« 円楽師匠が 「笑点」 で見せたもの | トップページ | 「ブラタモリ」 銀座 こんな切り口、見たことない »

2009年10月30日 (金)

「新三銃士」 週イチ20分は、チト短かすぎ

 第1回から10回まで、月金でやってくれていた、NHK人形劇、「新三銃士」。

 今週から金曜日だけの放送になって。 あー今日が待ち遠しかったぁ。

 放送時間が長くなるのかと期待していましたが、月金の時と同じ20分。

 いくらなんでも、短かすぎですよ。

 「三国志」 だって、週イチだけど、45分やってましたよ。

 まあ、「新三銃士」 の場合、45分じゃちょっとしんどい気もしますが。 何せ軽~い内容だし(笑)。 物語を単純化しているので、45分もの時間視聴者を引き付けるようには、できていない気がするんですよ。 まず子供が無理でしょう。

 でも、せめて30分とかに、ならないですかねえ?

 三谷サンもお忙しいのは分かりますが。

 私の甥(小学1年)も、楽しみにしております。

 特に、ダルタニアンのことをポルトスなんかが 「タニヤン」 と呼ぶのがおかしいらしくて、チョーウケてます(笑)。 あとリシュリュー枢機卿を 「鼻デカぼんぼりヤロウ」 とアダ名していたのも、受けてるみたいです(笑)。 「なんでこの人ボールみたいなの?」 とか(笑)。

 まあ、子供向け番組なんですけどね。
 でも、さすがは三谷サン、大人が見てもじゅうぶん面白いです。 「三銃士」 の重厚な話を期待していた向きには、不評らしいですけど。
 だけどこの番組は、永久保存のつもりで、ワタクシ録画しております。

 だから週3くらいで、やってくれませんかねえ?

|

« 円楽師匠が 「笑点」 で見せたもの | トップページ | 「ブラタモリ」 銀座 こんな切り口、見たことない »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46625797

この記事へのトラックバック一覧です: 「新三銃士」 週イチ20分は、チト短かすぎ:

« 円楽師匠が 「笑点」 で見せたもの | トップページ | 「ブラタモリ」 銀座 こんな切り口、見たことない »