« 「森山良子のハートオブポップス」 10月2日で終了だって | トップページ | 思い出のジャニス・イアン »

2009年8月28日 (金)

「風の絵師」 最終回まで見て

 BS日テレ 「風の絵師」、最終回までをやっと見た。 注意、ネタバレします。

 カットカットでわけが分からなくなっている部分もあったのだが、それにしても最後の、キム・ホンド(パク・シニャン)と、シン・ユンボク(ムン・グニョン)の師弟対決、またはワルモノを追い詰めるくだりは、もうちょっとゆっくりやってもよかったかな、という感じはした。

 これはドラマの、全体的なディティール、という問題なのだが、物語序盤でのユンボクの絵師試験、中盤での御真画師の制作顛末、中盤以降のサドセジャの遺影探し、以上挙げた出来事の描き方が、結構克明だったために、ラスト3回くらいの話の流れの速さに、どうしても違和感を抱いてしまうことになるのだ。 特に中盤の御真画師の話に時間を割きすぎて、肝心の犯人を追い詰める話のほうが、疎かになってしまったような印象すらする。

 しかも、終わり方が結構ハテナ?という感じ。
 これは、見ているこっちが想像を働かせなければならない部分なのかな、とも思う。
 それはそれで、余韻の残る終わりかたとして、評価できるのだが。

 この物語の第1回目は、キム・ホンドがシン・ユンボクを思って涙するシーンから始まっていた。
 そのために、最後の最後まで、ユンボクが死んでしまうのではないか、とドキドキしながら見ていたのだが、そういうことは結局なかった。
 これは、視聴者の声で話が変わる、韓国ドラマによくあるパターンで、実は最初は、ユンボクは死ぬ予定だったのではないか、とも思える。

 個人的な感想で言えば、20回で終わってしまうような、(韓ドラ時代劇にしては)短い話なのであれば、ユンボクをキム・ホンドの腕の中で死なせてしまったほうが、コンパクトなドラマとしてのクライマックスを、より強調できたことだろう、と思う。
 結局ユンボクは、キム・ホンドのもとを去ってしまう、という、しぼんだようなラストだったのだが、このラストで納得してください、というのは、いかにも物語を佳作に終わらせてしまう、惜しまれる所業のような気がする。

 見ている側はここで、ユンボクがキム・ホンドに思いを寄せてしまったがゆえに、キム・ホンドのもとを去らねばならなくなった、と自分を納得させるしかない。 なぜそうせざるを得なかったのか、と言えば、王様から 「お前は一生、女であることを明かしてはならぬ」 と命令されてしまったからであり、王命が絶対であった時代には、それもやむなし、と見ている側は考えるしかない。

 ただドラマの作り手は、このラストで、シン・ユンボクに 「美人図」 を描き残させることで、ドラマに静かな余韻を残すことに成功している。

 この 「美人図」 というのは、実際のシン・ユンボクが遺した絵の代表作、ということらしい。
 その絵に記された言葉。 「秘めた春情を筆先で伝神できようか」。
 ? 一瞬しか映らないので、録画でもしておかないと、これを解読するのはちょっとキツイかも。 つまり、表面的にこの意味を読んでしまえば、ユンボクがキム・ホンドに思いを寄せてしまったことを、ここでは表しているのだろう。

 ちょっとここで深読みしてみる。

 この 「美人図」 を描いているユンボクは、「美人図」 の女性そのままの服装だ。
 ユンボクは、自分が今まで封じ込めてきた、そして王命によって死ぬまで封じ込めなければならなくなった、「女である自分の姿」 を描き残し、思い人(キム・ホンド)に永久に、託したのだ。
 実際のシン・ユンボクは女ではなく、ドラマ上の解釈だったようだが、「秘めた春情を筆先で伝神できようか」 という一文は、そのドラマ上の解釈もある意味では…?、と思わせる効果も、生んでいる。

 これはこれで、素晴らしい終わりかただと、私は思う。 佳作には佳作の、評価すべき部分があるのだ。

 「風の絵師」 で忘れてはならないのが、主演のキム・ホンドを演じた、パク・シニャンサンである。 おちゃらけているところと、まじめなところと、その振幅がメチャメチャ激しい。 特に別堤のところへ絵を盗みに入った時の旅芸人?に変装した時の回は、ムチャクチャ笑った。 だからこそ、まじめな演技がとても生きてくる。 今後も注目したい。

 「風の絵師」 はすぐれたドラマだったが、私にこのドラマを見る気にさせた直接の原因は、「秋の童話」 で強烈な印象を残した、ムン・グニョンチャンへの思いである。
 彼女は 「秋の童話」 で、まるで初恋の女の子のような甘酸っぱい香りを、発散させていた。
 そして、その彼女が女優として立派に成長しているのが分かって、よかったなあ、という安堵感を、いま私は感じている。
 同じ 「秋の童話」 で意地悪な女の子の役をやっていた方のイ・エジョンサンが2007年に亡くなってしまったことを考えると、複雑な思いがあるのだが。 9月6日は、彼女の命日である。 役柄とは別に、クニョンチャンとエジョンサンは、親友同士だったそうである。

 ムン・グニョンチャンには、今後もがんばってもらいたいものだ。

当ブログ 「風の絵師」 に関するほかの記事
第1回 久々に期待できそうな韓国ドラマhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/07/post-0a76.html
第2回 絵を描くこととはhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/07/2-253f.html
第3回 自分に掌破刑!http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/07/post-e51d.html
第4回 ドリフの大爆笑みたいだった?http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/07/post-0635.html
第5-7回 なぜ女が女に惹かれるのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/--573e.html
第8回-13回 御真画師の顛末http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/8-13-e110.html
最終回まで見てhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/post-a6bc.html

|

« 「森山良子のハートオブポップス」 10月2日で終了だって | トップページ | 思い出のジャニス・イアン »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46052599

この記事へのトラックバック一覧です: 「風の絵師」 最終回まで見て:

« 「森山良子のハートオブポップス」 10月2日で終了だって | トップページ | 思い出のジャニス・イアン »