« 「犬夜叉 完結編」 投げやりに見える深夜の放送 | トップページ | 「徹子の部屋」 オノ・ヨーコサンと黒柳サンって… »

2009年10月 5日 (月)

「天地人」 第40回 パワーゲーム・オン・ザ・ボーダーライン

 このところの 「天地人」 は、大河ドラマとしての風格を、ようやく備えてきたような気がする。

 さまざまな批判を受けてきたこのドラマだったが、今回の 「上杉転落」 は、あえてその批判に立ち向かい、「それがどうした!」 とゴリ押しするくらいの迫力をもっていた、と言っていいだろう。

 「天地人」 の批判の主たるものは、「史実と違う」 という点である。
 直江兼続や上杉景勝を語るうえでけっして外せない数人の人物を、まったく無視しているし、実在の人物にしても、三国志や忠臣蔵並みに歪んだ性格描写を積極的に行なっている。 最近ではなりをひそめたが、スポットライトを当てたりストップモーションになったり、トリッキーな演出も、批判の的にされていた。

 それはそうと、この 「史実を全く無視」 という姿勢は、物語が面白ければ、いま挙げた三国志や忠臣蔵のようにまったく問題にされることはない。
 だが、「天地人」 の場合、このフィクションメイキングが、致命的に弱かった。
 このことは、「天地人」 が終わった時に詳しく述べたいと思う。 (ホントにやるのかな?)(笑)

 ここ数回の 「天地人」 は、描こうとしているテーマがはっきりとしているために、このフィクションメイキングに成功し続けている。
 今回のテーマは、「絶体絶命の時に、どう切り抜けるべきなのか」、という点に絞られている。 だから、のっけから史実では御館の乱で死んだはずの遠山のオッサンがムカツキキャラを全開にしても、家康の詰問の場で史実では謝罪したはずの北村一輝サンが謝罪しなくても、そうすることで物語が緊迫の度を増し、見る側を最後まで引き付ける材料になっているのだ。

 冒頭で本多正信に、直江家との縁組を持ちかけた妻夫木クンだったが、この提案が後々、大きな上杉家救出のファクターになってくる、という構成の仕方が見事だ。

 小早川の上地クンが福島の良純サンにうながされて上杉を守ろうと立ちあがり、深キョンに頭を下げるくだりも、この程度ではどうしようもないのだが、小早川の贖罪の気持ちがにじみ出ていてよい場面だった。
 案の定、深キョンが松方サンに頼んだ程度ではどうしようもなく、秀頼に言われようが、その場にいた福島に何か言われようが、松方家康は、その程度では動くはずがないのだ。 これは、その時点での家康と豊臣家とのパワーバランスから言って、当然の成り行きであると言える。
 だが家康にとっても、上杉家の処遇の仕方を誤れば、面倒なことになるというジレンマが、ここで生まれてくる、というドラマの仕組みになっている。

 ここで冒頭の、妻夫木クンの本多への提案が、大きな意味をもってくる。
 この時点で、小早川の命をかけた思いとか、秀頼から改めて知ることのできた秀吉の思いとか、そんな人々の思いが、物語を盛り上げる 「感動積み重ね状態」 になっている。
 そしてそんな人々の思いにも動じない家康を、妻夫木クンの提案が動かす、という話のもっていきかたが、すごいのだ。

 松方サンは、本多と直江を政略的にくっつけることで、上杉への影響力の増大をもくろむのだが、これこそが、妻夫木クンのねらいだ。

 この策略は、正直なところ、上杉にとって起死回生の策ではない。
 何もかも根こそぎ失ってしまいそうな状況で、死中に活路を見いだす、転んでもただでは起きぬ、という苦肉の策、なのである。

 負けるときに、どういう負けっぷりをすればいいのか。
 そこを語っている点で、今回のドラマは、侮れないのだ。

 事実、石高が1/4になってしまった上杉家は、その後大騒ぎになってしまうのであるが、妻夫木クンはあえて誰もリストラせず、米沢にみんなそろって出発することになる。 いばらの道が待ち受けていることに、変わりはない。

 しかも、本多との政略結婚のために、今度は嫡男のこども店長クンが犠牲となる展開が待ち受けている。
 ここらへんの展開の仕方を見ていると、史実と違っていようが、人物描写が歪んでいようが、まったく関係なくなってくる。 実に面白いフィンクションを見せていただいている気分に、なってくるのだ。

|

« 「犬夜叉 完結編」 投げやりに見える深夜の放送 | トップページ | 「徹子の部屋」 オノ・ヨーコサンと黒柳サンって… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/46402024

この記事へのトラックバック一覧です: 「天地人」 第40回 パワーゲーム・オン・ザ・ボーダーライン:

« 「犬夜叉 完結編」 投げやりに見える深夜の放送 | トップページ | 「徹子の部屋」 オノ・ヨーコサンと黒柳サンって… »