« 「天地人」 第38回 関ヶ原、これで燃え尽きた…? | トップページ | 今週の点鬼簿 »

2009年9月21日 (月)

「官僚たちの夏」 最終回 アメリカに負け続ける日本

 高橋克実サン演じる鮎川の死で、一字違いの高橋克典サン演じる片山が、それまでの悪役ぶりから一転、まるでその志をバトンタッチしたかのように見えた、「官僚たちの夏」 最終回。

 高橋克実サンの、死の間際にもかかわらず、繊維業界の行く末を案じるその執念、そして 「同志」 を失ったことで男泣きに泣く佐藤浩市サン(風越)、堺雅人サン(庭野)の姿には、冒頭から涙腺が緩んだ。
 鮎川の葬儀の席での庭野と片山のいさかいは、どちらの言い分にも一理あって、それはけっして、死者を冒涜する喧嘩ではなかった、と思う。

 繊維業界が片山や庭野の働きによって持ち直したと思ったら、物語はいきなり風越の退官、という展開を見せる。

 風越の活躍がまだ見られると思った側としては、ちょっと肩透かしを食ったような格好だ。

 風越は退官あいさつのあと、「自分は天下りはしない」 という決意を表明し、自宅で執筆活動とか講演依頼があるとか、「毎日が日曜日」 状態になる。 娘サンの結婚話にも、なんとも間の抜けた反応(笑)をするばかり。

 テレビ欄のサブタイトルを 「天下りせず」 とまでして、TBSは大仰に見どころのひとつとしてそれを最終回の客寄せ文句にしたようだが、現代に至るまで連綿と続く 「天下り」 へのアンチテーゼとするには、本編でのその描き方は淡泊すぎた。
 もっと船越英一郎サンとか、西村雅彦サンとか、ほかの天下りをした連中に、風越が 「天下りをしない」 ことへの評価を語らせるとか、いろんな角度から 「天下り」 そのものの問題点を浮き彫りにしてくれたらよかったのに、と思う。

 だが、このドラマの最終回の主眼は、そこにはなかったのだ。

 小笠原や沖縄返還の見返りとして、アメリカの要求を次々のまざるを得なくなってくる、長塚京三サン演じる須藤恵作首相(佐藤栄作氏)と、それに追随してしまう、風越の後任事務次官、杉本哲太サン演じる牧。
 最終回の主眼は、まさにここだ。
 北大路欣也サン演じた池内首相もいい加減アメリカに屈服し続けていたが、何かと言うと相手に主導権を握られる日本の外交姿勢の 「ひ弱さ」 というものは、実は日本の国益に大きな影を落としているのではないか、という、作り手の主張だ。
 外交は常に、強気で進めなければならないのではないか、という、作り手の声がそこから聞こえる気がする。
 どこかの国を見てみなさいな(笑)。
 沖縄だけでなく、北方領土も同じではないでしょうか。

 そして結局、アメリカへのお追従がアダとなって、繊維業界は大打撃、ざこば師匠も 「タイに行ってやりなおしますわ」 という始末。
 ここでざこば社長のセリフは、官僚たちに対する痛烈な皮肉となって、庭野たちを貫く。

 「行政を頼っていた、自分がアホやった。 やっぱり自分の道は自分で開かなね。 結局、おんなしことの繰り返しや。 通産省は何にも出来なんだ。 …通産省なんか、要らんわい!」

 そして繊維業者たちのデモの波にのまれて、ボコボコにされる、風越と庭野。 2分くらい、スローモーションで、ボコられてました。
 よく考えてみれば、ボコボコにされるべきなのは、アメリカに屈した須藤首相であり、それに追随した牧であるべきなのだが。
 とんだとばっちり、というやつである。 特に風越は、繊維業界を守ろうとした側であるうえに、退職した身なのに。 ここでボコられる、という展開になるとは、思わなかった。

 顔中血だらけ(ちょっと大げさですが)になりながら、つぶやく庭野。
 「少し、休んでもいいですかね…ちょっと…疲れました…」
 それを聞いて、とても情けないように顔をゆがめながら、空を見上げる風越。
 「庭野…日本は…どこに行くんだろうなぁ…」

 これは、「敗北」、という終わりかたである。 決してハッピーエンドではない。 エンドロールのあいだじゅう、その後の日本がたどってきた道を振り返る作りになっていたが、苦いドラマの結末を、まるでタイムマシンから俯瞰するような余韻であった。

 「日本のため」 という大義名分のために奮闘してきた官僚が、民衆に叩きのめされて終わる、というこのドラマのありようは、一方的な官僚礼賛という結論を導き出さなかった点において、大いに評価できる。
 ただそれが、政治の犠牲となったという描かれ方でしか表現できなかったのは、少し残念だ。
 何度も指摘していることだが、もう少し回数に余裕があったなら、こんな駆け足でやらなくても済んだのに、と思われてならない。

 いずれにせよ、このドラマは難しい題材を実に見ごたえのある物語として、エンターテイメントとして成立させていた。

 その特徴のひとつが、「利害関係の単純化」 である。

 このドラマは、物語を分かりやすくするために、自動車業界ならこの人、電機業界ならこの人、繊維業界ならこの人、というように、各業界の代表をまず1、2名に定めた。
 通産省内の対立構図も、国内産業保護サイドと国際自由競争重視サイドの二極に単純化した。 同様に政治家のタイプも、単純化したと言っていい。
 これは専門的知識をもつ人から見れば、とんだ茶番に見えるだろう。
 だが、このドラマで取り扱う話の核である、保護貿易と自由貿易という対立構造自体が、一般人にはなじみの薄いものであり、そもそもこの振り分け方自体が、古い経済学の概念であるような側面がある。
 それをいかにして、我々の生活に密着していた 「自家用車」「テレビ」「オリンピック」「公害」「万博」…という話題と結びつけるか。
 それをコンパクトに説明する試みは、ある程度成功しているように見える。

 「官僚たちの夏」 のような、骨太のドラマは、たとえ視聴率が悪くても、テレビ局の良心を視聴者に伝えるうえで、とても貴重なもののような気がする。
 この10月からのドラマ 「不毛地帯」 で主演をする唐沢寿明サンは、「いくらいいドラマだったと言っても、視聴率が悪ければそれはただの言い訳」 と、確か数日前の毎日新聞夕刊で述べていた。 その意気やよし、であるが、TBSには、どうしたらもっとこういう良心的なドラマを多くの人に見てもらうようにできるのか、けっして大衆に媚を売らない方向で、考えてもらいたいものだ。

« 「天地人」 第38回 関ヶ原、これで燃え尽きた…? | トップページ | 今週の点鬼簿 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「官僚たちの夏」 最終回 アメリカに負け続ける日本:

« 「天地人」 第38回 関ヶ原、これで燃え尽きた…? | トップページ | 今週の点鬼簿 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ