« 「天地人」 第36回 久々に書きますかね | トップページ | 「仮面ライダーW」 バロムワンかと思いきや… »

2009年9月 7日 (月)

「官僚たちの夏」 第8回 この内容じゃ選挙前は放送できない

 3週ぶりの、「官僚たちの夏」。
 先々週は 「世界陸上」、先週は選挙特番。
 で、今週から 「堂々の第2部」 というわけで、華々しく再開とあい成ったが、佐藤浩市サン演じる風越が左遷されているのは今回だけだったし、内容に関して劇的な変化はないし、わざわざ第2部と喧伝する意味は、実はないと言っていい。 早い話が、「テレビ局の都合」 である。

 このドラマ、最初から10回、と決まっていたようだが、衆議院選挙が8月30日に行われる、という事態は、想定していなかったように思える。 告示後の放送が、「世界陸上」 でお休みになったのは、幸運な偶然だったのではないか。
 なぜなら、告示後に今回第8回の放送をしたとしたら、たぶん公職選挙法に抵触する可能性があった。 それくらい、今回の自民党(ドラマでは 「民自党」)政治家たちは、…
 …カッコよかったあ~(しみじみ…笑)。

 風越が特許庁に飛ばされた代わりに特許庁から異例の復帰を果たした船越英一郎サン演じる玉木が、国産初の旅客機YS-11の機体改善のために、その計算処理能力において圧倒的な優位を保っている米国IBM(ドラマではIDN)社のコンピュータを使おう、という話になって。 それを北大路欣也サン演じる池田勇人総理(ドラマでは池内総理)に談判に行くのだが。

 玉木 「手っ取り早くIDNを導入したほうが効率的です」
 池内総理 「だが、…現状の効率だけを追求して、日本に何が残る?」
 玉木 「…は?」
 池内総理 「アメリカ製のコンピュータを導入したほうが手っ取り早いというなら、飛行機だってアメリカ製を導入したほうが手っ取り早いということになる。 すべてそういう考えでやっていたら、家電も自動車も、外国製にすればそれで済むという話になる。 国内産業は何ひとつ育たないことにつながり、…国は滅びる」
 玉木 「(笑)それは極端すぎる意見です…。 一緒に国際化を推進してきた池内総理がどうしてそんなことをおっしゃるのか分かりません」
 池内総理 「オレは!国際競争で日本産業の力を伸ばすことには賛同してきたが、自由化で、何から何まで外国の技術に依存しようなどという情けない発想に賛成したつもりはない!」

 そして池内総理は玉木に、国産のコンピュータも旅客機も育成してやってほしい、と懇願する。
 これが、自らの死期を悟った池内総理の、玉木への最後の願いだというのだ。

 これがカッコよくなくて、何がカッコイイというのか!(笑)

 そして池内総理は、長塚京三サン演じる佐藤栄作(ドラマでは須藤恵作)に、折から始まっていた東京オリンピックの話をしながら、次期総理の座を打診する。

 池内総理 「ひとりの力じゃ聖火台までたどり着けない。 次の人間へ、また次の人間へと渡していく。 …国政も同じだ。 オレも、岸谷前総理から受け継いだ政権を、次の総理に渡さなければならない。 …オレは総理を辞めるよ。 この国を、須藤君に託したい」
 須藤 「私に? しかし我々はいつも対立し、そのたびにあなたは私を潰してきた。 政策論でも、けっして一致していません」
 池内総理 「だが、君はどんなときでも、信念を貫いた。 国際化というオレの役目が終わった今、必要なのは須藤君のような指導者だ。 これからの日本をよろしく頼むよ」
 手を差し出す総理。 しばらく考え、立ち上がって手を差し伸べる須藤。
 須藤 「分かりました。 必ず日本国を、世界の一流国にしてみせます」

 どうですか。 ここまで来ると、もはやプロパガンダとしか言いようがないじゃ、あーりませんか(笑)。
 これを選挙前に放送していたら、自民党はもうちょっと、がんばれたかもしれません、…ってそれはないか(笑)。
 でもこれって結局、密室でのなんとやら、ってことですよね。

 この回のラストで、車いすに座って点滴を受けている池内総理が、自分の家の庭に出て、YS-11が頭上を飛ぶのを楽しみにしている、と風越に語るところは、なんとも 「ドラマ的に」 感動する場面だった。

 でも、これを素直に感動できない私自身に対して、なんとも複雑な気持ちになってしまう。

 なぜなら、国産旅客機がこのあと、本当に成長したのかな、と考えた時、門外漢でなにも知らない私がここで発言するのもおこがましいが、旅客機ってボーイング社ばっかりだよなあ、という気がしてならないのだ。 YS-11は確かに、国産旅客機として、実に誇り高い機種だった。 テレビドラマでも取り上げられたりして、個人的にも思い入れの強い旅客機である。 だけど振り返ってみると、これだけだったような感じなのだが。 もしそんなことはない、という方がおられましたら、どうかご指摘ください。

 これは結局、旅客機の産業が、その後国内ではじゅうぶん国際競争力を身につけられなかった、ということなのだろうか。
 旅客機製造というのは、日本の産業構造に必ずしも合っていないような気もするのだが、いったいこの分野が伸びなかったのはどうしてなのかな、と考えたりもした、今回の 「官僚たちの夏」 だった。

|

« 「天地人」 第36回 久々に書きますかね | トップページ | 「仮面ライダーW」 バロムワンかと思いきや… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46146568

この記事へのトラックバック一覧です: 「官僚たちの夏」 第8回 この内容じゃ選挙前は放送できない:

» 官僚たちの夏 主題歌 [芸能ニュースフラッシュ!!]
好評発売中!!CDアルバムCALLING初回限定盤コブクロ/音楽CD限定版ドラマ官僚たちの夏主題歌STAY赤い糸CMソングCM曲,CD,CDアルバム,アルバム,音楽CD,音楽,CALLING,初回限定盤,初回限定版,コブクロ,限定版,ドラマ,官僚たちの夏,主題歌,STAY,赤い糸,CMソング,CM曲,ドラマ主題歌,時の足音商品価格:3,500円レビュー平均:0.0 あ: ドラマ 2009年7月期 毎日放送 日曜劇場『官僚たちの夏』 日曜 よる9:00 出演:佐藤浩市、堺雅人、高橋克典、船越英一郎... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 01時03分

« 「天地人」 第36回 久々に書きますかね | トップページ | 「仮面ライダーW」 バロムワンかと思いきや… »