« リマスターアルバム、聴く度合いが、両極端化しています | トップページ | 「ザ・ノンフィクション」 ショーケンという 「孤独」 »

2009年9月13日 (日)

「タモリ倶楽部」 リマスターがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!

 2009年9月11日深夜(一部除く)の 「タモリ倶楽部」 は、恵比寿のマランツ・リスニング・ルームで、アビイ・ロード・スタジオにあるものと同じ、B&W800Dという、一本1,575,000円もするスピーカーで、ビートルズのリマスター盤を視聴する、という、タイムリーこの上ない企画。 少なくとも、リマスター発売後に収録は行なったでしょうから、放送日前日とか当日の話じゃないかな、と思います。

 またまたリマスターの話になってしまいますけど。
 今回は私の話じゃないんでご安心ください(?)。

 進行役はおぎやはぎ。 小木サンのほうは、お兄さんが熱烈なビートルズファンだったらしく、その影響下で結構ビートルズは聴いていたらしいです。
 解説はおなじみ、近田春夫サンと萩原健太サン。
 リマスター盤はひととおり聴いた、という萩原健太サン、「やはり違いますね。 ようやく来たな、と。 オレたちの今まで聴いてたものは、ウソだったのか!と」。

 手始めに、「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」。 旧盤とリマスター盤を聴き比べながら、ジョンのギターに注目。
 やはぎサン、「オレこれ分かった」
 近田サン 「どこが違ってました?」
 やはぎサン 「いや何となく違いました」(笑)
 …別にこーゆうやり取りは記録しなくていいですか?(笑)

 萩原サン 「ジョンのギターのカッティングに注目していたんですけど、この曲結構ね、コード的に、うっとおしいコードっていうか、数字が多いコードなんですよ。 でも、ジョン・レノンはこういうの、めんどくさい、嫌だったんですね。 でもポール・マッカートニーはこういうの好きなわけです。 ジョンはポールの、こういう音楽性が好きなところをめんどくさがってたんじゃないですか。 しょうがないって、結構粗く弾いちゃってるのが、このリマスター盤では、とてもよく分かる(中略)しかもこれ、10何回テイクを重ねてて、いちばん最後のテイクかなんかで、もういいよって(笑)感じが…」
 小木サン 「まさかだってジョンも当時リマスターになるとは思ってない(笑)リマスターになると分かってればもうちょっとちゃんと弾いてた」(笑)

 「キャント・バイ・ミー・ラヴ」 は、冒頭のリンゴのドラムに注目。
 萩原サン 「始まった時に、シンバルとか鳴ってないじゃないですか。 あの時リンゴなにやってんだろうって、なんかこう刻んでるだけかなと、スネアで、とか思ったら、リムを、タクタクタクタク叩いている、あの音が今回のリマスターではすごくよく聴こえる。 6連て言うんです。 このへんにいますこのへんに」(笑)

 ここで、特別企画、「小木のビートルズベスト10」(笑)。

 タモリサン 「いーから聴こうよ!時間がないんだから!(笑)」

 まあ、別に小木サンのベスト10には興味ないですけど(笑)、やりますか?(笑)えっ、そんなのいいって?(笑)
 とりあえず面白いんで、書きますね。 10位ポリシーン・パン 萩原サン「ずいぶん渋いところが…(笑)」 小木サン 「ジャーンジャーン、スタラララン(笑)ぼくの担当がドラムだったんで、家族で…」(笑)
 9位ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー、8位バック・イン・ザ・USSR、7位サムシング、6位アイ・ウィル…って、なんか 「アビイ・ロード」 と 「ホワイト・アルバム」 を行ったり来たりしている感じなんですけど(笑)。
 小木サン 「(アイ・ウィルは)これ自信持って最高の曲だと…、これいちばん好きだと思いますよぼく」 タモリサン 「じゃ1位でしょ(笑)1位にすりゃいいじゃん」(笑)

 リマスター盤視聴に戻って、「エイト・デイズ・ア・ウィーク」 のコーラスに注目。
 私もてっきり、この曲はジョンとポールのツイン・ヴォーカルだと思ってたんですが…。
 萩原サン 「ジョージ・ハリスンもいるんですけど、どうも前のヤツだと存在感がないですよね。 このリマスターされたやつを聴くと、あ、ジョージもちゃんと歌ってんじゃん、という」
 ここでやはぎサン、小道具で置いてあった 「アニメ・ザ・ビートルズ」 の4人を行ったり来たりさせたりして笑わせます。
 やはぎサン 「最初、だから…こう?(笑)これ誰コレ?(笑)これジョージ…これポール?(ジョンを指差して)これポールっぽいよね?でもこれ(ポール)がいなかったらこれ(ジョン)がポールに見えるよね?(笑)」

 続いて 「タックスマン」。
 近田サン、テンポまで違う気がするという感想。
 萩原サン、リード・ギターだけでなくサイド・ギターもポールと言ってましたけど、初耳でした。 ジョージ、歌ってるだけって。 まあ、誰だろうといいですが、音像がはっきりしている分、誰が弾いているのかも分かりそうな感じですよね。 それって考えれば考えるほどすごいなあ。

 「小木のビートルズベスト10」 もういいですか?(笑)ええい、いっちゃいましょう。
 5位マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(って題でしたよね、日本盤シングルでは)小木サン 「これもギター、ジョージ弾けてないですよね」 萩原サン 「ぼくも子供のころ初めてこれ聴いて、おおジョージギターうめえなと思いましたけどね。 …クラプトンだったという(笑)」
 4位カム・トゥゲザー 小木サン 「合コンの時の彼女がカラオケでよくこれ歌ってた(笑)シュッ!ってところがまたよかった」 萩原サン 「あれはシュート、撃て!っていう説もありますね」。 えっ、説だったんですか? まあ、つまるところどうでもいいんですけど。
 3位は初めて 「ラバー・ソウル」 から、ドライヴ・マイ・カー、2位は悲しみはぶっとばせ。 まあ、アメフトでgotをガットとか、話があんまりよく分からなかったんで、コメント的には、どーでもいいです(笑)。

 そしてリマスター視聴に戻って、「グッド・ナイト」。
 萩原サン 「これリマスターされると聞いた時に、もうちょっとリンゴのヴォーカルがはっきりするのかなと思ったらですね、リンゴのヴォーカルは、埋もれましたね(笑)この曲はね、『ホワイト・アルバム』 のいちばん最後に入ってるんですよね、でこの前に 『レヴォリューション9』 っていうミュージックコンクレートみたいな作品が入っていて、そこからつながってこの曲いくんで、ナンバーナインナンバーナインって…もういいかなーってやめちゃってこの曲たどり着かないことが多かった」(笑)
 やはぎサン 「小木とふたりでドライブしていて、夜中の森林のところ走っていた時 『ナンバーナーインナンバーナーイン』 って…『怖えーよおーっ』(笑)」
 萩原サン 「夜中聴くと怖いんですよ」(笑) 確かに夜中の真っ暗な森のなかでこの曲聴いたら、怖そうっスよね(笑)。

 そして、「サムシング」。 「ビリー・プレストンの仕事が見える」。
 やはぎサン 「オルガンの音結構違ってましたね」
 萩原サン 「刻みだしたら分かりやすいんですけど、その前もずーっと(鳴っている)…。 前のだとちょっと音像がにじんじゃってて、これ何かなって…あとまたベースがね、何にもやってないオケじゃないですか、みんなただボーと鳴らしているだけのとこで、ベースがメロディに対して裏メロをずーっと入れている。 まあまた、ジョージの曲でポールがやらかしちゃったわけですけども、そのベースのラインも、すごくふくよかに聴こえる…ジョージだってね、なにもほかの球団行きゃあ4番打てるのに(笑)」
 やはぎサン 「オレら人力舎でよかったなあ」(笑)
 小木サン 「吉本いったらヤバイことに…」(笑)

 「小木のビートルズベスト10」 いよいよ(笑)第1位は、「トゥ・オブ・アス」。 小木サン 「あのね、ドラムが好きなんですよね」(笑) やはぎサン 「10位と1位の理由が一緒、っていう…」(笑)
 いや、ほとんどネタにされてましたけど、「トゥ・オブ・アス」 っていうのは渋いっスよ。 確か私も、EMIに出した好きな曲のリストに挙げましたもん。 あれってアコギの弾き語りすると、イントロも簡単だし、変則ストロークとかベースランニングとか、いろいろ楽しめて気持ちいいんですよ。 ベースランニングは自己流ですけどね。

 それにしても、これでまたまた、ステレオボックスの購買欲が、いやおうなしに高まってまいりました。 でも、こんな高級スピーカーで聴けたら、さらにさらにいいんでしょうけど。

|

« リマスターアルバム、聴く度合いが、両極端化しています | トップページ | 「ザ・ノンフィクション」 ショーケンという 「孤独」 »

テレビ」カテゴリの記事

ビートルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46195808

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ倶楽部」 リマスターがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!:

« リマスターアルバム、聴く度合いが、両極端化しています | トップページ | 「ザ・ノンフィクション」 ショーケンという 「孤独」 »