« 「きらきらアフロ」 吉永小百合サンの 「浪花恋しぐれ」 | トップページ | 「ブラタモリ」 2009年10月1日からレギュラー化! »

2009年9月 4日 (金)

「任侠ヘルパー」 第9回 ますます分からぬ松平健サンの意図

 毎度どうも。 ネタバレです。 肩の力を抜いて書いていますが、ご了承くださいませ。

 まずは黒木メイサチャン、鷲津組長竜雷太サンにお礼参りの続報から!
 草彅クン、相手がメイサチャンだろうと容赦なく、腹に一発ケリを入れる。 ここんところ、イメージ重視のジャニーズ事務所も真っ青な展開。
 するとメイサチャンから、「アンタもう、極道でもなんでもねーよ」 と、キツーイ一発。 同時にケリを入れられて、形勢逆転。 あわや、というところで、山本裕典クンがメイサチャンを止めに入る。 

 「姥捨て山どころか、オオカミの群れのなかに捨てられるとはよ」。
 竜雷太サンもいちいちセリフがかっこいいぞ。
 草彅クンとふたりきりになって、ドスを目の前に置いて、「老いぼれて死ぬのなんざまっぴらごめんだ。 やれよ」 と、静かにすごむ竜雷太サン。 その組長サンの首先に刃を突きつけて、「みっともねえこと言ってんじゃねえ」 とすごみながら諭す草彅クン。

 実はこの場面、のちに再びホームに戻ってくる、先週脳梗塞で植物状態になった夏夫じいさんの最期の日々と、対をなしている。 と私は勝手に解釈している。 看取り介護、という、自然死を待つ介護の方法を家族が選んだため、じいさんはタイヨウの竜雷太サンとの相部屋に、また戻ってきたのだ。
 先週も指摘したが、この夏夫じいさん(峯のぼるサン)、実に竜雷太サンに風貌が似ている。
 「じいさんよ、いったいオメエ何考えてんだ。 フッ…。 息してんなあ…。 がんばってんじゃねえか」
 と、夏夫じいさんに語りかける様子は、まるで竜雷太サンが自分自身に話しかけているようにも見えた。

 夏夫じいさんは、たとえ意識も何もなくても、こうして自分の消えていく生と、向かい合って生きているのだ。 「老いぼれて死ぬのなんかまっぴらごめんだ」 と自らの生をあきらめる組長サンの態度とは、対照的であるとは、言えないだろうか?

 その夏夫じいさんがいよいよ、というときに、竜雷太サンがじいさんに歌った、ちあきなおみサンの 「喝采」。
 泣けました。
 この曲は1972年のレコード大賞受賞曲。 この曲が流行っていた時代、鷲津組の組長も、夏夫じいさんも、高度成長期でそれぞれに仕事をバリバリこなして、子供たちもいちばん元気な、人生でいちばん幸せな時期だったんだろうな、と考えると、なんともグッとくるものがある。
 直前にテレビで社長辞任会見をしていた夏川結衣サンの本音が、ここでさらに身にしみる。

 「皆さんのなかで、自分が年老いた時、介護施設に入ることを考えたことのある人はいますか? 家族に看取られることもなく、介護施設のベッドで死んでいく姿を、想像したことのある人はいますか?」。

 夏夫じいさんの遺品を整理していた仲里依紗チャンが見つけた、じいさんが左手で先週書いていたメモ。 これ、先週もなにを書いていたのか気になっていたのだが、里依紗チャンが家族からだとウソをついて部屋に飾っていた花も、夏夫じいさんはみんなちゃんと分かっていたのだった。 夏夫じいさんが最期に流した涙は、うれし涙だったんじゃねえか、とつぶやく草彅クン。 またまた感動的な余韻である。

 ところが事態は一変。

 鷲津組の組長降ろしの首謀者、尾国につかまったメイサチャンと藪宏太クンを助け出すため、アジトに乗り込む草彅クンはじめとする極道ヘルパーたち。
 いきなりVシネマモードである。
 「仲間をやられて黙っている極道なんかいねえんだ!」 という草彅クンなのだが。
 今までの心温まる話を見ていた立場でものを言わせてもらえば、ボーリョクハンターイ、である。 「極道」「ヘルパー」 のミスマッチが、ちょっと露呈した感じがした。 それを180度転換のカタルシス、というとらえ方はあるんだろうけれど。

 結局尾国の取った行動は隼会の松平健サンと鷲津組長の竜雷太サンの手打ちで一件落着となるのだが。
 ここでますます分からないのは、松平健サンの思惑である。
 この人いったい、極道たちに介護を教えて、どうしたいのであろうか。
 山本裕典クンも、5年もこの仕事していて、草彅クンになんでやってるのかと訊かれても、どうにも要領の得ない答えしてるし。 このふたり、いったい何を企んどるのだろーか(笑)。

 夏川結衣サンも、先週の予告見ていたから、いつワケが分からなくなっちゃうのだろうかと、ずっとひやひやしながら見ていたのだが。 自分の子供が分からないのは、ちょっとした衝撃場面だった。 でも予告でやってたので…。

 それにしても、草彅クンたちの討ち入りを、しっかり写真に撮っていた、ヒマそーな人もまだ、いるみたいで。

 どうもこのドラマ、なかなか明るい話にならんですなあ。

|

« 「きらきらアフロ」 吉永小百合サンの 「浪花恋しぐれ」 | トップページ | 「ブラタモリ」 2009年10月1日からレギュラー化! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46114964

この記事へのトラックバック一覧です: 「任侠ヘルパー」 第9回 ますます分からぬ松平健サンの意図:

« 「きらきらアフロ」 吉永小百合サンの 「浪花恋しぐれ」 | トップページ | 「ブラタモリ」 2009年10月1日からレギュラー化! »