい日本文学:

« 「総力報道!THE NEWS」 薄れる小林アナの存在感 | トップページ | 「今夜も生でさだまさし」 に見る、NHKのご当地愛の薄さ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ