« 今週の点鬼簿 | トップページ | 「オーラの泉」 信仰とウサン臭さの関係 »

2009年9月22日 (火)

約20年前の 「世界ふしぎ発見!」 ビートルズ

 はじめにお断り。 この記事、長いっス。

 TBS 「世界ふしぎ発見!」 で、ビートルズを採り上げるそうです。

 10月の改編期で、「オールスター感謝祭」 をやるでしょうから、おそらく10月17日(土曜、21時~)の放送になるのではないでしょうか(2009年)。

 予告編では、竹内海南江チャンがミステリーハンターのようです。
 ということは、海南江チャン、2度目のビートルズハンターですネ。
 その記事も書きました、こちら↓
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/20-b498.html

 覚えている人は少ないかな、「世界ふしぎ発見!」 では、過去に1回だけ、ビートルズを採り上げた回がありました。 その時のミステリーハンターも、竹内海南江チャンだったんですよ。
 1991年の、10月26日。
 ひえー、もう20年近くも前。
 長寿番組ですからねー。
 今調べたら、1986年からですって。
 つまり、番組開始から5年目で、ビートルズをやっていた、ということですな。

 しっかりビデオ、とってありました。
 ああ~でも、最後の最後で、途切れちゃってる。

 You Tubeとか、使えればいいんですけど、ああ~、私ヘタレなので、やり方が分かりません。 仕方ないので、いつものように、拙い文章でご紹介しましょう。 サブタイトルは、「来日25周年記念 マジカル・ヒストリー・ツアー ビートルズがやって来た!」。

 まず出だしのCGからびっくり。 いやー、18年前ともなると、時代を感じます。 例えて言えば、スーファミの 「グラディウス」 レベルのドット数、つっても分からんかなー、宇宙に浮かんでいる地球にズームアップする、という方法。 そして現れる、イギリスの地図。

 竹内海南江チャン、ぅ若かぁ~い。 当時はゲジマユメークの全盛でしたから、海南江チャンもマユ、太ぉぉ~い。
 当然ですけど、皆さんお若い。 特に坂東サンは、まだ青年の面影を、何となく残してます。 変わらなくて笑っちゃうのは、黒柳サンは当然として、草野サン(笑)。 野々村クンも、最初のうちは純然たるレギュラーじゃなかった気がするのですが、この回は出てました。 まだ少年、という感じです。

 冒頭、パネルでビートルズのアナログ盤アルバムを張り出したものを紹介する、という、これまたアナログな方法で。 字も手書きだし。 でも当時は、すでにCDの時代でしたよね。 レコードのほうが大きいから、見栄えがするという判断だったんでしょうね。

 ただ面白かったのは、そこで紹介されていたアルバム、公式盤プラス 「マジカル…」 は当然として、そこにアメリカ編集アルバム、「ヘイ・ジュード」 が加わっていること。
 このアルバム、私が唯一、買っときゃよかったなーと思っているアルバムです。 いわゆるジャケ買い、というやつで。 ビートルズのアルバムのなかでは、いちばん芸術的に優れているのではないでしょうか。
 また、来日公演の、半券ではないチケットを紹介したり。 うわ高そう。

 ゲスト回答者は、ドクター中松サン(当時は、まだ中松義郎、と名乗っておりました)に、当時からビートルズファンとして有名だった、藤田朋子サン。

 まずリバプールの港の風景、ペニー・レーン、ストロベリー・フィールドを紹介。 そしてジョンが暮らしたミミおばさんの家、ポールの家を訪ねています。 ミミおばさん、当時まだ、生きていらっしゃったと思うんですが、住んでいるところは違ったのかなあ? 海南江チャン、ジョンの育った家の窓辺で、ハモニカ吹いてました。

 ポールの家は、当時ナショナル・トラストに寄贈されてはいなかったのかな? ポール役の男の子が出てきますが、ポール、左利きだってば。
 ポールの家の真向かいに住んでいたという老夫婦のインタビューもしています。 「ポールはどこにでもいる普通の子どもだったよ。 お父さんが優れたミュージシャンだったから、きっとその血を受け継いだんだね」 という、誰でも答えられるよーなコメント(笑)。 でもあれから18年。 このご夫妻はまだご健在でしょうか。

 ジョージの家とリンゴの家もしっかり行ってますねー。 リンゴの家などは、2階のガラス窓が割られているような状態で。

 クオリーバンク中学校、セント・ピータース教会、リバプール・インスティチュート高校にも行っています。 結構綿密な取材です。 ポールとジョージが、高校時代タバコを吸っていっしょに校長室で叱られたことが、出会うきっかけだった、と海南江チャンが解説していました。 「まったく、未成年がタバコを吸ってはいけませんよね」 と言いながら、タバコを吸う海南江チャン。 「マズー」 と言いながら、実際吸っているように見えましたけど。

 ジャカランダクラブも紹介。 キャバーンクラブは、当時すでに移転後だったかな? そのキャバーンクラブでサプライズゲスト。 あの、初代ドラマー、ピート・ベストサンですよ。 別にサプライズでもないか? 結構アッチャコッチャに、この人顔出してますから。 当時はまだ、市役所に勤めていたらしいです。

 「音楽的にも優れたバンドだったけど、ステージでのジョークが受けていたね。 なかでもいちばん受けたのは、観客にズボンを脱いで演奏してくれと言われて、ジョンもポールもすぐ脱いじゃって。 それでキャーキャー言われてね。 そんなことをするのはビートルズだけだった」

 ここで最初のクエスチョン。 海南江チャンの出題のあいだじゅう、バックでドラムをたたくピートが、ちょっとなんか、物悲しい、というか(笑)。
 「地元のクラブで人気が出てきたビートルズでしたが、まだまだお金がなく、楽器を買うのがせいいっぱいで、マイクがあってもマイクスタンドがありませんでした。 そこで、どこのクラブにも絶対あるものを、マイクスタンドの代わりに使っていたのです。 そしてそれは、ビートルズのトレードマークとなり、それを支えているのが、ビートルズファンの女の子の誇りになったのです」 さて、それはなんでしょう?

 なんか、簡単ですかねー。

 ドクター中松サンの答えは 「いす」。 「たとえこれが別の答えでも、チェアーが正解でございます」 という、ミもフタもないゴーインさ(笑)。 このゴーインさでこの後この番組に出てこなくなってしまったのか?(笑)

 正解は、「モップ」。 モップヘアーって、言いましたもんね。

 「ほうき」 と書いた黒柳サンと野々村クンは、オマケの正解。 ドクター中松サンと、「電気スタンドの柱」 と書いた藤田朋子サンは、ひとしクン人形ボッシュート(なつかしいなあー、ボッシュート)。

 CMも、18年前ともなると、興味深いものがあります。
 「画質新時代 革命児!」 というブラウン管テレビ。 こんなのあったかなーという感じですが、29型衛星放送テレビ・標準価格230,000円というのが目を引きます。 当時はまだ、標準価格というものを、ちゃんと明記してましたよね。

 本編に戻って、デビュー時の襟なしスーツを、父親と一緒に作ったという、ゴードン・メリングス氏へのインタビュー。
 「ブライアン・エプスタインが、清潔で礼儀正しいイメージを作ろうとしていたんだ。 そこで、舞台衣装をやっていた私のところに相談に来てね。 それで、クリーンな感じのする、襟なしスーツを作った」
 そして、アビイ・ロード・スタジオへ。 なんか足場が組まれていて、当時改装工事でもやってたのかな。 いや、なんか、外壁のペンキ塗りかえって感じだな、コレ。
 EMI本社ビルの、「プリーズ・プリーズ・ミー」 の撮影場所へも。 主だったところ、ホントに全部行ってますね。 プリンス・オブ・ウェールズ劇場にも足を運んでいます。 「宝石ジャラジャラ」 発言の、あの場所ですね。

 チャーチルが孫にねだられ、ビートルズに葉巻を送ってサインしてもらうよう頼んだ、という噂の真相を、当のお孫サンに訊いて、それが事実ではなかったことを突き止めるなど、結構突っ込んだこともやっています。
 その、噂つながりで2つめのクエスチョン。
 「労働党の党首だったウィルソンが身につけて国会に出た、と噂された、ビートルズグッズとは、なんでしょう?」

 ドクター中松サンの回答が、また面白い。
 「アーマー」、つまり甲冑。
 ビートルっていうのは甲虫という意味だし、労働党というのは反対勢力だから、アーマーを着ていかなくちゃならない。 絶対にこれです!とまた、自信満々のお答え。

 正解は、「長髪のかつら」。 1問目に続いて、なんとなく髪の毛つながりですな。

 これをウィルソン氏の事務所に電話で尋ねたところ、「つまらんこときくな!」 と、怒られちゃったらしいです(笑)。
 ドクター中松サンは、真相が分からないものは正解じゃございません!と悪あがき(笑)。 いいキャラクターだなあ(笑)。 「ふしぎ発見」 で、どんどん出してくれたらいいのに、…って、無理かなあ。

 ここでまたCM。
 「日立ニュース」、って、あったなあ~。
 日立の社員ひとりひとりを紹介するCMですよ。
 パソコンがちらっと出てきましたが、まーだウィンドウズ95以前ですよね。

 話は当時25年前だった、ビートルズ来日に。
 前座を務めたドリフターズの加藤茶サン。
 まあ、その後も何回か聞いた話でしたが、最初に聞いたのは、この 「ふしぎ発見」 でしたかね。 最初の時間の予定がどんどん短くなって、結局20秒になってしまった、という。 20秒だったっけなー?
 そして、当時まだご存命でいらした、司会のE・H・エリックサン。
 「司会者で、あれほど短い司会はなかったと思いますね。 『レディース&ジェントルマン、ザ・ビートルズ!』 これだけなんですね。 それで終わってから、『ザ・ビートルズでした!ありがとうございましたー』 で終わり」
 さらに、当時まだお元気でいらした、大島渚サン。
 「なんか、生を聴いているって感動が先に立って、元が取れなかったという記憶しかないですよね。 聞いたって言うよりも見たっていう。 豆粒みたいだけども」

 そして当然のごとく、いまはなきキャピトル東急ホテルの、ビートルズが泊まった部屋にも行っています。
 ポールが部屋を抜け出して散歩したという、皇居前広場、ジョンとリンゴが立ち寄ったという、表参道の骨董屋サンも。
 そして、ビートルズがジャケットに日本の福助人形を登場させたり、という、日本の影響を番組では説明していきますが、ここで3問目。
 「ビートルズが日本に影響を受け、『マジカル・ミステリー・ツアー』 というアルバムで自分たちの音楽に取り入れたものとはなに?」

 これも、結構その道では有名な話ですけど。

 またまた中松サンの答えが面白い。 「ジャパニーズドラム」、和太鼓だ、と。 「ビートルズのビートっていうのは、beatなんです。 それに、ロゴを見て下さい、Tの字だけ大きい。 これは、タイコのTです」(笑)
 黒柳サンと坂東サンの答えの取り合いも、いやーパターンですなあ。

 正解は、「民謡」。

 やはり、星加ルミ子サンのソースでしたね。 サイタラブシ(漢字、どんなだったっけなー)ですよ。 「アイ・アム・ザ・ワーラス」 の。

 またまたCM。
 うわっ、ハルク・ホーガンだぁぁ。 「ホソナガぁ~」 って、エアコンのコマーシャル。 なつかしいですなあ。

 最後のパートは、ビートルズ解散に至る道のり。 「アビイ・ロード」 のジャケットから、ポールの死亡説を紹介したり、旧アップル本社のルーフトップにも、行っております。
 4問目、ラスト・クエスチョンは、ちょっと変化球。 当時は問題が、全部で4問でした。
 「ビートルズと同じ勲章を受けた人が作った、当時の若者を象徴するものは?」

 正解は、「ミニスカート」。
 黒柳サン、当時自分も率先してそれをはき、大ひんしゅくをかったけれども、マリー・クワントというそのミニスカートの発明者が勲章をもらったとき、一矢報いた気分になったようです。 うーん、年の功、というか(笑)。 藤田朋子サン、せっかくミニスカートと書いていながら、サイケデリックファッションのほうをとってしまって、不正解。

 ここで正解をしゃべる海南江チャン、ミニスカートのファッションショーという演出ですが、いやー、なんか、いいですねー(笑)。 当時はまだ、色気がありましたね。 まあ、最古参のミステリーハンターだから仕方ないけど、海南江チャンを見るたび、つくづく色気がないなあと思ってたので、この映像は、ちょっとした驚きです。 なにしろ、そのミニスカートが、タイトなんですよ。

 トップ賞は、パーフェクトで、黒柳サン。 ああ~ここで、映像途切れちゃってます。 トップ賞の賞品は、なんだったんでしょーか。 パーフェクトの世界旅行は、イギリス8日間の旅とかなってましたけどね。 私も、死ぬまでに一度は行かねば、と思っています。 飛行機大っきらいですけど。

 今回のミステリーハンターが海南江チャンだというのも、たぶん18年前の映像と見比べ、ということをやるんだろうと思います。 今から楽しみです。
 いやー、長ったらしい記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます。 最後にここをポチっとな、…って、私のブログではそーゆーことは、やっておりません(笑)。 あれって、なんなんですかね。 よく分からないんですけど。

« 今週の点鬼簿 | トップページ | 「オーラの泉」 信仰とウサン臭さの関係 »

ビートルズ」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約20年前の 「世界ふしぎ発見!」 ビートルズ:

« 今週の点鬼簿 | トップページ | 「オーラの泉」 信仰とウサン臭さの関係 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ